2006年06月20日

中国山中の湖底に沈んだ古代都市

中国は古代東アジアでもっとも文明が栄えた地域であり、今も眠る遺跡は数知れない。
しかしその大半が未発見であり、さらに見つかっても調査を行う人員が足りなくて放置されたままになっていることが多い。
今回のニュースで取り上げられている古代都市も、発見されたのは2001年だがようやくきちんとした調査が行われることになったという。
まあこのあたりの事情は日本でもさほど変わりないのだが。
続きを読む
タグ:考古学 中国
posted by 黒影 at 03:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

環境ホルモン濫訴事件の進展があったわけだが

いろんな人が書いている記事を通して大体のことは理解できた。
今回もやはり生温い笑みがこぼれましたよ、と。
続きを読む
posted by 黒影 at 16:47 | Comment(9) | TrackBack(2) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

中国でプテロサウルスの化石発見

久々に恐竜の話。
どこの新聞もまだ記事にしていないみたいだが
一つ発見。新種の翼竜2種の化石、遼寧省で発見
今週のNatureに中国でプテロサウルスの化石を発掘した報告が載っていた。
続きを読む
posted by 黒影 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

環境ホルモン濫訴事件 経過観察

どうやら動きがあったようだ。
環境ホルモン濫訴事件:中西応援団(Via 児童小銃 .456
何のことか判らんという人はこちらへ。「環境ホルモン濫訴事件

こういうケースの場合、反訴がなされることは珍しくもなんともないわけだが、
これできっちりとした形で決着がつくことが確定したわけで、まずは喜ばしい。
おまけに問題の発表の録音テープという決定的な証拠物件まで(笑)

これはもう王手待ったなしの感がありますね。
続きを読む
posted by 黒影 at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

新免疫療法?

元近畿大学の医者が医療詐欺で訴えられたというお話。
がん独自療法の医師を告訴 患者遺族、詐欺容疑で
 独自のがん療法に高い効果があるとうその説明を受け、診療費などをだまし取られたとして、東京都大田区の女性=昨年2月に死亡、当時(49)=の遺族が21日、詐欺容疑で元近畿大教授の男性医師(61)に対する告訴状を警視庁武蔵野署に提出した。
 告訴状によると、医師は「新免疫療法」という、健康食品と抗がん剤を併用するがん療法を提唱し、東京都武蔵野市内にクリニックを開院。
 一般に普及しているがん療法の評価基準とは異なる基準を用いて、自らの療法に高い効果があるよう見せ掛けるデータを作成するなどし、乳がんで1997年から5年間通院した女性から診療費など135万円をだまし取った疑いがある、としている。

この手の話の厄介なところは、
医者本人がこの手の怪しげな治療法が本当に効くと思い込んでいるケースがあることだ。
このケースがどうなのかは知らないが…続きを読む
posted by 黒影 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

環境ホルモン濫訴事件

酔うぞの遠めがねさんのところで知ったのだが
当ブログでも何度か紹介したことがある環境リスク評価学の中西準子氏が名誉毀損で訴えられているそうな。
酔うぞの遠めがね: ネット評論と濫訴を考える会スタート
原告は京大の松井三郎氏
中西氏がホームページに記載したある文章が気に入らなかったらしい。

続きを読む
posted by 黒影 at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

琵琶湖でピラニアが捕獲される

誰だピラニアなんかを琵琶湖に放した馬鹿は。
琵琶湖にピラニア、初捕獲 水産試験場が発表 放流か
 滋賀県水産試験場(彦根市)は12日、アマゾン川などに住む肉食性の魚ピラニアが、琵琶湖で初めて捕獲されたと発表した。
 捕獲されたのは、南米大陸原産のピラニア・ナッテリィ1匹で、体長15・7センチ、95・6グラム。成魚かどうか、雄雌も不明という。同日朝、高島市新旭町饗庭沖約1キロで漁業者が外来魚駆除用に仕掛けた刺し網にかかっているのを見つけ、同試験場が回収した。
 同試験場によると、琵琶湖を含め県内でのピラニアの捕獲は、集計を始めた1994年以来初めて。国内では観賞用として流通しており、ペットとして飼っていたものが放たれたらしい。


続きを読む
posted by 黒影 at 21:23 | Comment(1) | TrackBack(2) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

自民単独過半数っぽいね

開票速報を見ているが、自民が単独過半数に迫る勢いだそうな。
まあマスコミ各社の事前の予測どおりといえば予測どおりだけれど。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 与党が過半数確保 民主大幅減、岡田氏責任論
 第44回衆院選は11日投票、即日開票された。共同通信社が全国で実施した出口調査によると、自民、公明両党で過半数(241議席)を確保するのは確実で、小泉政権は継続する。自民党は単独でも過半数ラインを大きく上回る勢い。民主党は解散時の175議席から大幅に減らす公算が大きく、岡田克也代表の責任論浮上は必至とみられる。衆院選での自民党単独の過半数獲得は、1990年2月選挙以来で、96年に小選挙区制が導入されてからは初めてとなる。小泉純一郎首相が是非を問うた郵政民営化は、国民の信任を得ることになりそうだ。


Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <衆院選>自民大勝の勢い
 第44回衆院選は11日、全国約5万3000カ所の投票所で投票が行われ、午後8時からは各開票所で開票作業が始まった。出口調査などの結果、自民が大勝の勢い。民主は伸び悩んでいる。
 出口調査などによる毎日新聞の独自集計によると、午後8時半現在の当選・当選確実者は自民165、民主43、公明12、共産2、社民0、国民新党0、新党日本0、新党大地0、無所属2。
続きを読む
posted by 黒影 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

とうとう原油が70ドルの壁を突破したか

NY原油、初の70ドル台=ハリケーン懸念で最高値更新
 【ニューヨーク28日時事】ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は28日夜の時間外取引で急騰し、米国産標準油種WTI10月きりは一時、前週末終値比4.67ドル高の1バレル=70.80ドルと、当ぎりとしての史上最高値を更新、初の70ドル台に乗せた。米南部に再上陸する見通しの超大型ハリケーン「カトリーナ」による影響で供給が一段と逼迫(ひっぱく)するとの懸念から買いが殺到した。

60ドルの壁を越えるかどうかで騒いでいたのが今年の6月下旬だから、たったの2ヶ月で10ドルも上がった計算になるのか。
まだハリケーンの季節に入ったばかりだというのに、今からこれでは先が思いやられる。
冗談抜きに80ドルの大台もありえる。
というかそこまで持って行きたい人達がそろそろ本格介入し出すのではないかと。
第3次オイルショックにならなきゃいいが。
posted by 黒影 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

最近大きめの地震が相次いでいる件について

少し前に千葉で震度5の地震が起きたと思ったら今度は宮城で震度6か。
リンク先の図を見ると東日本一円が完全に影響範囲に含まれている。
幸い大きな被害は出ていないようだが、否が応にも大地震への警戒感を募らされるな。

宮城で震度6弱、けが人多数か
 16日午前11時46分ごろ、宮城県沖を震源とする強い地震があり、宮城県南部の川崎町で震度6弱、宮城県仙台市や石巻市、福島県相馬市などで震度5強を観測した。

 また、岩手県や茨城県の一部で震度5弱を観測したほか、東北から関東、東海地方の広い範囲で震度4を記録した。気象庁は午前11時50分、宮城県沿岸に津波注意報を発令した。

どうも最近地震が多い。プレートが活動期に入ったのでなければいいが。
posted by 黒影 at 14:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ロボカップ

この週末はロボカップがあったんだが、他の用事で出かけていたので見る機会がなかった。
今ニュースで確認していると面白そうな内容だったので見損ねてちょっと悔しい。続きを読む
posted by 黒影 at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

両親のIT知識不足は子供の進路に悪影響を及ぼす

「保護者のインターネット知識不足は子どもの進路に悪影響」--英調査 - CNET Japan
デジタルデバイドは確実に社会に影響を与えているようだ。続きを読む
posted by 黒影 at 12:26 | Comment(1) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

初等教育を侵食する似非科学

とりあえずまずはこの「ニセ科学入門」を読んで見て下さい。
この記事の中に、何と「波動」を道徳教育に組み入れちゃった小学校の先生の話が出てきます。
さらに困ったことに、この授業がTOSSという教師間の教材共有ネットワークを介して大規模に広まってしまっています。
問題の発端は「波動」の仕掛け人が書いた「水からの伝言」という一冊の本。
上記「ニセ科学入門」から引用。

「水からの伝言」は江本らが独自の手法で作った水の結晶の写真を集めたもので、本を開くと美しい結晶の写真が次々と目にはいってくる。ところが、美しいだけならいいのだが、ここには驚くべき話が書かれている。たとえば、水に「ありがとう」という言葉を見せたのち(水をいれたビンに文字を印刷した紙を貼って、文字通り”見せる”)、その水で結晶を作ると水はきれいな結晶を作り、一方、「死ね」などの言葉を見せた水はきれいな結晶を作らないというのである。もちろん「平和」は美しい結晶を作り、「戦争」は作らないなど、言葉と結晶のあいだには一定の(実にわかりやすい)関係がある。
続きを読む
posted by 黒影 at 13:07 | Comment(15) | TrackBack(8) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

韓国の中学生が描く絵

もうネット中あちこちで取り上げられていて目にした方も多いかと思いますが
うちのサイトでも取り上げておきます。
最初は別館の方に書こうと思っていましたが、あえてこちらに書くことに。続きを読む
posted by 黒影 at 01:01 | Comment(4) | TrackBack(7) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

石油価格はどこまで上がるか

たまには時事問題でもと言うことで
軽く経済ネタに触れてみます。
お題は原油価格。続きを読む
posted by 黒影 at 05:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

中国で武装集団が村を襲撃

ちょっと気になるニュースなのでピックアップ(via 酔夢ing Voice

Yahoo!ニュース - 日本テレビ系 - 中国・河北省 武装集団が村を襲撃 住民6人死亡、48人ケガ(映像あり)
中国・河北省 武装集団が村を襲撃 住民6人死亡、48人ケガ
 中国で、武装集団が村を襲撃した。

 河北省で11日明け方、200人から300人の迷彩服姿の武装集団が村を襲撃し、猟銃やパイプなどで逃げようとする住民を襲った。襲撃で住民6人が死亡したほか、48人がケガをした。

 村が襲われた理由はわかっていないが、この村は再開発をめぐる土地の補償金で当局ともめており、当局が武装集団を雇って襲わせた疑いも出ている。

何だこれはと言いたくなるようなニュース。
きな臭いな。


こちらにはさらに長い動画あり。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/video/2005/06/15/VI2005061501066.html
posted by 黒影 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(2) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

新種菌株に付けられる名前

「微生物の名前で‘独島は韓国領’知らせる」
韓国生命工学研究院のユン・ジョンフン博士研究チームは独島で、これまで学界に知られていない新しい微生物バクテリア(2属3種)の菌株を発見し、国際学界に登録したと、9日、明らかにした。

菌株の名前にはすべて「独島(Dokdo)」が含まれた。各バクテリアは「独島韓国(Dokdonella koreensis)」、「独島東海(Dokdonia donghaensis)」、「ヴァージバシラス独島(Virgibacillus dokdonensis)」、「マリバクター独島(Maribacter dokdonensis)」、「マリノモナス独島(Marinomonas dokdonensis)」と名づけられた。 これら名称は、微生物分類学分野で権威がある学術誌「IJSEM」に登録された。

…なんとコメントしたものやら。
読んだだけで軽く疲労を覚えるようなニュースだな。続きを読む
posted by 黒影 at 13:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

科学知識とメディアリテラシー

先日読売新聞が『科学常識このぐらいは――目安作り、文科省乗り出す』という記事を書いた。
これは数年前に行われた大人に対する科学知識の国際調査を取り上げ、
日本の大人はあまり科学知識が無いからサイエンスパブなど色々な方法をとって
一般の人の科学知識を向上させるような取り組みをしましょうよ
といった感じの内容で科学知識調査の設問以外はまあいい内容だった。
続きを読む
posted by 黒影 at 06:02 | Comment(4) | TrackBack(6) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

海外の視点(ロンドンタイムズ)2

一つ前のエントリで共同の記事に触れました。
内容が興味深かったので取り上げておきます。
「反日の陰に中国政府」 英紙が指摘
 【ロンドン11日共同】11日付の英紙タイムズは社説で、中国の過激な反日行動について「明らかに中国政府の暗黙の奨励に基づいて行われている」と指摘した。
 その上で「日本の世論はもはや中国に対して、それほど卑屈ではない」と強調。反日行動の過激化を許せば日中の経済関係が脅かされるなどとして「最終的には中国が敗者になるということを中国政府の指導者は理解しなければならない」と主張した。
 一方で小泉純一郎首相に対しては、教科書検定をめぐる日中両国の緊張関係を終わらせることや、靖国神社参拝以外による戦没者の追悼方法を見いだすことで、「真の改革者」であることを証明するよう求めた。

こんな内容なんですが、こういう指摘が出ること自体すこし潮目が変わったのかなと。
別に日本擁護じゃなくてただの中国批判なんですが(笑)
ロンドンタイムズの関連記事は読んでいて結構面白いので、英語が出来る人は挑戦してみてはいかがでしょうか?
欧州がどんな目で最近のごたごたを見ているのかがよく分かります。

ちなみに現地である中国のことは「絵文禄ことのは」の松永さんが鋭い分析をしているので
リンクをはっておきます。
この分析の視点から見たらタイムズの最後の指摘は的外れも良いところですが(笑)
日本の新聞も軒並み過剰反応していることになる。
私は松永さんの指摘が正しいかどうか判断できる情報を持っていないので
どなたか詳しい方にお聞きしてみたいところです。

例によって追記に共同が言及している記事を全訳して張り付けておきますね。
 
続きを読む
posted by 黒影 at 18:17 | Comment(6) | TrackBack(17) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の視点(ロンドンタイムズ)1

欧米の認識なんてこんなもんだよという話。

共同の記事がきっかけでロンドンタイムズが日本と周辺諸国の摩擦をどう捉えているか気になったので読んでみた。
結果、少なくとも英語圏の反応くらいはちゃんとフォローしとかないといけないなと思った。
全文訳してみたので皆さんもどうぞ。

保守派の方々は極東のごたごたを解決するためには、視野を広く持ち
対外宣伝も積極的に行わなくては日本の利益は守れないのではないかと。
 
続きを読む
posted by 黒影 at 15:33 | Comment(3) | TrackBack(6) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。