2008年03月27日

ゲノム解析のコストが6万ドルまで下がった

まだ高級外車が買えてしまうような値段がかかるが、それでも大分個人の手が届く価格までゲノム解析のコストが下がってきた。数年前のワトソン博士のゲノム解析に100万ドル、ヒトゲノムプロジェクトでは1億ドルを軽く超えるコストがかかっていたことを思えば劇的な価格破壊である。

Genome is a snip at $60,000 - being-human - 25 March 2008 - New Scientist
WHEN the cost of sequencing a human genome gets down to the price of a family car, then the era of personalised genomics will truly be upon us. This was the prediction from James Watson, co-discoverer of the structure of DNA, in an interview with New Scientist (20 October 2007, p 58) last year.

Well, it's getting close. Last week, Applied Biosystems of Foster City, California, announced that it had sequenced the genome of a Nigerian man at a cost of less than $60,000, excluding labour. "We are committed to pushing the limits of this technology," says Shaf Yousaf of Applied Biosystems. "These prices will come down further in the next year or two."

アプライドバイオシステムズは自社で次世代シーケンサを開発しているので、おそらくそれを用いて解析を行った結果だろう。数年後には更なる価格破壊が見込まれると書かれているし、何よりその時期には第三世代のシーケンサが出てきて根本的に前提条件が変わっているはず。テーラーメード医療の時代は近いな。

◆参考記事
幻影随想: 次世代ゲノムシーケンサの本命は?
幻影随想: 1時間で1000億塩基解読可能な次世代シーケンサー
posted by 黒影 at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91121326
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。