2005年01月25日

朝日報道問題(問題点のまとめ)

朝日の報道の何が問題か個人的にまとめてみました。続きを読む
posted by 黒影 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(8) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

朝日新聞の「NHK政治介入問題」捏造について

前回のエントリで「捏造記事の書き方講座」と題した記事をアップして朝日の姿勢を皮肉ったが、
あちこちのブログをのぞいてコメントを付けていたものだから
肝心の自分のブログでこの問題を取り上げていなかったことを忘れていた。

この件に関してはIrregular Expressionさんのまとめが非常によくまとめられているので紹介しておく。続きを読む
posted by 黒影 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(6) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

捏造記事の書き方講座

さて、とうとう問題の核心のNHK幹部記者会見が開かれ
朝日の嘘がさらけ出されてしまったわけですが、
この巨大メディアスキャンダルに対して朝日はどう申し開きをするのでしょうか?

まあ自浄力を失ったマスコミにはこのまま消えてもらうことにして
ここは一つ捏造記事の書き方でも勉強してみましょうか。
詐欺に遭わない為には詐欺師の手口を知っておく事が有効なように
捏造記事の書き方を知ってれば、捏造記事を見抜くのにも役立ちますよ?続きを読む
posted by 黒影 at 15:15 | Comment(20) | TrackBack(14) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

インドネシア津波にかこつけて妄言を撒き散らす人々

昨年末に起きたインドネシア沖地震による津波は、20万人近くに上る死者と数百万人の被災者を生んだ。
正にここ数年で最大規模の自然災害であり、犠牲者の方々に深く哀悼の意を捧げると共に
被災者の方々が一刻も早く安寧を取り戻せることを願って止まない。

ここから先は、この大災害にかこつけて妄言を撒き散らす人々の言動を記録したメモになります。続きを読む
posted by 黒影 at 13:58 | Comment(4) | TrackBack(5) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

大災害時は知識の有無が生死を分ける

スマトラ沖地震によって起こった巨大津波は12万人を超える死者を出し
東南アジア諸国を中心に甚大な被害を与えた。

この地域では過去に大きな地震や津波を経験した事が少なく
住民が津波の知識を持っていなかった上に警報体性も整っていなかったため
これほどまでに被害が広がったのだといわれている。

IFを考えても仕方がないが、防災体制が整っていれば、あるいは住民が知識を持っていれば
経済的な被害はともかく人的被害はここまで広がらなかっただろう。続きを読む
posted by 黒影 at 16:03 | Comment(2) | TrackBack(2) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

共同通信の歪曲報道

少々遅きに失した感があるが、うちのブログでもこの題を取り上げておこうと思う。
詳しいことの経緯は共同通信が仕掛けるブービートラップ
と題してIrregular Expressionさんが取り上げている。

早い話が、最近共同通信が捏造、事実歪曲記事をいくつも書いているということだ。続きを読む
posted by 黒影 at 21:33 | Comment(1) | TrackBack(3) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッシュ家の闇を知る人間は何故か変死するという話

少々危険でアメリカで大きな声で話す事は出来ない話がある。
ブッシュファミリーの闇に触れる話だ。
そこに踏み込む人間は、何故か自殺や事故死する例が後を断たない。続きを読む
posted by 黒影 at 19:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

北朝鮮兵見物ツアー

最初は思わず吹き出し、
次いであまりの不憫さに思わず涙しそうになる。
そんなニュースだ。

北朝鮮兵、中国国境でおねだり
【北京=五味洋治】中朝国境を流れる鴨緑江の岸辺に、北朝鮮の国境警備の兵士が日常的に現れ、対岸にいる観光客らに食べ物などを要求、ひそかな名所になっている。

 「オラ・オラ」−朝鮮語で「来い、来い」と呼びかけると、豆粒のような三人の人影が一目散にこちら側に駆けてきた。銃も持っている。
041214_kita.jpg

多分誰もが同じ事を思うだろう、「サルの餌付け」と…
ちなみに腹を減らすと河岸に来て何時間も観光客が来るのを待っているそうだ。
完全に餌付けされていますな。
人として同情を禁じえない。続きを読む
posted by 黒影 at 05:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

ダイオキシンで毒殺?

大統領選挙の結果を巡って二つに分裂し、クーデター騒ぎまで起こる事態になっているウクライナ。
不正投票疑惑も持ち上がり、国際監視団が派遣されるほどの騒ぎになっているのだが
選挙中、野党側候補ユシチェンコ氏は体中が腫れ上がる奇病に見舞われ風貌が激変
毒殺未遂の可能性が示唆されるなど、事態は混沌としている。

そして昨日、ユシチェンコ氏からダイオキシン類が検出された。
彼に毒物が盛られた事が明白となり、今後行なわれる再選挙へも大きな影響を与えると思われる。続きを読む
posted by 黒影 at 12:03 | Comment(15) | TrackBack(6) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

替え玉受験が横行する韓国

現在、韓国や中国では日本など比較にならぬほど熾烈な受験戦争が行なわれている。
そのあまりの加熱ぶりは社会問題となっているほどだ。
しかしカンニングにかけては1000年以上の歴史を持つ両国の事
残念ながらと言うか当然ながらと言うか、様々な不正行為が横行している。

特に韓国の方はここ数年でいくつも不祥事が明らかとなっている。
Yahoo Japanのニュースカテゴリに
韓国大学入試カンニング事件という見出しがあるくらいだ。
他国にまで恥が広がっていることを、当の韓国人たちはどう思っているのやら。続きを読む
posted by 黒影 at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(4) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

いわき市のアンモナイト化石

共同通信社のニュースによると、福島県いわき市で直径1メートル近い
巨大なアンモナイトの化石が発見されたそうだ。
一部が欠けているものの、復元すれば直径1メートルを超えるとか。
殻には大きな凹凸模様があるというから、結構きれいな模様ではないだろうか?
写真が無いのが残念だ。

国内最大級のアンモナイト 直径1m超、いわき市で

続きを読む
posted by 黒影 at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

募金してきました

ガ島通信さんの呼びかけに答えて、新潟中越地震の募金に行ってきました。
寸志をスーパーの募金箱に投入。

本当は23日にこの記事をアップするはずだったのですが
諸事情により今日までネット落ち状態
しかもデジカメ忘れて写真を撮れず_| ̄|○

そんなわけで明日もう一度写真撮るのを兼ねて募金に行ってきます。
posted by 黒影 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

新潟中越地震募金「祭」

記者ブログとして有名なガ島通信さんが面白い提案をされているので乗ってみる。
 新潟中越地震募金「祭」を提起したい

そろそろ震災が起きて一ヶ月。
ニュースで取り上げられる機会も減り
被災者以外の人の意識からは、段々と地震の記憶が薄れてきているのではないだろうか?
しかし新潟中越地震の復興はまだこれから。
今も多くの人が避難所暮らしを余儀なくされている。

そこでブロガーが出来ることとしてガ島通信さんが呼びかけているのが
表題の新潟中越地震募金「祭」だ。
やることは至って簡単。
震災一ヶ月の23日に合わせて募金に行き
その証拠写真を付けてブログに記事をアップする。

大勢のブロガーが一斉に行動することで
ネチズンの意識喚起を行なおうという狙いだ。続きを読む
posted by 黒影 at 22:17 | Comment(2) | TrackBack(10) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

ペット用埋め込みチップ、日本でも本格販売開始

とうとう日本でも、本格的にペット用の体内埋め込み型ICチップが販売される。
ペット用埋め込みチップ:日本でも本格的に販売
米デジタル・エンジェル社は16日(米国時間)、大日本製薬から、ペット用の埋め込みチップ『バイオサーモ・インプランタブル・マイクロチップ』2万5000個を受注したと発表した。日本のペット市場向けに同チップを本格的に出荷するのは初めてという。同社は、人体埋め込みチップ『ベリチップ』を販売している米アプライド・デジタル社の子会社。

米国では既に2500万個を超える販売数を持つチップだ。(参照記事
日本でもすぐに広がるだろう。

何故こんなチップが必要なのか?続きを読む
posted by 黒影 at 18:29 | Comment(1) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブドア、また規約改定

ライブドアがまた規約を改定した。
あまりにユーザーからの批判が強まってきたので
しょうがなくといったところだろうか?

早速どんな変更をしたのか見に行って、思わず笑ってしまった。
この改正を本気で進めるのであれば、さらなる祭りが起こる気がするのだが。
さらに深く墓穴を掘っているように見えるのは気のせいか?
いや、ライブドアユーザーにとっては笑い事じゃないな。
早速今回の改正内容を見ていこう。
利用規約の一部変更につきまして
このたびはlivedoor Blogの利用規約一部変更に伴い、お客様にご迷惑、ご心配をおかけし大変申し訳ございません。
11月15日に利用規約一部変更についての補足にて補足いたしました著作権の帰属について、利用規約上にも同様の表記を行いましたのでお知らせいたします。

修正前(11月12日時点)

第8条 (ウェブログの公開について)
本サービスにて作成されている全てのコメントおよびトラックバックを含むウェブログについて、弊社は、利用者への通知なしに無償で利用することができるものとし、利用者は、弊社及び弊社の指定する者に対し、著作権等(著作者人格権の行使も含む)を行使しないものとします。


修正後(本日)

第8条 (ウェブログの公開について)
利用者が著作したウェブログとそれに付随するコメント及びトラックバックは当該ウェブログを著作した利用者に著作権が発生するものとします。但し、宣伝、利用促進、出版等を目的としウェブログサービスの著作物を使用する場合、利用者は弊社に対し、当該著作物を著作権法の規定に基づき無償利用することを期間無制限で非独占的に許諾し、かつ弊社及び弊社の指定する者に対し著作者人格権を行使しないものとします。

わざわざ出版等なんて文を入れているところがライブドアの嫌らしいところ。
やっぱりブログで一儲け狙っているわけだ。まあ正直といえば正直なんだが…

ブログの内容の出版を考えるなとは言わんよ。
むしろブログ発展のため、大いにやってくれと言いたい。
しかしそれは、著者であるブロガーをきちんとした待遇で扱う事が前提。
ブログの内容をタダで好きなように使わせろというのはずいぶんな言い草だ。
ずうずうしいにも程があるだろう。

期間無制限なんて文を追加したことといい
狙った獲物は絶対逃がさんぞというホリエモンの執念深さを感じる。
しかし後出しじゃんけんで規約改定以前の文章まで縛ることは当然出来ない。
ついでに、著作者人格権云々の部分は法に触れるので無効ですから、残念!

ライブドアブログの人、今のうちに早く逃げろw続きを読む
posted by 黒影 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(2) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

I'm sorry world

Sorry Everybodyサイトを見て来た。
アメリカの連中が全世界に向かって「ブッシュを当選させちまってスマン!」と謝っているサイトだ。
一人一人がメッセージを書いた紙を持って写真を撮り、それをアップロードしている。
その枚数は軽く数千枚に達する。
中には日本語のメッセージもあった。

やはり活字よりもこうした手書きの文章の方が
はるかにメッセージ性が高いな。
写真だから書いた人間がちゃんとわかるというのもいい。
同じ文でも書き方一つでずいぶんと印象が変わるものだ。

サイト自体もユーモアがあっていい。
f.a.q.でも
「アメリカ人であることを恥じているか?」
 と聞かれて
 「いいえ、あなたは人間であることを恥じていますか?」
「なぜブッシュが勝った事を受け入れてうまく生活していこうとしない?」
 と聞かれて
 「すでにそうしています。だからこそ謝っているのです」
と返す茶目っ気を発揮。
こういうタイプの一矢報いるやり方は嫌いじゃない。続きを読む
posted by 黒影 at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

今度はライブドア、ブログの著作権問題

ライブドアが著作権にからんだブログ規約の改正で大騒ぎになっている。
規約改正のお知らせページに寄せられたTBはものすごい量だ。
会社側も騒ぎを予測していたのかそのページのコメント機能を切っているが
何故わざわざ騒動の元になるような規約改正を行なうのか?

多くのサイトが指摘しているように
ブログの内容を著者に無断、無償で利用できるようにしたいという意図があるようにしか見えない。
ブログの書籍化でも狙っているのだろうか?

ライブドアが元々叩かれやすい体質を持っているせいもあるが
ユーザーの著作権を否定するような馬鹿な真似をするとは思わなかった…
「電車男」の成功に触発されたか?


などと他人事のように眺めていたら
Seesaaブログでも似たような問題ありの規約がある事が判明orz
利用規約より引用
Seesaaのサービスを媒体として、アカウント登録者を含む利用者が投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをするソフトウェア、音楽、音、画像、図面、図画、地図、写真、映像、ゲーム、動画、ビデオ、情報、データベース、文字記号、図形、文章、解説、表記、表現、権利、サービス、商品、データ、レビュー、コメント、リンクなどのあらゆる情報およびコンテンツに関する一切の責任は、アカウント登録者を含む利用者自身が負うものとします。また、アカウント登録者を含む利用者からSeesaaに送信された情報およびコンテンツにつき、アカウント登録者を含む利用者は、日本の国内外で、無償で、非独占的に、それらの使用、複製、変更、削除、翻案、翻訳、掲載、開示、提供、二次著作物の作成、配布などができる権利をSeesaaに許諾し、同一性保持権などを含む著作者人格権を行使しないことに同意したものとみなします。Seesaaでは、アカウント登録者を含む利用者がSeesaaのサービスを媒体として投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをする情報およびコンテンツの品質、内容、効果、適法性などの管理および確認を行うことはありません。Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者および第三者に対してSeesaaのサービスを媒体として投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをする情報およびコンテンツの内容や使用に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負いません。

太字の部分が問題の箇所だ。続きを読む
posted by 黒影 at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(9) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

新潟県中越地震で防災無線が役に立たなかった理由

日本は地震大国だ。
どの地方も常に地震の脅威にさらされていると言ってよい。
ゆえに有事の情報網も整備されており
・通信衛星経由の防災無線
・優先的に接続できるNTTの電話回線
の2系統の通信手段が用意されている。

しかし今回の新潟県中越地震では、防災無線はほとんど活用されなかった。
いや、できなかったと言った方が正確だ。
非常用電源の確保すら出来ていない自治体が多く
送電の止まった状態では防災無線を使う事が出来なかったのだ。
【新潟県中越地震】震災時に防災無線が使われなかった本当の理由
 ところが,今回の震災発生直後,多くの市町村で衛星経由の防災無線を活用できなかった。具体的には「地震直後,新潟県内19の市町村で防災無線の接続エラーが出ていた」(総務省総合通信基盤局基幹通信課の齋田信二郎防災通信係長,写真右)という。
 防災無線が使われなかった最初の要因が商用電源の一斉停電。被災地や周辺など広い地域に渡って起こっていた。そして第2の要因が,多くの市町村が,予備バッテリーや自家発電機など非常用電源を防災無線につないでいなかったことだ。

何ともお粗末な話だ。
NTTの回線網が生き残ったからいいようなものの
下手をすれば完全に孤立してもおかしくないのである。
事実、越路町、小国町では光ファイバ回線が2系統とも切断。
丸2日間、NTT電話が利用できない状態に陥った。続きを読む
posted by 黒影 at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

イラク戦争でブッシュが犯した二つの罪

イラク戦争はこれまでに2度転機を迎えた。
一度目はフセイン政権の降伏交渉を蹴った時
二度目はイラクの行政組織を壊滅させた時だ。
続きを読む
posted by 黒影 at 00:58 | Comment(2) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

混迷を増すイラク情勢 ―ファルージャ侵攻の背景―

米軍がファルージャへの侵攻を始めた。
1万もの大規模な部隊を投入した、ここ数ヶ月で最大の軍事行動である。
1万の兵士で包囲網を敷き、爆撃と砲撃主体の攻撃で
既にファルージャ市街地の7割を占領し、現在もなお戦闘継続中だと言う。
米軍側にもかなりの被害が出ているようだが
兵力の差は「アリと巨人」米軍の勝ちは動きようが無い。
むしろ問題は何のためにファルージャを占領するかだ。


今回米軍が大規模な軍事行動を起こした背景には
イラク中部を中心に、危険で米軍さえ容易には立ち入れない
ノーゴーゾーンと呼ばれると呼ばれる領域が拡大しつつある現状がある。
ノーゴーゾーンは既にバグダッド市街地まで入り込んでおり
戦況打破のため、大規模な軍事行動を起こす必要があったのだ。続きを読む
posted by 黒影 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。