2005年07月31日

思わず苦笑した話−100匹目のサルの町−

以前このブログでも取り上げた100匹目のサルだが、こんなものを作っちゃった恥ずかしい町が(苦笑)
百匹目の猿現象 発祥の地 記念碑
Via 愛・蔵太の気ままな日記

こりゃ確かにびっくりだ。というかあきれた。
ある意味面白い観光名所かもしれない。
 
 
100匹目のサルの話を本気で信じてるんだとしたら痛いなあ。
参照:100匹目のサルの嘘

◆関連エントリ
100匹目のサルの嘘
思わず苦笑した話−100匹目のサルの町−
100匹目のサルの町・続報
「100匹目のサルのウソ」はいかにして暴かれたか
100匹目のサル・閑話休題 ―2つの100サル物語―
幸島のサルのデータを読む

忘却からの帰還: 「百匹目の猿」の嘘を暴いた"The Hundredth Monkey Phenomenon"by Ron Amundson
忘却からの帰還: 「百匹目の猿」の原論文には百匹目の猿はいない
この記事へのコメント
  1. はじめまして。
    巡りに巡ってここにたどり着きました。自分は某大学で分子生物学を専攻している大学院生です。科学的なバックボーンを持って記事を書いていらっしゃるようなので大変興味深く読ませて頂きました。たまに顔を出すかもしれませんがよろしくお願いします。
    で、この記事へのコメントですが…、自分の生まれ故郷です(正確には別の町ですが)。多分、作った人は本気で信じていると思います。そうでないことを祈るばかりです。そう言う自分も中高生のときはこの説を信じていた気がします。科学的根拠を除けばなかなか面白く、夢のある説だとは思いますが。
    それでは。
  2. Posted by japonicus at 2005年08月04日 13:03
  3. >【ワシントン3日共同】ブッシュ米大統領が、進化論に異を唱えるキリスト教右派の主張に同意し、公立学校の授業で進化論以外の考えも示すべきだと発言、波紋を広げている。

    だそうで。
    このキリスト教右派の主張がID理論らしいです。

    まぁ両論併記なら悪い方法でもないかもしれません。
    が、ハイスクール以前の段階では、その両論についてさほど突っ込んだ事を教えるわけでも無いでしょうから、信仰にからめて印象に訴える力が強いID理論へ傾倒する高校生が増えそうですね。
  4. Posted by 佐倉河 at 2005年08月04日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

100匹目のサルの町・続報
Excerpt: 以前このブログでは「100匹目のサル現象」というのがまったくの与太話であることを取り上げた。 ・100匹目のサルの嘘 その後この話の発祥地である串間町に「100匹目のサル」の記念碑が作られており、 ..
Weblog: 幻影随想
Tracked: 2005-08-25 00:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。