2005年09月25日

東大RNAi研究者の論文捏造事件に関して

直接は関連のない分野の話だったので色々調べていたら時期を逸してしまった感があるが
まあせっかく色々調べたので書き上げてしまおう。
 
 
 
サイエンスやネイチャーにも数多くの論文を投稿している東大の多比良先生の研究室から
論文データの捏造疑惑が起こったというのがそもそもの始まり。

海外のある研究者が論文中で再現性が取れねえぞと書き、
更に別の研究者は問題の論文を否定する研究結果を発表。
それによって一気に論文データの信憑性が疑われるようになった。

論文の信頼性に問題、遺伝子研究で生データなし…東大
 東京大学は13日、遺伝子研究で有名な同大教授らが2002年から04年にかけ、海外の権威ある科学誌で発表した4本の論文について、「実験結果の信頼性に問題がある」とする調査結果を発表した。

 論文はいずれも、研究の裏付けに不可欠な実験データや実験計画案などを記した書類がなく、同大は「実験が行われなかった可能性も否定できない」として、同教授に年度内に追試実験を提出するよう要請した。

疑惑の論文の筆頭著者は全て川崎氏という人物。
実験の生データが全部PCにしか入れてなく実験ノートが残っていないというのも大概だが、
PC廃棄したのでデータも残っていないというのはそりゃ嘘だろ。
最近は実験装置からPCへ直でデータを送ることも普通だから、生データをノートに記載していなかったというところまではまだ許せるとしても、そのデータをバックアップも取らずに捨てるというのは研究者としてありえない。
つかBTJのメルマガに書いてあった研究ノートに実験プロトコルすら記載されていなかったというのは本当か?


柳田先生の所他、数箇所のブログを巡ってみると、前からこの研究室の論文、
特にリボザイム関連の論文は疑わしいという話が流れていたようだ。
柳田充弘の休憩時間 Intermission for M. Yanagida:ふたつの論文の撤回
2003年の論文についてはすくなくとも二人の研究者が、結論とうまくあわない実験結果をもつにいたって、ひとりはメールでおかしいではないかと、質問をしていること、もうひとりは自分の論文のなかで2003年の論文の結論を支持できない結果があることを明記していたことでした。そうなると、2005年の続報はこのあたりをどのように踏まえたものだったのか。2005年の論文が出てからは多数の研究者が追試関係の実験をしたい旨の依頼をしたが、受け取ったものがまったく別物であることが判明してきたとのことでした。

ある大学院生の日記: ついに来たか
川崎さんですね。ついに来たかって感じ
続報を待つって感じなんだけど、発表したってことは限りなく黒って事だよな

あのHes1のNatureリトラクションで焦ったのか、一年後にNatureに怪しい論文を送ったのが決め手か
結果そのものは考えられていたストーリー通りで怪しくないんだけど、初歩的なマテメソのミスで訂正
で、Nature Geneticsで強力な反論論文の掲載と
他にも関係筋の話を聞く限り昔から助手さんの方は灰色だった模様で

5号館のつぶやき:ボスは論文ねつ造の共同責任者
 しかし、どんな理由があったにせよ、共同研究者としてあるいはもっと責任のある指導教員として共著になった論文にねつ造があったら共同正犯です。100歩譲って、ねつ造を見抜けなかったのだとしても、そのことはその分野の研究者としては失格を意味しますから、研究の世界からお引き取り願うしかありません。結果は同じだと思います。

*この先生のことについては、興味深い「チクリ」のコメントがここにあります。

 東大の委員会の調査の結果「生データを詳しく記した実験ノートがなく、調査委は『実験結果を裏付ける明確な生データの存在を確認できなかった』『実験結果の信頼性を確認するに至らない』と結論づけた」のなら、その時点で有罪確定で速やかに処分へと進むべきではないでしょうか。



日経バイオテクノロジーがまとめている東大側の調査報告書がこれ
東京大学工学系研究科調査委員会による記者会見資料(これまでの調査経過)
多比良和誠教授の公表したコメント
日本RNA学会会長から実験結果の再現性に関して調査依頼があった論文12編
今回の調査対象とした論文4編の内容の概略と日本RNA学会会長からの指摘事項の要約

ファーストオーサーの川崎氏の処分は間違いないとして、
ラボの責任者である多比良氏もまた監督責任と捏造を見抜けなかった責任を問われることは避けられないだろう。
日本のRNAi研究の第一人者の研究室がこんなしょうもない事件を起こすとはね…

この事件は日本のRNA研究全体の信用に関わる話だからRNA学会は必死になっているらしい。
何とか海外からやられる前に自分たちの手で片をつけようと頑張っているようだ。
まったくご愁傷様である。

RNA学会のみならず他の日本の研究者の信用を取り戻すためにも、
早急に白黒つけてもらいたいものだ。


で、この事件の関係者が作っているベンチャー会社が存在するんだが
株式会社iGENE(アイジーン):RNAiによる遺伝子機能の解明と創薬への挑戦
GenoFunction,inc
もろに多比良研の技術を使っているみたいだけど、これなんて今後どうするんだろうね。
posted by 黒影 at 00:35 | Comment(18) | TrackBack(2) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. > このsiRNA発現ベクターは東京大学の多比良和誠(たいら・かずなり)教授が考案,同社が昨春,東大の技術移転機関(TLO)から独占使用権を得た。社内でさらに磨きをかけ,昨夏以降,受託研究の営業を始めた。

    特許は出願日の関係でしかたがなく.....
    技術はもらってみたが使えないので、社内で開発し直しということ?
  2. Posted by at 2005年09月25日 07:15
  3. だといいんですけどね>技術はもらってみたが使えないので、社内で開発し直しということ?
    その続きのこの部分が本当かどうかどうも怪しいなと
    >「ある遺伝子の働きを止めようと従来技術で1年かかって試みても難しかったのが2週間でできた。何度試みてもだめだった疾患モデルマウスも作れた」と野沢厳(のざわ・いわお)社長は威力を話す。
  4. Posted by 黒影 at 2005年09月25日 14:46
  5. そこはウソでしょう。
  6. Posted by at 2005年09月25日 16:29
  7. あ、やっぱりそう思います?
  8. Posted by 黒影 at 2005年09月25日 17:31
  9. > ttp://blogs.yahoo.co.jp/inozawa1122/12328234.html
  10. Posted by at 2005年09月26日 14:46
  11. すみません、間違ってTBがついてしまいました。削除していただければ助かります。
    自分の記事で紹介させていただきたかったのですが。。。逆になってしまいました。
  12. Posted by bless at 2005年12月31日 10:27
  13. こんにちは。
    柳田ブログで述べられている「ふたつの論文」の話は、多比良研の話ではないと思います。
    (このブログでは「A博士から論文撤回のメールをもらった」と書いていますが、柳田氏が多比良氏からメールをもらうということがあり得ないのではないでしょうか。)
    http://www.nature.com/nature/journal/v437/n7061/full/nature04181.html
    A博士というのは、こちらに出てくるラストオーサーのことでしょう。筆頭著者が論文の撤回に同意しなかったという話も、このページに書いてありますね。

    それにしても、RNAiというのは捏造が起きやすい分野なんでしょうか。。
  14. Posted by nanoshi at 2006年01月23日 02:58
  15. はじめまして。

    柳田Blogの話がどこのものなのか謎だったのですが、これでよくわかりました。少なくとも文脈からして多比良研のものではないことが自明でしたから。

    笑うのは、月間FACTAという雑誌の編集長の阿部重夫氏が、柳田Blogの「ふたつの論文」=多比良研、A氏=多比良教授、撤回に応じない筆頭著者=川崎氏と断定してコメントと書いていますね。
    http://facta.co.jp/blog/archives/20060115000048.html

    今回の事件のあまりのひどさとは別に、マスコミが確認もせずBlog情報をそのまま信用し、かつ自分の都合のいいように間違って解釈する構図が見える好例だと思います。捏造の二重構造というのがツボにはまりました。

    話が横道にそれて失敬。

  16. Posted by SR91 at 2006年01月31日 06:52
  17. >nanoshiさん
    どうも勘違いしていたみたいですね。
    ご指摘ありがとうございます。

    RNAiに限らず最先端の分野というのは検証が難しいので、
    韓国の幹細胞騒動のようにどこでも起きうるということだと思います。
  18. Posted by 黒影 at 2006年02月08日 22:52
  19. ご存じかと思いますが、疑惑の研究室の出身者が留学先で
    した仕事でCELLに出ているようですが・・・。
    http://nanasisan.com/0nanasi/src/up4774.gif
    http://nanasisan.com/0nanasi/src/up4773.gif
    http://nanasisan.com/0nanasi/src/up4784.gif
    http://nanasisan.com/0nanasi/src/up4783.gif
  20. Posted by at 2006年04月15日 19:47
  21. 生物@2ch掲示板 「捏造、不正論文 総合スレ」にて、297氏が、コメント480番目で、名古屋市立大学医学研究科の岡嶋研二教授の研究室(展開医科学分野)に所属する原田直明氏が筆頭著者の論文について捏造が行われていることを報告する。
  22. Posted by 名古屋市立大学大学院医学研究科論文捏造 at 2011年02月26日 14:13
  23.  獨協医大(寺野彰学長)の内科系研究グループが研究不正や論文の二重投稿をしたと告発された問題で、同医大の第1回「研究者の不正行為にかかる調査委員会」(委員長・寺野学長)が9日開かれ、グループの主任教授と教授から告発内容をめぐり事情を聴いた。調査委側は、問題が指摘された異なる論文の実験データの一部と二重投稿したとされる論文の類似性を把握しており、引き続き両教授らから詳しく説明を求めるなどして不正の有無について判断する方針。
  24. Posted by 獨協医科大学内分泌代謝内科研究室における 論文捏造・二重投稿 at 2011年02月26日 14:14
  25. 三重大学大学院生物資源学研究科と、名古屋大学大学院生命農学研究科における論文捏造事件
  26. Posted by 三重大学+名古屋大学 論文捏造事件 at 2011年02月26日 14:15
  27. 2月15日までに捏造、不正論文 総合スレにて報告された捏造論文も合計すると、
    計10本の論文が捏造であることが明らかとなる。

    三重大学大学院生物資源学研究科と、名古屋大学大学院生命農学研究科における論文捏造事件
  28. Posted by 三重大学+名古屋大学 論文捏造事件 at 2011年02月26日 14:16
  29. 九州大学でも論文捏造疑惑が上がっています。
  30. Posted by 論文捏造 at 2011年03月23日 23:12
  31. 何かしらの研究不正防止のシステム構築が必要ですね。
  32. Posted by 論文捏造 at 2011年03月23日 23:13
  33. 世界中の研究者が注目している
    東京大学 分子細胞生物学研究所の論文不正・捏造・改ざん・コピペ疑惑問題
    http://blog.goo.ne.jp/bnsikato

    http://katolab-imagefraud.blogspot.com
  34. Posted by 東京大学 分子細胞生物学研究所の論文コピペ疑惑 at 2012年01月20日 00:41
  35. 1.PNASという三流科学誌に掲載された論文?(感想文と言った方が良いだろう)で大騒ぎして墓穴を掘った黒影くん、原菌株とCit+の個体のゲノム配列の比較、その解析結果を知っているのかな^^

    進化が現在進行形で行われているって^^いやしくも現役の分子生物学者にこんなお馬鹿な主張をされては、ため息を付くしかないよね。何度このお馬鹿なセンテンスに肩をすくめたことか^^
  36. Posted by 111 at 2012年01月20日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7281355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

クローン、胚に関する捏造ニュース
Excerpt: 韓国だけかと思ったら、東大も捏造していたらしいいですね。(別に東大や韓国をバッシングしたいわけではありません)ショックでした。 というのも、卒論で人胚に関するデータをあちこちから引用したからです。 ..
Weblog: 世界の中の日本
Tracked: 2005-12-31 10:15

モッカモッカとか。
Excerpt: 昨日は知り合いのつてでとある芸術家集団の方々との飲みに誘われる。 いい人ばかりでよかった。楽しかった。これからも仲良くしてくれるといいなぁ。 仲良くしてくれるかなー。 モッカモッカ「薬丸君と..
Weblog: Yawn haunts chivalry.
Tracked: 2006-01-15 22:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。