2007年03月07日

松岡農相は還元水がお好きらしい

Mixiの疑似科学コミュで見かけて生暖かい笑みが浮かんだニュース。
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <事務所費>松岡農相、無料の議員会館でも光熱水費計上
 松岡利勝農相の資金管理団体が、水道代や冷暖房費がかからない議員会館にしか事務所がないにもかかわらず、05年に約507万円の光熱水費を計上していたことが分かった。松岡農相は5日の参院予算委員会で「(浄水器を指すとみられる)何とか還元水や、暖房とか別途そういうものが含まれる」などと釈明したが、使途を明確には説明できなかった。事務所費に続いて、松岡農相の不明朗な支出がまた明らかになった。

水商売に大枚つぎ込むとはいいご身分ですな(違
このブログを見ている人で還元水がどういった代物か知らない人はまずいないと思うが、念の為リンク。

機能水の怪しい世界 - (疑似科学の終焉)
水商売ウォッチング


2007年03月05日

イスラム世界の創造論

以前どっかのエントリでちょろっと言及した事があった気もするのだが、
イスラム世界の創造論普及活動について書いている記事を見かけたのでメモ。
「イスラーム創造説」の時代、始まる

コメント欄を含めて大いにツボにはまった。
既に進化論が『進化生物学』にまで昇華している時代なのに、
「私は進化論者です」って言う意味あるんだろうか?
現代生物学は進化生物学抜きには成立しえないんだが。
続きを読む

2007年03月03日

晩上好、我叫飛行意粉怪獸

我らがフライング・スパゲッティ・モンスター神の大陸への布教具合についてメモ

Knowledge Review Blog: 接觸飛行義大利麺怪獸
reality ≫ Blog Archive ≫ 飛行意粉怪獸教會
謎物之二: 飛行意粉怪獸 (Flying Spaghetti Monster)@Sleepless Cat | ??夜未眠

神は順調にその版図を拡げておられるようです。
さあ皆で神を讃える聖句を唱えましょう。
ラーメン!


しかし神の御名を訳すのにかなり苦心している模様(笑)

スパゲッティ=イタリア麺=義大利麺
意粉=イタリアの粉?
接触飛行というのも良く分かりませんな。


ついでにこんなのも
「創世説」的 15 個謬論

少し古いのですがScientific Americanの創造論カウンター記事の中文版です。
日本語訳も欲しいねえ。
Scientific American: 15 Answers to Creationist Nonsense

2007年02月28日

我が町も既に電磁波サボテンの侵略を受けていた件について

月曜に電磁波サボテンの記事を書いていたときに、以前の記事を見直していたのですが、
その時ちょっと気になるコメントがありました。
幻影随想: 電磁波を吸収するサボテン?
こんにちは。
リアルにセレウスが今売れ筋ですw
それと同時に
「なんでこの種類だけなの??ってかNASAって誰の情報よ?」といちゃもんつけてくる奴も急増しているので、いいネタでとき防げないものかと、こちらを伺いました。
どうやらダメっぽいですねww
まぁ、かわいい奴なんで、純粋に癒されてください
Posted by 某花屋 at 2007年01月25日 21:20


「おいおいまじかよ」と思ったので、
夕食を食べに行くついでに近くの大型商業施設に寄ってみたのですが…続きを読む

2007年02月26日

宇宙研と電磁波サボテン

この数カ月に貰ったコメントやTBに目を通していて、面白いネタがあったので紹介。
以前書いた電磁波サボテンネタに関しての話なんですが、
腹を抱えて爆笑しました。
いやー久しぶりのヒットだわこれ。
続きを読む

2007年02月25日

毎日新聞が頑張ってる

昨年は色々とやってくれた毎日新聞だが、今年は昨年の反省からか理系白書でこんな取り組みをやっている。
折角なのでこのブログでも取り上げておこうと思う。

理系白書’07:第1部 科学と非科学/1 万能うたう「波動」
理系白書’07:第1部 科学と非科学/2 教室にニセ科学
理系白書’07:第1部 科学と非科学/3 根拠ない血液型性格判断
理系白書’07:第1部 科学と非科学/4 効果未確認の「マイナスイオン」


これまでの記事の題材の選び方を見れば、どこからネタを仕入れたか手に取るように分かるw
多分apjさんやkikuchiさん達も同じような気分ではと思いつつ、ニヤニヤしながら見守っているところだ。

まあやせても枯れても5大紙でこういったネタが取り上げられれば、その影響度は大きい。
ちょっと歯切れの悪い部分もあるが、とりあえずこの件に関しては毎日新聞GoodJob!

2006年11月09日

「水からの伝言」を物理学者が切る

はてなブックマークで随分と話題になっているので、このブログを見てくれている人なら既に知っている人も多いと思うが、物理学者の田崎先生が「水からの伝言」に対する良質な批判を書いている。
水伝批判のまとまったコンテンツとしては、菊池先生や天羽先生のところをも凌ぐかな。

「水からの伝言」を信じないでください
人の心は、すばらしい力をもっています。ほかの人たちを思いやる心、愛と感謝の心は、とても大切です。しかし、それと「水が言葉の影響をうける」という「お話」には、なんの関係もありません。
私たちは、学校の授業など、教育の場に「水からの伝言」をもちこむのは、絶対によくないことだと考えています。
このページでは、「水からの伝言」についての、私たち科学者の考えを、簡単に説明します。

いいコンテンツだ。
これだけ質量揃ったコンテンツを作るには、相当な時間がかかった事だろう。
田崎先生の努力に賞賛の声を送ると共に、コンテンツの趣旨に賛同する者の1人として、このブログでも紹介させてもらう。

うちのブログでも何度か取り上げたが、水伝の話は結構影響範囲が広いので、その悪影響が馬鹿に出来ないのだ。
◆関連記事
初等教育を侵食する似非科学
オノ・ヨーコからのクリスマスメッセージ
水からの伝言札幌襲来
江本氏的には、祈りは元素変換をも可能とするらしい

2006年10月29日

ヴァンパイアは数学的に存在し得ない?

ハロウィンシーズンにぴったりの、素敵なネタ記事がYahooNewsに載っていたので紹介してみる。

Science bites myth of vampires, ghosts - Yahoo! News
科学が吸血鬼や幽霊の伝説につっこむ。
It may be the season for vampires, ghosts and zombies. Just remember, they're not real, warns physicist Costas Efthimiou. Obviously, you might say. But Efthimiou, a professor at the University of Central Florida, points to surveys that show American gullibility for the supernatural.

吸血鬼や幽霊、ゾンビのシーズンがやってきました。
しかし、「彼らが実在しない事は良く覚えておいてください」と物理学者Costas Efthimiouは注意します。
「当たり前だ」とあなたは言うかもしれません。
しかしフロリダ中央大学の教授であるEfthimiouは、超自然現象に対するアメリカ人の騙されやすさを示した研究を例に挙げます。

洋の東西は違えど、人間社会はどこも本質的には変わりない。
超自然現象はマイナーでも、巷に溢れるトンデモ本の数を見れば、日本人の騙されやすさもあまり変わらないだろう事が分かる。
しかしまあ今回の記事はネタ記事なので、真面目な話は置いておいて先に進もう。
ところで、この人の名前はどう発音したらいいのだろう?
続きを読む

2006年10月21日

進化論とID論QandA

今日というか昨日「進化のアルゴリズム」のエントリに来たお客さんがとてもいい質問をしてくれたので、回答に補足を入れつつ別エントリとして仕立てる事に。
ID論の関連エントリはどれもコメント欄が長くなりすぎて、いちいち引用するのも大変だしね。続きを読む

2006年10月13日

トンデモな人々

久々のウォッチング。
以前うちにも来ていたトンデモさんがNATROMさんのところで騒ぎ、Kumicitさんにも捕捉されていた模様。
彼がうちに来たのは今年の3月初め。ちょうど忙しくしていた頃だし、インテリジェント氏というもっと楽しい人が来ていたので完全に放置していたのだが、どうやら単なるコミュニケーションが欲しい構ってチャンだったようだ。
インテリジェントデザイン理論(ID理論)にはまっちゃった産経新聞 コメント欄2006/3/1
■[トンデモ]人工世界論 vs 創造論再評価:NATROMの日記
どうも論理的思考能力に難のある人らしい。

あれだけいじり甲斐のある素材ならちょっと構ってみても良かったかな?
続きを読む

2006年08月26日

トンデモ業界の次のトレンドは中国進出?

ちょいと宗教系の調べ物をしていたときに偶然引っ掛かってきたネタ

使命は社会が喜ぶ経営 : こころのページ : 暮らし 社会 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
行動規範は聖書の言葉 幸せに導く企業理念を
 関西アーバン銀行頭取の伊藤忠彦さん(62)は、40年来のクリスチャンだ。都市銀行常務から1999年、前身の第二地方銀行・関西銀行の頭取に転じ、経営を立て直した背景には、キリスト教から学んだ、社会との共生を目指す精神があったと言う。地球環境問題の深刻化など、大量生産・大量消費を前提にした経済システムが限界を見せ始めた今、精神性や社会性を根幹に据えた「スピリチュアル経営」こそが、真の経営哲学だと説く。

これを読んでセンサーが作動しないようではトンデモウォッチャーは務まらない。

次の一文などもっとあからさまだ。
 中学生のころは空飛ぶ円盤ブームで、宇宙や神に強い興味を持ったのが、この世界に入るきっかけでした。教会で牧師の話を聞いているうちに、イエス・キリストが死後に復活したことと、これを知った弟子たちが布教に情熱を注いだことに、大きな感動を覚えたのです。

ニューエイジャーの典型例とでも言うべきパターンだな。
まあこの人の場合はキリスト教に行ったみたいだけど。


さて、伊藤頭取は経営者としてはかなり優秀でそれなりの著名人だ。
ちょっと痛いところもあるが、この記事単独ならネタとして成立するほどではない。
しかし記事の所々に散りばめられたキーワード群は、間違いなくおいしそうなネタのにおいとそのありかを指し示してくれている。

「経営者」+「ト」+いくつかのキーワードとくれば当然次に出てくるのはあの人を置いてありえない。続きを読む

2006年08月19日

ロイターが疑似科学に引っ掛かる

たまには海外のトンデモ動向をということで、こんなネタを。
Irish tech firm throws down "free energy" gauntlet - Yahoo! News

きくちさんが以前に書いたさくっと斬っている文章があるのでフリーエネルギーについては省略。
面白いのはロイターがこのトンデモネタにいとも簡単に引っ掛かっているところかな。

The concept of "free energy" -- which contradicts the first law of thermodynamics that in layman's terms states you cannot get more energy out than you put in -- has divided the scientific community for centuries.

The Internet is awash with claims to have cracked the problem using magnets, coils and even crystals.

あははははwこれを本気で言っているとしたら痛すぎるw
フリーエネルギーなんかを相手にするまともな物理学者なんていないっての。
まさかこの記者ネットに溢れるトンデモコンテンツを鵜呑みにしてるのか?
続きを読む

2006年08月16日

未知との遭遇

盆の帰省中のこと、ある渓流に滝を見に行った帰りに山道で団体さんとすれ違ったのだ。
どこかの老人会の旅行かな?なんて思いつつ通り過ぎようとしたところ、
耳に飛び込んできたガイドさんの発言に思わず足を滑らせかけた。
続きを読む

2006年08月05日

インテークマジックを調べてみる

きくちさんとこのコメント欄で続いているマルチ信者とのやり取りを読んでいて、ちょっと気になるものがあった。
波動・美容・マイナスイオン
589.くろおに July 24, 2006 @ 06:29pm
皆さん初めまして。
いつも興味深く拝見させていただいております。
ここまでの流れとは全く関係ないのですが、タイトルにある「波動」つながりで弊社で今年度から導入した燃費向上グッズ「インテークマジック」について書かせていただきます。
インテークマジックの概要はこちらをご覧下さい。

http://www.intakemagic.com/
ことの顛末は、以下のとおりです。
その原理を簡単に要約すると
「バイオテクノロジーで吸気管内にMT波(マイクロトルネード)を発生させて通りを良くすることで、燃費が向上する」
という燃費向上グッズを導入することになりました。
発売元の説明を見て、
「発売元が声明できない製品の導入には、十分な検討がひつようでは?」
と、進言したところ、
「やってみてダメならしょうがない」
との、何ともやるせない返事でした。彼の中では既に導入ありきでした。
<後略>


要はあれだ、携帯の電池が長持ちするとか言う売り口上のシールと同レベルの代物。
このシールの場合、何故か貼るだけで燃費は向上し、排ガスは浄化され、エンジンの出力はあがるというとてもステキな代物(棒読み)

似非商売の口上にバイオを持ち出すとはいい度胸だ。
おまけにシアトル大学東アジア校に波動に船井総研かよ。
どう見ても疑似科学です。本当に(ry

事業立ち上げからの展開の速さや代理店サイトの構成、売り込みの手口から見て確実にプロのやり口なので、ちょっと調べてみた。続きを読む

2006年07月21日

記者が自分の記事を批判されるとどういう風に反応するかの一例

先日の記事のコメント欄で少し触れましたが、
毎日新聞の生活家庭部の記者で、小島氏という人がいます。
その人がちょっと面白いことを言っているので紹介してみましょう。
別に記者に限らず、正義だとか使命だとか真理だとかに酔いやすい性質の人が陥りがちな、「独善の陥穽」のよいサンプルです。

ちなみにこのブログのメインコンテンツの一つである「トンデモ」系の人材にも良く当てはまります。

続きを読む

2006年07月14日

「買ってはいけない」の検索ヒットが激増している件について

今週の火曜あたりから「買ってはいけない」と「山中登志子」による検索ヒットが激増しています。
またどこぞのマスコミがやらかしたのでしょうか?
何か情報をお持ちの方は是非ご一報を。

◆関連記事
トンデモ本「買ってはいけない」とその著者の近況
タグ:トンデモ

2006年07月03日

世界日報の記事に突っ込んでみる

さて、先週の初めに予告した世界日報のID論関連記事をツッコミつつ眺めようのコーナーです。
興味を示す人はそれなりにいたのに結局誰も参加しなかったのでちょっと(´・ω・`)ショボーン

10問は多かったのかなあ?それともみんな忙しいんだろうか?
誰もがkumicitさんみたく絨毯爆撃を敢行するだけのネタとエネルギーを持っている訳ではないのは判ってたけど、ちょっと寂しい。
まあいいや、気を取り直していきましょう。続きを読む

2006年07月01日

胎内記憶

先日の記事で毎日新聞のトンデモ記事を取り上げ、
そのときにNATROMさんの「胎内記憶」に関する記事をリンクした。
胎内記憶:NATROMの日記

で、今日別件で調べ物をしていたらたまたまこんなブログを見つけた。
胎内記憶研究ページ
ブログ主は工学系研究者と医者の夫婦らしいのだが、コメント欄やTBも含めて素敵に香ばしいので紹介してみる。
胎内記憶とか受胎前記憶(前世記憶のことらしい)とか、それを科学的に実証するなんて言っているが、池川明医師の著書受け売りでは先行きは暗そうだ。
(すでに去年の12月で更新は止まっている)


こんな記述もあるが、もろにトンデモの誤謬だなぁ。
・科学的な検証はさておく
・とりあえず正しいものと認めて、そこから出発する
・そこから生まれる新しい生き方や、生きがいを価値あるものと考える
ということを基本的な立場といたします。


ID論の渡辺センセもやってたが、疑似科学に倫理的価値観の根拠を置くなんて、
親亀がこけたら一緒にひっくり返るだけだというのに。

2006年06月26日

世界日報のID論記事を眺めてニヤニヤする

副題は「サイエンスリテラシーを磨くのに最適な世界日報のID論特集記事」
裏タイトルは中級ピラニア講習会ということでw
内容はおそらく皆さんご想像のとおりです、ハイ。

◆背景
先日うちのブログNATROMさんKumicitさんのところでお寒い自演をかましてくれた愉快な人がいます。
中の人は世界日報の記者でこのブログの人。
彼は世界日報に連載中の有料ID論記事をブログで公開しているんですが、いくら自分で書いている記事とはいえ、そんなタコが自分の足を齧りつつ、流れる血でピラニアの群れを招き寄せるような事をしていていいのかな?
まあトンデモウォッチャーとしては実に楽しませて貰ってますが。
今回久しぶりに彼のところをのぞいてみたら、何だかKumicitさんが楽しそうな事をしているので、私も一口のせてもらおうかと。
しかし相手が世界日報記者じゃ普通に突っ込んでも張り合いがないので、こんな企画にしてみました。
続きを読む

2006年06月11日

江本氏的には、祈りは元素変換をも可能とするらしい

かのミリオンセラーなトンデモ本「水からの伝言」で有名な江本勝氏らは、
最近とうとう祈りで元素変換を可能とする境地に到達したらしい(棒読み)。
すごいや、江本時空ではきっとハガレンみたいな錬金術が使用可能なんだね(投げやり)。

九大の高尾センセと共に秋の物理学会で発表するつもりらしいのですが、
いやはや、斜め上過ぎてもはや誰も付いていけませんな。
via 事象の地平線::---Event Horizon--- :: また九大か……

しかし、水の結晶成長なのに何故物性ではなく核物理?と思ったのだけど、「水中に微量含まれる元素濃度」が変わるという主張なら、元素変換だから核反応か……orz。彼らはどうやら『ありがとう』の声かけ実験で、核反応を引き起こす境地に到達したらしい。常温核融合の斜め上を行ってるな^^;)。

この下りには思わず飲みかけのミネラルウォーターでむせ返るほど受けました。

ところで高尾センセといったらあの有名な「ししゃ科も会」の方ではありませんかw
さっそくHPを見に行ったら、楽しげな講演要旨が3つも並んでいたのでご紹介しようかと。
*注意*
apjさんが記事で触れていたあの一つだけでも相当の破壊力だったのに、さらにその三倍です。
この先を見るときは飲食物を口に含まないことをお勧めします。
また、仕事中に見ることはお勧めしません。続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。