2005年03月14日

熾火の如く

二度あることは三度ある。
カリー氏が前に冗談めかして言っていた12人の記者もあながち冗談で収まり切らなくなって来ています。

今回のお題は熾火の如く静かに燃えるブログ時評
その様子はステルスコメントスクラムとR30::マーケティング社会時評で皮肉られ、論理矛盾もあちこちのブログで指摘されています。
団藤さんはショートしちゃった模様ですが、まあ今回は炎上というほどの状態にはなっていませんね。続きを読む
posted by 黒影 at 18:22 | Comment(2) | TrackBack(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

国会議員ウェブサイトアクセスランキング

面白いモノを見つけたのでご紹介。
国会議員ウェブサイトと政党ウェブサイトのアクセスランキング(翻訳者魂)

国会議員のサイトって注目されてないんですね。
ランキングトップとなった坂口前厚生労働大臣のサイトでさえ550アクセス/Day
下位になるとスタッフですら見ているかどうか怪しいです。
アクセス数の余りの低さに同情を禁じえない。

選挙期間にはどの程度アクセスが伸びるのか是非知りたいところです。続きを読む
posted by 黒影 at 14:24 | Comment(3) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

朝日の名刺は水戸黄門の印籠か?

巡回先のisaの同時代フィールド・ノートさんで面白い記事を読んだので紹介。
ある「記者会見」、あるいは『朝日』の名刺について。

この記事中に書かれている朝日記者の態度が実に素晴らしい。
まるで朝日の名刺を水戸黄門の印籠と勘違いしていそうな勢いである。続きを読む
posted by 黒影 at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

小倉先生への質問状

WiredNewsを見るついでに久々に小倉先生のところに行ってみたら、
まだやっていましたか
てっきり前回の記事でけりをつけて泥沼から離脱するものとばかり思っていましたが。
HotWired編集部の心配を他所に、脱線を続ける一方の模様です。

ドロンコ遊びは楽しいですか、小倉先生?続きを読む
posted by 黒影 at 20:06 | Comment(13) | TrackBack(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

何か最近あちこち焦げ臭くないですか?

久々に署名で書く記者の「ニュース日記」をのぞいて見たら
なんだか微妙に焦げていた
まあ炎上経験のあるところだからこれ以上燃えることは無いだろうけど。
叩けるものは叩くがタブーや身内の恥はスルーと言うメディアの怠惰は到る所に爆弾を撒き散らしている。
ネット上で記者という肩書きを名乗る以上
政治的な発言をする際は不発弾を踏まないよう細心の注意が必要だと言うことだろう。

小火で済んだみたいなのでTBを送るかどうか迷っていたら、既に先客がいた。
どこにも似たようなことを考える人はいるものだ。続きを読む
posted by 黒影 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

朝日新聞さん、就活中の学生を舐めてませんか?

リクナビの朝日新聞のページに新聞記者シミュレーションゲームなるものがあることを
ジャーナリズム考現学さんのところで知りました。

いろんな意味でスゴイゲームなのでまずは一度試してみて下さい。続きを読む
posted by 黒影 at 17:14 | Comment(11) | TrackBack(7) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定ホストからのアクセスがここしばらく増えている件について

際立って増えたのがまずasahi-np.co.jp内からのアクセス。
やはりお目当ては例の記事な模様。
ここ10日ほどで200近いアクセスを記録。

もう一つ増えているのがu-tokyo.ac.jpからのアクセス。
こちらは1週間で160ほど。
やっぱりこれ関連だろうなぁ。

どちらの炎上も、結構な数の人間が身近な事件として受け止めているようです。
朝日新聞なり東大なりに所属している方の両ブログに対する感想を是非聞いてみたいところ。続きを読む
posted by 黒影 at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

解決策でも提案してみる

>ある東大生氏へ
貴ブログの惨状を解決するアイデアが当方にはございますが
はたしてご入用でしょうか?

必ずしも受け入れやすいアイデアではないと推察いたしますが
現状を解決したいならば負けを認めてこういう手段を取るべきではないかと思います。続きを読む
posted by 黒影 at 15:09 | Comment(6) | TrackBack(6) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんというか

を見ていると銀英伝のフォーク准将を思い出すよ。

同じ結末をたどらなきゃいいんだが。
続きを読む
posted by 黒影 at 03:33 | Comment(9) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素人ネット探偵術―クジラ保護団体について調べてみたら芋づる式に色々な団体が付いて来た件について―

きっかけは巡回先の玄洋日誌さんの記事を読んでいてこんな団体(食品汚染を考える市民の会)が活動しているのを知ったことです。
食品汚染ならば最近話題になっている狂牛病や鳥インフルエンザのことを取り上げているのだろうな、とおもったらこれが大間違い!取り上げることは全て、クジラ!しかも内容が 汚染! 汚染! そのまた汚染!偽造! いやはや、ここまでクジラを違った角度から反対する団体が国内にいたとは大変珍しいものです。


私は以前こんな記事も書いているとおり、捕鯨反対派の主張は相当怪しいと思っているのですが、
面白いなあと思って早速この団体の背後関係も調べてみたわけです。
そしたら色々な団体が出るわ出るわ(笑)

ちょうどいいので怪しい団体についてネット上で調べるための教材になってもらいましょう。
基本的に市民団体の相互関係はネットだけでも相当調べる事が出来ます。続きを読む
posted by 黒影 at 00:08 | Comment(6) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

ただの炎上になぜ特別な名前を付けたがるのですか?

小倉先生がまたしてもおかしなエントリを書かれたので
とりあえずコメントをつけてみた。

その上でエントリとしてもまとめ直し、再度TBしておくことにする。
なお、私には、最近他人のblogを攻撃して閉鎖に追い込んだ方々相互の関係についての情報を現時点では把握していません。したがって、この点に関して私は断定的な表現を避けています。私は、「思想集団」という言葉を最初に注釈をつけた上で使っているのであって、その注釈を無視して解釈して文句を言われても困ってしまいます。「思想集団」という語が気に入らないのであれば、どなたかより的確なテクニカルタームを作って下さい。だらだらと修飾句ないし修飾節をつなげなければならないような表現ではなく、ばっちり決まるものであり、かつ、できるだけ価値中立的なものをお願いします。

ただの炎上をどうして特殊な現象扱いしたがるのかまず疑問です。
しがない記者日記の騒動ならまだコメントが見れますので私のまとめからご覧になったらいかがです?
コメント内容は一つ一つコメンターの姿勢の違いを反映しており、
攻撃的なものも一部ありますが大抵は問題点を指摘したり、議論をしようとしたり、
彼の言動をたしなめようとしたりするものでした。
少なくとも思想集団などという枠で捉えられるような単純なものでなかったのは間違いありません。
コメントスクラムなどという造語でひとくくりに問題行為としてしまうのはコメンターに失礼でしょう。

あなたがコメントスクラムと呼んでいる現象は、
単に大量の新参者がブログになだれ込んだときに結果として起こるコメントの激増という現象が、
ブロガの不適切な対応や問題点を含む記事の存在により批判という方向に誘導された結果だと思います。
母集団が多いためコメントやTBの数も増えますが、コメントをつけた人間は割合にしたら数%も行くかどうか。

短期間に訪問者が激増したサイトが荒れることは珍しくありません。
なぜなら新規訪問者がサイトの隅から隅まで見て、完全にサイト内容を理解するなどありえないからです。
何か気に入らない事があればその場で反応し、こういう人間が多いとサイトが荒れます。
彼等のブログで起こった現象も、ネット上ではこうしたありふれた現象です。
政治主張を含む問題だったとはいえ、それをさも特別な現象のように言うのはどうかと思います。
この現象を一言で表現するならただの「炎上」です。
問題の焦点が政治主張かどうかなど何の関係もありません。
穴のある主張と問題のある管理人の振る舞いが原因となり、ブログが荒れただけです。

数千もの訪問者がいれば当然色々な考えの持ち主がいます。
全ての人間と分かり合うのは不可能ですが、真摯な対応を続ければバッシングを収める事も出来ます。
「素晴らしき世界」で起きた騒動が飛び火してもブログを立て直せた
大橋氏の芸能問題総合研究所ANNEXが好例でしょう。


それからなぜしがない記者日記騒動に言及しておいて、彼が犯したレッテル張りというミスを繰り返すのです?
ところで、少し前くらいから「ネット右翼」というテクニカルタームが日本のインターネット事情を語る上ではしばしば用いられます。そのサブカテゴリーとしては、様々な「嫌○○厨」と呼ばれる(○○の中にはそれぞれの集団が忌み嫌う対象が入る。)グループがいるようです。「ネット右翼」と「ネットを活用する右翼」とは私的にはちょっとずれがあるような気がするのですが、その違いを私はまだ言語化出来ていません。
<中略>
 カミングアウトして下さる「ネット右翼」の方々がおられれば、雑誌やシンポジウムなどでいろいろ面白そうな企画が組めそうですし、結構社会の注目を浴びそうなので、期待して待っています。

嫌味なのは分かってますよ、最低の嫌味だとは思いますけどね。
しかしこのエントリを読んだ人間の多くは「ああ、ネット右翼扱いされているのか」と考えます。
当然ながら(既に起こっていますが)コメント欄は批判でさらに炎上するでしょう。
あなたも二人の記者が踏んだ轍を踏みたいというのならあえて止めはしませんが、
ただの嫌味としていったのであれば撤回されることをお勧めします。


ちなみに私は右翼は嫌いです。
むしろリベラル寄りの人間だと自覚しています。
リベラルよりの人間から見ても今の朝日やバウネット周辺の妄言は耐えがたいのですよ。

続きを読む
posted by 黒影 at 03:22 | Comment(8) | TrackBack(9) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

募金サイトの甘い罠

昨年は災害の多い年だった。
一年を表す漢字に「災」が選ばれたように
過去最多の台風、新潟地震、スマトラ津波といくつもの災害が立て続けに起きた。

しかしそんな中も多くのボランティア活動、募金活動が活発に行なわれ
世の中まだまだ捨てたもんじゃないなと少し安堵したものだ。
私も気持ちばかりだが募金に参加してきた。

ネットでもクリックだけで募金ができるというサイトがいくつも登場し
多くの人間がクリック募金に協力したようだ。

その一方でいくつもの怪しげな募金サイトが誕生し、今も募金を募っている。続きを読む
posted by 黒影 at 20:47 | Comment(3) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

あけましておめでとうございます

いよいよ年も明け、2005年となりました。
昨年はいくつもの災害が相次いで起こり、まさに「災」の年でしたが
今年は良い年であって欲しいものです。続きを読む
posted by 黒影 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

Seesaaがずいぶんと軽くなった

サーバー増強が行なわれる以前はこの時間帯は重くて記事投稿すらまともにできなかったんだが
久しぶりに記事投稿してみたら、ずいぶんと状況が改善されているようだ。

一番混雑する時間帯にも関わらず、まるで待たされることなくスムーズに投稿できた。

Seesaa運営の人お疲れ様です。
サーバー増設の要望を聞いてくれてありがとう。
(多分大勢から要望が出ていたのだとは思うけど)
posted by 黒影 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

何でこんなところから?

そろそろブログを始めて一月と少しになるが、
時々変なところでブログが取り上げられていて
「なぜ?」と思う事がある。

今回のはこれ
http://finance.livedoor.com/quote/format?c=4753
ライブドアファイナンスのライブドア関連ブログとして取り上げられたらしい。
急にここからのアクセスが増えたので気が付いた。
このブログは経済記事を扱ってるわけじゃないし
ライブドアのブログでもないんだが、一体どういう理由で取り上げられたんだろう。

ライブドアブログは今、著作権騒動で揉めているから
名前を出しているブログなんて山ほどあるだろうに、なぜここが?
どういうシステムで選んでいるのか気になるな。
posted by 黒影 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

とき325号

名Flashを見つけたので紹介してみる。
新潟県中越地震で、直下型地震の強烈な揺れを喰らい、脱線しながらも
乗客を守りきったとき325号のFlashだ。


震度6強、マグニチュード6.8の直下型地震
非常停止信号すら間に合わなかった
時速210kmの高速の車体を襲う
阪神大震災をも上回る最大846ガルもの揺れ
止まっている電車すら脱線するほどの揺れだ

そして起こった新幹線史上初の脱線事故
誰もが大惨事を思い浮かべた


しかし

乗客には一人の怪我人も出ず、全員無事だった


いくつもの幸運があった

阪神大震災を教訓に橋脚が鉄板で補強されており、揺れに耐え切る事が出来たこと
雪国仕様の車体で、雪よけカバーがつっかえ棒となり、横転を免れたこと
路面がコンクリートで滑るように滑走できたこと
融雪溝が車体を支えたこと

どれか一つでも欠けていればこうは行かなかっただろう
確かに幸運には違いない。

しかし、安全性を高めるために日々努力を続けてきた
名も無き技術者達の思いが、この幸運を引き寄せた
そう思いたい。続きを読む
posted by 黒影 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

アクセス解析だけでなく、コメントTB通知機能も止まってませんか?

Seesaaでは、先日から過負荷のためにアクセス解析機能が停止されているが
それに前後するようにコメント、トラックバックのメール通知機能も停止している。
現在のところ、これに関するSeesaa側のコメントは出されていない。

Seesaaは結構使い勝手がいいんだが、ユーザーサポートがひどすぎるのが難点だ。
サポートスタッフがいないのか、それともサポート意識がゼロなのかは知らないが
お知らせブログにコメントしても放置だし
ヘルプも使い物にならない。

しばらく前にライブドアがしたらば掲示板についてだいぶ叩かれていたが
確かに不手際続きでどうしようもなかったものの、ちゃんとサポートスタッフが
ユーザーの不満に誠意的に対応していたので不満が爆発するところまでは行かなかった。

Seesaaは、提供しているサービスの質は悪くないが
ことユーザーサポートに関してだけは
はっきり言ってライブドア以下だ。


無料サービスだからなどと甘く見ていると
ライブドアしたらばのように親企業の信用まで失うことになる。
早く現状を改善することをお勧めする。
posted by 黒影 at 15:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

今日はSeesaaがやけに重いけど?

今日はやたらとSeesaaが重い。
記事投稿がやたらと時間がかかるし
ブログの表示すらままならないときがある。
Dos攻撃でも喰らっているのか?
posted by 黒影 at 23:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

台風の爪跡

先月台風18号が北海道を通り過ぎた際に
札幌でも大きな被害が出た。

どの程度大きな被害かというと、
観光名所が一つ消えてなくなるほどのものだった。
北大の中にあるポプラ並木がひどいダメージを受け
半数以上が倒れてしまったのだ。

台風の前後のポプラ並木の様子を比べて欲しい。
続きを読む
posted by 黒影 at 13:09 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

引越し

もう一つのブログで記事の作成を行なっていたが
どうも使い勝手が悪いので、こちらに移行しようかと思う。

記事の移動にしばらくかかりそうだ。
posted by 黒影 at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。