2008年03月31日

LTTバイオファーマの件

先日の「バイオベンチャーのやばい話」の続き。
とうとう経済以外の大手紙でもこのネタが取り上げられるようになって、酔うぞさんが取り上げていた。
メモがてらリンクしておく。

 
 
酔うぞの遠めがね: 数百億円を詐取?
酔うぞの遠めがね: 数百億円を詐取事件の続報
酔うぞの遠めがね: 数百億円を詐取事件・詐欺事件に
酔うぞの遠めがね: 数百億円を詐取事件・やっぱり
酔うぞの遠めがね: 数百億円詐欺事件・本当ならすごい

リーマンだました手口明らかに 丸紅偽造文書問題 - MSN産経ニュース
 大手総合商社「丸紅」の偽造文書などが悪用され、400億円以上の資金が焦げ付いている問題で、投資を募った医療コンサルタント「アスクレピオス」(東京都中央区、破産手続き中)側が、出資したリーマン・ブラザーズ側に、投資額のうち約50億円を一度償還して信用させていたことが31日、関係者の話で分かった。通帳の振込人欄に「マルベニ」と表示されるよう偽装し、本物の丸紅本社から振り込まれたと思わせていた。投資のプロ集団をだました手口の一端が明らかになった。
 関係者の話によると、アスクレ社は主な業務を病院再生ビジネスと説明し、経営不振の病院に、備品や医療器材の仕入れ先を変更させ、丸紅が安い価格で資材を一括納入することで、経営を再生させるなどと、投資計画を提案していた。
 リーマン側は昨年10〜11月、5回にわたり総額約400億円を出資。そのうち、初期に投資した1回分約50億円は約3カ月後に約束通り償還された。通帳には振込人として「マルベニ」とカタカナで表記され、丸紅本社から返済があったかのように装われていたという。しかし、残り350億円は未償還となっている。
 関係者によると、一連の出資交渉は昨年秋ごろから始まった。アスクレ社の前社長(46)や、親会社の医薬品研究開発「LTTバイオファーマ」(東京都港区)の前社長(34)、丸紅で医療関連事業を担当する「ライフケアビジネス部」の社員2人などが同席し、リーマン側担当者と協議。丸紅本社のライフケアビジネス部があるフロアの会議室が使われたほか、港区の六本木ヒルズ内にあるリーマン・ブラザーズのオフィスでも会合がもたれた。
 会合には、出資金を病院に配分する役割とされた建築設計コンサルタント会社社長(60)が同席したこともあり、「医療機器設置のために病室の改築が必要」などとプランを説明したという。
 さらに、丸紅のライフケアビジネス部部長の名刺を持った「謎の人物」も複数回同席。リーマン側はさらに慎重を期し、丸紅本社として決定したビジネスなのか確認するために、社内稟議書の閲覧を希望。本社決定であるかのような稟議書のコピーや、丸紅副社長の名前が入った文書を渡された。
 今月上旬になってこれらの不正が発覚。リーマン側が丸紅に問い合わせたところ、この部長も稟議書もビジネスのスキーム自体も偽物と判明した。

このネタを改めて眺めていて思うんだが、まるでクロサギを地で行くような話だよな。
ITバブルの頃もこの手の事件はかなり起きていたが、最近はもっぱらバイオ系の会社が喰われているようだ。
健康食品とか医療ビジネスの方面に顔を突っ込んだら、規模はもっと小さくても似たような話がいくらでも転がっている。


ところで、LTTの株価の値動きを見ていたら、先週末に5億近い金を突っ込んでドブさらいをしている物好きがいた。
ありゃ一体どこの誰だろう?
時間を置けば3万台くらいまでは戻すだろうから、投機対象としては確かに悪くないんだろうけれど、捌くのが大変そうだから私なら手控えるかな。
posted by 黒影 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。