2007年09月22日

スラッシュドットでマイナスイオン裁判の一件が取り上げられる

スラッシュドットは集まる人の規模が半端でないので、情報の集まりもいい。
2ch並みのカオスだから素人にはお勧めしないけど。
久しぶりにはてなブックマークの[疑似科学]タグを辿っていたらこんな記事を発見した。
スラッシュドット ジャパン | お茶の水大、「ニセ科学批判」がらみで提訴される

このブログでも以前に取り上げた「マイナスイオン裁判」の一件が記事になったようだ。
 
 
 
記事内容は「こんなことが起こってますよ」というマイナスイオン裁判の紹介と、
原告側がこんなことやってますよというリンク紹介。
あとコメント欄にapjさん本人が降臨している。

この原告側のアクションの紹介が個人的に一番ウケタので、このブログでも紹介してみる。
遠赤外線応用研究会:第104回定例会フォーラム
波動やマイナスイオン、機能水などを「ニセ科学」と決めつけていいのか
〜本物とニセ科学の境界を考える〜

 最近「ニセ科学」と決めつけて、波動やマイナスイオンを批判する学者が目に付きます。学者の知識と経験だけで、将来性が多いに見込める日本の技術を否定しています。しかも、批判者同士がつるんで仲良しクラブを形成しています。ブログ上での批判も許し難いですが、さらに市民講座なるものを通じて大衆を引きずり込もうと必死です。なぜ、そこまでやるのか、公費を使って何を考えているのかさっぱり理解できません。
 この現状を踏まえて、ある企業グループは損害賠償と名誉毀損で訴訟の準備をしています。とても悲しいことですが、企業の怒りは大きいようです。
 「ニセ科学」と言わせないためにも意義あるフォーラムにしたいと考えます。

>将来性が多いに見込める日本の技術
という行には正直開いた口がふさがらなかった。
まあ下で書いたように主催者がアレなんでむべなるかなという感じだが。
続く「批判者同士がつるんで仲良しクラブを〜」の行には思わず失笑。

タイトルと演者の一人がマイナスイオン裁判の当事者である吉岡氏だという点を見れば、このセミナーがどういう性質のものかは明白だ。
あいにくすでに終わっているようだが、どこかに潜入レポートとか転がってないだろうか?
個人的には参加者リストがものすごく欲しい。


このセミナーの司会進行役であり、遠赤外線応用研究会の主催者でもある江川芳信氏の経歴を見れば、この研究会が「ト」に染まっていることに何の疑問も浮かばないだろう。もう一つのウォーターサイエンス研究会の方はもっとあからさまだしな。
そのうち暇を見て研究会参加者の紳士録でも作ってやろうか。
健康本の世界:江川芳信
1940年、大阪府生まれ。63年、大阪工業大学機械工学科卒業。三機工業(株)を経て、73年、日本フィーダー工業(現、(株)タクナミ)入社。技術部長、大阪支店長、製造部長などを歴任。88年11月、遠赤外線応用研究会を設立、専務理事就任。90年、ウォーターサイエンス研究会を設立、理事長就任。2002年、イオン情報センターを設立、所長に就任し現在に至る。日本機能性イオン協会理事、同出版委員会委員長。
著書に『ここまできた遠赤外線』(人間と歴史社)、『ウォータービジネス最前線』(ティーアイシー)、『見えてきた水ビジネス』(星雲社)、『機能水の科学と利用技術』(ウォーターサイエンス研究会)、『実用遠赤外線』(共著、人間と歴史社)など多数。


この記事へのコメント
  1. 御本尊吉岡氏から参加レポが出ていたのでメモ。

    水の活性
    http://www.minusionwater.com/hihan8.htm

    浅田敏勝氏が思った以上にトンデモだったので思わず噴き出した。
  2. Posted by 黒影 at 2007年09月23日 00:23
  3. >あとコメント欄にapjさん本人が降臨している。

    というか、そもそものタレコミ自体、

    >apj 曰く、

    と、ご本人なわけですが。
  4. Posted by Seagul-X at 2007年09月25日 12:34
  5. >Seagul-Xさん
    何やら勘違いした人が向こうに結構いるみたいですが、それ誤解ですよ。
    apjさん本人がkikulogで否定するコメントを書いていました。

    http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1182740906#CID1190296902
    >157. apj — September 20, 2007 @23:01:42
    >
    >>Acanthopanaxさんってapjさん?
    > 違います。オフィシャルには、私は常にapjで通しています。
    >
    >#完全に趣味のプライベートの方では、全く違う名前で出ていますが、両者を混ぜたりすること一切はしていません。見ているところも出没しているところも完全に別で、ダブハンになるおそれは今のところありませんし。
  6. Posted by 黒影 at 2007年09月25日 21:11
  7.  ネットをめぐる名誉毀損訴訟で、名誉毀損をしたハズの人をわざとに外して提訴するというのは普通と逆パターンで、かなり斬新だと思ったのでたれ込みました・。
     あと、大学からの情報発信のグレーな部分で、責任の振り分けについて確定判決が出れば、それは今後にも影響するので、その意味でも面白いかな、と。
     民訴法マニア的には、独立当事者参加の裁判例を追加できるかどうかという(ゆくゆくは民訴の教科書に出てくれないかな的)面白さがあるんですけど、これがわかる人は私の周りでは今のところ、知り合いのローの教員と弁護士だけだったり^^;)。
  8. Posted by apj at 2007年09月25日 21:43
  9. >apjさん
    ああ、勘違いしてたのは私でしたか。
    Acanthopanaxさんのタレこみだと思い込んでました。
    大変失礼しました>Seagul-Xさん
  10. Posted by 黒影 at 2007年09月25日 22:17
  11. >大変失礼しました>Seagul-Xさん

    いえいえ。私も最初は疑ったんです。記事のタイトルが「提訴される」ですけど、提訴の話だけならもっと早い時期にあがってくると思ったので。
    ですが、内容を読んでタレコミの本当の意図に納得、文体もどこかのふまのひとなどには書けそうにないちゃんとしたものだったので、ご本人だと判断しました。
  12. Posted by Seagul-X at 2007年09月26日 12:41
  13. Seagul-Xさん、
     最初から被告になってれば、提訴の段階でたれ込んでました。
     ところが、訴えられたのが大学のみでして、その段階でたれ込んだとしても原告の一方的な宣伝(=スローガンめいたもの)しか無い状態では、議論しようが無い状態だったんですね。2回目の口頭弁論でやっと当面は当事者として動けるようになり、訴訟資料も手に入ったんです。それでも、原告がどういうつもりかわからず、様子を見てたんですよ。でも、原告の講演の宣伝を見て、目的外訴訟であることがはっきりしてきたので、スラッシュドット的にもネット上の表現をめぐるヘンテコ訴訟ということで多少は意味があるかな、と判断しました。
     訴訟資料はhttp://www.i-foe.org/h19wa1493/index.htmlに置いてます。掲示板の印刷物が出てきたりするんだけど、掲示板のヘッダやらツリーやらは、どんどん変わるので、まったく同じものを再現するのが難しかったりするんですが、必要な部分はきちんと掲載し、その旨注意書きも入れています。
     民事訴訟の実務は、弁論の内容を書いた準備書面と証拠書類をお互い前もって交換し、弁論当日は、「準備書面の通り陳述します」でほとんど終わります。だから、聞いていても何が行われているかはさっぱりわからないのが普通です。あとは、裁判官の訴訟指揮があって、追加で何か言うことがあればちょこっとだけ説明する。だから、1回の弁論は五分程度で全部終了、十分を越えるようなら、裁判所の大サービスという感じです。まあ、傍聴人が多い時は裁判所も多少サービスが良くなって、弁論のまとめを口頭で簡単に説明する時間がもらえることもあります。こんなわけで、どういう内容の訴訟かを知るには、書面を読むしかないんですよ。

     どうも、原告は訴えたこと自体を宣伝したがっているようなので、私の方から弁論がどうなっているかという一次資料を出しておかないと、間違ったイメージが広がりそうです。
    ところで、以前に、原告はお茶の水大にクレームを送って、大学とのやりとりを全部公開するとウェブでは宣言しておきながら、結局やらなかったという前歴があるので、今回も、訴訟資料が全部出てくることは期待できないですし。
  14. Posted by apj at 2007年09月28日 01:20
  15. 日本フィーダー工業の現名称は「タクミナ」のはずですが。
  16. Posted by すぎむし at 2007年10月01日 22:12
  17. >すぎむしさん
    確かに間違ってますね。
    健康本の世界さんの誤記みたいです。
  18. Posted by 黒影 at 2007年10月08日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。