2005年07月06日

ディープインパクト計画、NASAのサーバーにも「ディープ・インパクト」

彗星衝突で NASA サイトに記録的アクセス
彗星探査機『Deep Impact』の発射した衝突体が、テンペル第1彗星に見事命中するさまは、それを報じた 米航空宇宙局 (NASA) の Web サイトに爆発的なトラフィックをもたらした。ニューヨークのマンハッタン地区の半分ほどの大きさの彗星に高速で 激突 した衝突体の終焉は、約8000万のページビューを生んだ。

「まったく桁外れだ。まちがいなく記録的な1日だった」と、NASA のインターネットサービス担当マネージャ Brian Dunbar 氏は取材に対して語った。同氏によれば、これまでのトラフィック記録は、2004年に探査機が火星に着陸した際の3000万ページビューだったという。

ディープインパクトのページはトップページだけでもHTMLと画像合わせて260KBもあります。
×8000万=転送量は20TBオーバー
とてつもないトラフィック量ですね。

俄かファンも含めて何千万もの天文ファンがNASAのサイトを見に押し寄せたということでしょうか。
予期せぬ形の「ディープ・インパクト」ですね(笑)
posted by 黒影 at 15:13 | Comment(1) | TrackBack(1) | 宇宙開発・天文ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 思わぬ「インパクト」ですね^^

    そーいえば、何処か(ロシアだっけかな)の占い師がディープインパクトのせいで星の動きが変わり世界の運命が変わってしまった ということで訴訟をおこしたというニュースを見かけました。

    この占い師にも「ディープインパクト」だったんでしょうねぇー
  2. Posted by hiro at 2005年07月07日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【彗星衝突】NASA・アクセス約10億
Excerpt:  2005年7月4日1時52分にアメリカ航空宇宙局(NASA) がWEBに掲載した2005年1月12日に打上げた彗星探査機【Deep Impact】から発射した約370kgの衝突体がテンペル第1彗..
Weblog: 鳥の囀り
Tracked: 2005-07-06 19:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。