幻影随想

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

デトックスダイエットで脳障害→賠償金1800万の判決下る。
(黒影 at 07/29 01:18)
[1/6ページ]
先週こんなニュースを見かけた。
livedoor ニュース - ダイエットのため1日2リットルの水飲み脳を損傷
新華社ロンドン(イギリス):イギリスのオックスフォードに住むある女性が栄養士の言いつけを守り、体内の毒素を出すため毎日約2リットルの水を飲んだ。その結果女性はナトリウム欠乏症となり、脳に損傷を負ってしまったという。彼女は訴訟を起こし、7年の裁判の末80万ポンド(約1700万円)の賠償金を勝ち取った。
現在52歳のこの女性、2001年の時、栄養士にダイエット方法についてアドバイスを求めた。この時栄養士は女性に、「毎日2.3リットルの水を飲み塩分の摂取を減らせば体重が減る」とアドバイスしたという。
女性はこのアドバイスを実践したが、普通でない量の水を飲んだことで体内バランスが崩れ、女性は耐え難い嘔吐の症状に見舞われた。この症状を見ても栄養士は、これは体の毒を出すための方法だ、などと説明し、1日に飲む水の量を3.4リットルまで増やすよう指示した。一週間後、女性は著しいナトリウム欠乏症のためてんかんの症状が出始め、病院に運ばれることになってしまった。
しかしこの時、女性の脳は回復不能なほどの損傷を受けてしまっていた。女性は記憶力、注意力、言語表現能力を損ない、仕事もやめざるを得なくなってしまったという。
一読してまず思ったのが、翻訳が微妙だということ。
どうみてもこれはデトックス系の怪しい健康法で、症状が出た時も「好転反応」とごまかす典型的なニセ科学健康商売だ。
早速関連情報を調べてみたら、「食品安全情報blog」のuneyamaさんが既にニュースをクリップされていた。多謝。



デトックスダイエットで81万ポンドの賠償金
'Detox diet' woman awarded £810,000

23.07.2008

http://ukpress.google.com/article/ALeqM
[6]次ページへ>>

コメント(7)
トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

このブログのトップ
Seesaaブログ