2005年11月14日

疑惑の幹細胞

まじすかこれ。
これがノーベル賞候補とまで言われた研究室の裏の顔か…
幹細胞天狗の韓国にやっと冷や水 [ EP: end-point 科学に佇む心と身体]
アメリカの科学者、韓国の倫理感覚とハラスメントに呆れて韓国との共同研究から離脱
 ファン・ウソクは自分の研究室に勤める女性から卵子を採取していた!
 しかも卵子を金で買っていたのではないか

確かにどうやってあれだけの結果を出せるような量の卵子を確保しているのか疑問に思ったことはあるが…
これが事実ならとんでもない騒ぎになってもおかしくない。
調査委員会が開かれるのは確実なレベルの問題なので、とりあえずおとなしく続報を待つことにする。


posted by 黒影 at 15:26 | Comment(10) | TrackBack(1) | バイオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. なんとなく、昔、初の心臓移植で(提供者はホントに死んでいたのか?と)医療史にトラウマを残した、かつての日本を思い出してしまったです。
  2. Posted by amasaki at 2005年11月14日 17:40
  3.  発光ダイオードの中村さんもそうだけど、
    世間で「ノーベル賞候補」といわれるほど、
    専門家から見たら全然たいしたことないのは何でなんでしょう?
    そのくせ小川・益川みたいな取るのは時間の問題
    みたいな人は話題に上らない不思議。
  4. Posted by とれま at 2005年11月14日 22:18
  5. 韓国で問題になっていた違法卵子売買の一部もコレに繋がっていたりして・・・・・洒落にならん(汗
  6. Posted by 佐倉河 at 2005年11月15日 16:39
  7. 韓国ってえらく名声追求先行型ですよね。エライとかエラクナイとか。
    浮き足立った新聞の報道ぶりから見ても、国民性の傾向なのかなぁ。不健全なナルシシズムを感じます。
  8. Posted by ゴリ at 2005年11月16日 13:01
  9. 朝鮮日報あたりが出している関連ニュースを見ていると、ファン教授の言い分を無批判に垂れ流していたり、日米のメディアに比べて問題の矮小化を図ろうとするかのような歯切れの悪い物言いだったりするので、こりゃアウトかなと思いはじめています。

    韓国のメディアには是非独自取材で事実を明らかにしていただきたいんですけどね。
    どうもマスコミぐるみで隠したがっているような雰囲気が。
  10. Posted by 黒影 at 2005年11月16日 14:45
  11. 自分では全然調べていないのでよく分からないのですが
    細胞利用についての倫理委員会などは無いのですか?
    日本にはある、でOKですよね?(実は違う?一応
    まともに実験が可能な国ならどこにでもそのような
    委員会があると思っていたのですが。まあ、そういうの
    を無視するマッドの排除は無理としても)
  12. Posted by うさぎ at 2005年11月16日 22:33
  13. >うさぎさん
    日本の場合こういうものがあります。
    生命倫理委員会
    http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/shisaku/rinri.htm
    審議会情報(生命倫理・安全部会)-文部科学省
    http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu1/index.htm#gijiroku

    韓国の場合も同様の審議機関があるとは思いますが、私は韓国の事情に疎いので良く分かりません。
  14. Posted by 黒影 at 2005年11月17日 00:07
  15. <続き>
    ただちょっと調べてみたらこんなニュースが引っ掛かってくるくらいなので、
    どうも倫理面の取り組みは欧米に比べ遅れがちなような印象を受けます。
    The Korea Times : Scientists Tackle Stem Cell Ethics
    http://times.hankooki.com/lpage/200510/kt2005101717300768040.htm

  16. Posted by 黒影 at 2005年11月17日 00:19
  17. ご指摘のニュース読みました。何か韓国では
    その方面の科学者が暴走していたように見えますね。
    あと政府の法律の方には罰則規定とか無かったのかしら。
    でもまずは自らが最低限の倫理を学会内部で築き上げるのが
    本来有るべき姿な訳で・・・。
  18. Posted by うさぎ at 2005年11月17日 21:14
  19. ニュースを辿ってみたら、そもそも去年発覚した問題だったものがファン教授らが知らんぷりしていたために今になって再燃したみたいですね。

    Natureのこの辺の記事が発火点
    http://www.nature.com/nature/journal/v429/n6987/full/429001b.html
    http://www.nature.com/nature/journal/v429/n6987/full/429003a.html
    それがサイエンスに飛び火して
    http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/304/5673/945
    で、このあと沈静化したのかなぜか1年以上話が立ち消えになっていた。
    (このあたりはちょっと詳細不明)

    それが今回再燃しているわけですが、サイエンスやネイチャーの記事を読む限りファン教授の釈明には随分疑わしいところが多いようです。
  20. Posted by 黒影 at 2005年11月17日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

stem cell
Excerpt: 幹細胞
Weblog: ぱふぅ家のホームページ
Tracked: 2005-12-26 17:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。