2008年03月06日

ヒトのメトセラ(長寿)変異発見される?

国内ではまだどこのメディアも取り上げていないっぽいが、先日ヒトの長寿変異遺伝子が特定され、欧米方面では結構話題になっていた。
ハエやマウスでは既に特定されている表現形だが、やはりヒトにも存在したようだ。
'Long-life' genes found in 100-year-old humans - being-human - 03 March 2008 - New Scientist
"Methuselah" Mutation Linked to Longer Life: Scientific American
A type of gene mutation long known to extend the lives of worms, flies and mice also turns up in long-lived humans. Researchers found that among Ashkenazi Jews, those who survived past age 95 were much more likely than their peers to possess one of two similar mutations in the gene for insulinlike growth factor 1 receptor (IGF1R).

The mutations seem to make cells less responsive than normal to insulinlike growth factor 1 (IGF1), a key growth hormone secreted by the liver. In past studies, IGF1 disruption increased the life span of mice by 30 to 40 percent and delayed the onset of age-related diseases in the animals.

記事によると、この長寿を司る変異はインシュリン様成長因子受容体IGF1Rに起こった変異であり、同様の変異を持つマウスは寿命が30〜40%長くなることで知られている。
ヒトでもこの変異を持つ人は、100歳前後まで長生きする場合が多いようで、おそらく長寿変異と見て間違いなかろうと。
寿命を決める遺伝子の探究という点から見ても、非常に興味深い研究成果だと思う。


タグ:サイエンス
posted by 黒影 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。