2008年02月27日

アクセスが集中しすぎて開始早々ダウンしたEncyclopedia of Life

昨日紹介したEncyclopedia of Lifeだが、やたらと重いと思ったら
数百万PV/hの状態が五時間以上に渡って続き、ついにはサーバーがダウンしてしまったらしい。
多分世界中で私のようなサイエンスニュースウォッチャーが取り上げて、天然DDoS状態が発生したのだろう。
そういえば何年か前にも似たような事があったなあ。
科学ニュースが注目を集めるのはいいけれど、こういう思いもよらぬ副次効果は困る。

Life encyclopedia: too popular to live - Yahoo! News
WASHINGTON - The concept of a comprehensive encyclopedia of life on the Internet proved too popular. Its computers were overwhelmed and couldn't keep it alive when it debuted Tuesday.

The encyclopedia, which eventually will have more than 1 million pages devoted to different species of life on Earth, quickly crashed on its first day of a public unveiling, organizers said.

Scientists at the Encyclopedia of Life sought help from experts at Wikipedia for keeping their fledgling Web site going despite massive — and anticipated — interest. The site went back up Tuesday afternoon, but with expectations of more problems, although only temporary ones.

"We've been overwhelmed by traffic," encyclopedia founding chairman Jesse Ausubel said. "We're thrilled."
The encyclopedia's Web site logged 11.5 million hits over 5 1/2 hours, including two hours of down time, according to organizers.

昨日私の記事を読んで見に行ったのに見れなかったという方には申し訳ありませんでした。
おそらくアクセス数が落ち着くであろう週末あたりに、再度アクセスすることをお勧めします。

◆関連記事
幻影随想: 生命百科事典の本格稼働のお知らせ
幻影随想: Encyclopedia of Life ―生命百科事典の編纂が開始される―
posted by 黒影 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。