2005年07月03日

ラエリアン的インテリジェント・デザイン理論

今日はちょっとラエリアンのインテリジェント・デザイン理論でも扱ってみようかと。
ラエリアンはこんな主張をしている。 
 
 
どうも日本支部のサーバーが落ちているようなのでGoogleのキャッシュから
「ラエリアンはインテリジェント・デザインを擁護する無神論者たちであり、自分たちの人生を科学と合理性に捧げています。偏見を持たずに、批判的に考え、科学的厳しさを持って全ての理論に異議を唱えるように学生達を訓練し教育することが、一つの方針となるべきです。 インテリジェント・デザインは、超自然的神による創造という意味ではありません。インテリジェント・デザイン(ID理論)を超自然的な創造と同じに考えるという誤解が広く行き渡っています。」
<中略>
世界中の数多くの科学者達が、新しい合成物を作るためや、新しい仕事を行うためや、単に最小の機能で存在するためにデザインされた新しい生命形態を造り出しています。これこそまさに生命のインテリジェント・デザインなのです。DNA分子の構造が発見されてから、たった50年で科学者達が生命をデザインし始めているのなら、地球上の生命が地球外の科学者達によるインテリジェント・デザインの結果だとはなぜ考えられないのでしょうか!?
インテリジェント・デザインは正当な科学理論です!

なんというかすごいご都合主義の文章だなあと。
インテリジェント・デザインというのは元々宗教右派が生命の誕生や進化への神の介在を主張しようとして持ち出してきた理論なんだが、ラエリアンはこれを換骨奪胎して
「ラエリアンはインテリジェント・デザインを擁護する無神論者」
「インテリジェント・デザインは、超自然的神による創造という意味ではありません。インテリジェント・デザイン(ID理論)を超自然的な創造と同じに考えるという誤解が広く行き渡っています。」なんて言ってのけている。
どちらも認めたがらないだろうが、「神」が「宇宙人」に入れ替わっただけで
実は有神論者のID理論もラエリアン達のそれも中身には大差ない。
むしろこんな主張をしている分ラエリアン達のトンデモ度のほうが上かもしれない。
 エロヒムの科学者と芸術家たち(左)は、まだ生命の存在していなかった25000年前の地球を訪れ、dnaを科学的に合成して、様々な生命創造の実験を行いました。最初は単純な生命から次第に複雑な生命へと進み、最後に”彼らの姿に似せて”われわれ地球人を創ったのです。

 当初、エロヒムは地球人とともに住んでいたようですが、地球人の成長のため、初歩的な生存方法のみを教えて、やがてエロヒムは惑星の外から地球を見守るようになりました。やがて地球人は科学を発達させましたが、エロヒムの惑星政府は、地球人が科学的に自立した人間になることを危険視し、核爆弾で地球のすべてを破壊するよう命じました。それを知った一部のエロヒムの科学者らは地球人ノアにすべての生物のオスとメスの細胞を集めさせ、ロケットで宇宙へ脱出させました。核爆発で大洪水が起こり、大陸は分裂しました。これが大洪水伝説とノアの箱舟の真相なのです。

 ところがその後、エロヒムの惑星の考古学の発見により、エロヒム自身も以前ある異星人に創造されたことがわかったのです。そのため、今後決して人類を破壊することなく、その進歩をただ見守ることにしたのです。
「真実を告げる書」より


彼等の主張をきちんと読んだのは実はこれが初めてで、てっきり「宇宙人が40億年前の地球に生命の種を播いた」という感じのパンスペルミア仮説の変形みたいなものか、その後もちょくちょく進化に干渉しているのだという感じの中身かと思っていた。
まさかここまでカルト全開だとはさすがに意表を突かれたよ。
ラエリアンの主張って創造論者の主張と大差なかったのか。
これならまだ非ラエリアンのID理論の方がましだ。

「神とは宇宙人のことだったんだよ!」

「な、なんだってー!?」

などとMMR的なギャグでも飛ばさないと到底やってられん。


ID論者でもラエリアンでもどちらでもいいんだが
こういう説を信奉する人ってそもそもの生命の大元はどこから来たと考えているのだろうか?
パンスペルミアにしろ異星人にしろ必ずどこかで無生物から生物が誕生する機会が必要であり、
それが高度な知的生命体にまで進化したり、地球まで到達しないといけない。
ラエリアンやID論者のように
「生命が無生物から勝手に誕生したなんて信じられない」
「人間のように高度な生物まで勝手に進化したなんて信じられない」
と主張する人間はそこで自己矛盾に陥るわけなんだが。

ラエリアンはこんなことを言っているが、
これが自分たちの主張をも否定する内容だということに気がついていないのだろうか?
 稲光と単純なアミン分子から始まって、でたらめの偶然によって50億年で脳と知性を持ち、見ることと聞くことができる非常に複雑な生命体が生まれる統計学上の可能性を測定してください。


生命の起源の話についてはWikiの説明がよく出来ているので
興味がある人は一度読んでみるといいだろう。
生命の起源 - Wikipedia


ついでにラエリアンがID理論を支持する論文だといっているものをリンク。
また暇が出来たら読んでみようと思う。
CSC - The Origin of Biological Information and the Higher Taxonomic Categories


この記事へのコメント
  1. まあ地球外生命が地球に生命の種を蒔いたかもしれないというのは十分に科学的に成り立つ仮説かと思います。思いますが、その片方で「人間のように複雑な動物が自然に進化したなんて信じられない」程度の理由で進化論を却下しちゃうのは果たして科学的な態度かどうか…。

    とはいえ、その仮説を立証することはかなり困難でしょうし、なんせラエリアンの人たちは反証可能性を認めてないんですよね。反証を認めない態度は科学的な態度とは真っ向から対立します。

    スタートレックの世界でははるか昔に生命の種をあちこちの星系の惑星に蒔いた者がいるということになってますがw だから別の惑星で進化した異種同士でも子供を設けることができるのだという一応の説明になってました。ちなみに有名なスポックは地球人とバルカン人との混血です。種を蒔いた者を探す話はおもしろい話でしたけどねえ、作り話ですしw 一応お話は科学的っぽく証拠を積み重ねていく形で進んでいきます。

    別に超越者を仮定しなくてもミラーの実験から連なる生命が自然発生したという仮説にも説得力があると思いますし、黒影さんが指摘されたようにじゃあその超越者はどこからきたの? ってことになりますよね。
  2. Posted by p at 2005年07月04日 00:16
  3. 24000年前にってのはC14で年代を精査出来るのがそこらへんだからかな?
    実用上は5〜6万年まで計れるみたいですが。

    で、石炭や石油は2万年かそこらで地層の中に形成されたってことでいいんですかねぇ。
    大理石や琥珀の中の化石も。

    というかプレートを動かす程の核爆発ってな何ギガトン必要なんでしょうね〜
    そしてその放射性物質の残滓が地層の中にも無いのは、やっぱコスモクリーナーを持ってるイス○ンダル星人がエロヒムだったのかなw
  4. Posted by 佐倉河 at 2005年07月04日 12:53
  5.  ラエリアン。。。fj.*生まれの私としては、ラエリアン、エロヒム、とくるとアイリーン・レークス荒川○子さんがあらゆるnewsgroupにばらまいてくれた記事が最初に思い浮かびます。

    #まーその時点で既に「元」ラエリアンだったそうで、
    #なにやら更にワケのわからない世界を構築されてい
    #たようですが、基本的な世界観はラエリアンそのも
    #のでした。<当時

     なんというか、生まれて初めて目にした「生電波」の衝撃でした。(w

     その後、例のクローン騒ぎで巷に「ラエリアン」の名前が出てきて、その組織規模の大きさにひっくり返りそうになったのでした。いや、あんな愚にも付かない「ムー」の文通欄そのままみたいなモノが、あんな規模の巨大カルトであったとは思いもよらんかったのです。(--;;;;

     というわけで個人的には、「似非科学ですらない単なる電波カルト」という認識しかないです。トンデモというレベルにすら到達できていない単なる妄想集団というか。。。
  6. Posted by Indigo at 2005年07月04日 20:11
  7. fjでは否定的な返事があっても全部スルーでしたね。>アイリーンさん
    でも僕が見る限り一度だけ返事したことがあって、なんかエッチなネタに対してお怒りの返事をしてました。
    ラエリアンやめたのもそのへん関係あったんだっけか?

    あと、アイリーンさん、1999年に世界が破滅しなかったらヘアヌード写真集出すとか言ってたようですが、出したんでしょうか?

    いや、別に見たくないですけど…
  8. Posted by rna at 2005年07月06日 11:12
  9. 隠れラエリアンのZAZANです。
    グーグルでラエリアン、矛盾でヒットして来ました。
    生命の大元の起源ですが、
    ヤーウェでありアラーと言う人は
    「時間と空間は無限であり、物質には初めもおわりもありません、あなたもご存知でしょうが「何も失われることなく、なにも創造されることなく、すべてのものはその形を変えられていく」のですから」
    と言ってます。質量保存の法則?
    彼らもまた誰かに創造され、その彼らも創造された。そして地球人も創造してその鎖は無限につづく。との説明をうけてそれもアリかな、と
    無限小と無限大、ごうがしゃあそうぎ、むりょうたいすう。なんてケタ使うことはありえんだろう、と思っていましたが、ここでつかうんですね。
    一連のクローン騒動で彼らのメッセージが有名になってありがたいです。知った上で信じる信じないは本人の責任になりますからね。
  10. Posted by ZAZAN at 2005年07月14日 23:16
  11. 何が正しいかなんて誰にもわからない。知的生命体以前に、宇宙はどうやって出来たの?ビッグバン!?(爆)じゃあその元になった材料はどこから来たの?
  12. Posted by パエリアン・マダムヤン・オテモヤン at 2005年08月04日 17:55
  13. 最初の生命体の発現は進化論者は説明できてないし、海から自然に発生したとか言っておりますが、それは間違いでしょう。山の中から東京タワーが自然に発生するぐらいの「奇跡」を進化論者は信じておられるのでしょうか?何者かが創造されたと考えるほうがずっと自然です。
  14. Posted by at 2005年11月27日 15:54
  15. ↑のコメントの人
    http://blackshadow.seesaa.net/article/4226935.html#comment
    このコメント欄の「Posted by 初書き込み at 2005年11月23日 13:12
    」と同じ人ですね。
    リンク先にも返事を書いてありますので併せてご覧下さい。

    以前のコメントへの返事でも書きましたが、あなたが何を信じようと勝手ですが証拠もなく主張をされてもそれは決して科学的に正しいとは言えないのです。
    まず「証拠」がいるのです。それを理解してください。

    進化についていえばそれが起こっていることは化石、観察データ、実験データ、DNAと様々な証拠が揃っており「神の手」無しにも生物が進化することには疑いありません。
    科学者が生命の発生について慎重なのは、得られる情報が少なく確かなことを言うにはデータが足りないからです。
    決して何も説明できないわけではありませんよ。

    あなたも創造論を主張したいのであれば"God of the Gaps"(科学の隙間、手の及んでいない場所で神を主張すること)で満足していないで、積極的にそれを証明してみてください。
    科学にけちをつけてみても、それはあなたの主張を強化することにはなりませんよ?
  16. Posted by 黒影 at 2005年11月27日 23:57
  17. 今この瞬間にも、勝手に進化する、インフルエンザや耐性結核菌やMRSA etc.に悩まされてるのに...。
    コレも、宇宙人もしくは神様の仕業なのだろうか?
  18. Posted by take at 2005年11月29日 23:29
  19. Posted by at 2005年12月30日 10:58
  20. 原作・光瀬龍 作画・萩尾望都の
    「百億の昼と千億の夜」を英訳してアメリカに輸出してあげましょう。

    この作品でも、ID理論と同じように何者かによって生命が作られた事になっていますが、
    イエスは文明を廃頽させる役柄になっております。
  21. Posted by アシュラ at 2006年09月01日 14:48
  22. よせてはかえし よせてはかえし かえしてはまたよせるなみの ・・・ というフレーズを使わなかったところが萩尾望都さんの良いところですかね

    みなさん ご心配なく 誰もあなたの説を否定したりしてませんから ただ惜しむらくは

    自説が科学的に証明できてない 

    ということではないでしょうか
  23. Posted by okuda at 2006年09月03日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

インテリジェントデザイン Intelligent Design
Excerpt: 25日の日記 起床9時20分。寝すぎた。朝食は林檎1個、ヨーグルト。昼食は近くのお気に入りラーメン屋で醤油ラーメンと三色丼(チャーシュー、メンマ、味玉子入り)。夕食はご飯、納豆、味噌汁、白菜と桜..
Weblog: ♪四畳半シンガーあべちゃんの歌日記
Tracked: 2005-11-26 03:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。