2005年08月16日

最近大きめの地震が相次いでいる件について

少し前に千葉で震度5の地震が起きたと思ったら今度は宮城で震度6か。
リンク先の図を見ると東日本一円が完全に影響範囲に含まれている。
幸い大きな被害は出ていないようだが、否が応にも大地震への警戒感を募らされるな。

宮城で震度6弱、けが人多数か
 16日午前11時46分ごろ、宮城県沖を震源とする強い地震があり、宮城県南部の川崎町で震度6弱、宮城県仙台市や石巻市、福島県相馬市などで震度5強を観測した。

 また、岩手県や茨城県の一部で震度5弱を観測したほか、東北から関東、東海地方の広い範囲で震度4を記録した。気象庁は午前11時50分、宮城県沿岸に津波注意報を発令した。

どうも最近地震が多い。プレートが活動期に入ったのでなければいいが。


posted by 黒影 at 14:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 最近多いですね、本当に。

    今回の地震で最も注目すべきは地震速報システムでしょう。
    何でもS波とP波の速度差を使い、規模から震源までを自動的に算出し、本格的に揺れ始める前に自動配信するシステムだとか。

    今回は僅かな時間だったようですが、地震が来る前に数十秒の時間が取れれば、火を消して机の下に飛び込むぐらいは出来るでしょうから、防災上かなりの効果が見込めます。

    尤も自分のように、寝汚くて震度5弱でもぐ〜すか寝こけているような人間でない限りは・・・
  2. Posted by 佐倉河 at 2005年08月17日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。