2005年06月28日

100匹目のサルの嘘

100匹目のサルという話を聞いたことがあるだろうか?
ライアル・ワトソンが著書「生命潮流」の中で取り上げた、
「瀬戸内のある小島で一匹のサルがイモを洗う習慣を身に付け、それが集団内に広まっていくと
ある閾値を超えた次の日には群れ全体がイモを洗うようになっていた。」
「さらにはまったく交流がないはずの他の島までこの文化が伝播した。」
といういかにもあれげな主張だ。

当然ながらこの話は真実どころかデタラメもいいところなのだが
ニューエイジ的な夢を見る人には堪らない主張だったらしく、一時は一世を風靡した感がある。
 
 
 
さて、それではまずこのリンク先の文章を読んで頂こう。
幸島でサルの研究を行ってきた京都大学霊長類研究所所長の河合教授のコメントが載っている。
僕のおしゃべり 01.05.15 Vol.19 百匹目のサル
「あれはライアル・ワトソンの作り話。そんな話は聞いたことがなかった」

「彼が百匹目のサルというテレパシー的な現象があるというから注目を集めたんですよ。そこが彼のカリスマ的なところでしょう。その話が面白いから他の人も使いたがる。百人の人が信じたら世界は変わるって言ったら宗教家はみんなその話したがるでしょうなぁ。世界同時革命とイモ洗いはおんなじ。ある閾値を越えたらみんなパーッて変わるって言ったらカッコいいですしなぁ」(笑)

まあ結論からいうとライアルの作り話、真っ赤な嘘だったと言うことだ。

これだけでは「この河合教授が自分に都合の悪い事実をなかったことにしているのだ」と主張する人が現れかねないので、ライアル本人が既に作り話を認めているということをさらに追記しておく必要があるだろう。
Amazon.co.jp: ついに 【百匹目のサル】 の真相が判った!!
このリンク先で紹介されている本にライアルの言い訳が載っている。
英語ができるなら1112辺りを、ダメでも10を読めばいい。
(それでも信じるんだというカルトの域に達しちゃった人も多いようだが)

つまりは事実無根の与太だったと。
結局人は自分が信じたい物を信じるということなのだろう。
「ある閾値を超えて何かが広まればそれは地球をも動かす」という夢はそれだけ魅力的らしい。



この100匹目のサルの話を信じるメンタリティというのは
前エントリで取り上げた「水からの伝言」を信じるメンタリティと非常に近い。
そしてそれは容易に疑似科学詐欺にひっかかるメンタリティだ。
(というかこの問題教師100匹目のサルもまともに信じてる_| ̄|○)


義務教育の教師も含めて教育界の科学リテラシーがもうちょっと何とかならんかと思う今日この頃。


◆続き
思わず苦笑した話
100匹目のサルの町・続報
この記事へのコメント
  1.  微妙にずれた話題なのですが、新しく書いている余裕がないので、とりあえずと言うことでTBさせていただきました。
     100匹目のサル、竹内久美子、波動、TOSS、水商売などの底を流れる似非ながらも科学を信奉する態度はどこかで断ち切らないと、とんでもないところまで行ってしまいそうで恐ろしく思います。
  2. Posted by 5号館のつぶやきおやじ at 2005年06月28日 23:20
  3. >5号館のつぶやきおやじさん
    TBありがとうございます。
    「疑似科学をいかに見抜き、排除するか」というテーマはサイエンスライター講座でも大きなポイントになりそうですね。


    関連情報のあるサイトを一つメモ
    ライアルが捏造の下敷きにした河合氏の論文名が書いてあります。
    http://www.geocities.jp/wakashimu/yota/saru.html
    >それにしても100サルについては引用文献を明らかにしているのはどうしたことだろう。結果として、実際に一次文献にあたった者達により、ワトソンは事実をアレンジしまくって捏造しているとばれてしまったのだ。まさか一次文献をあたる者がいるはずない。などとたかをくくったか、もしくはこれほど話題になるはずないなどとでも思ったのであろうか。

  4. Posted by 黒影 at 2005年06月29日 00:29
  5. 愛・蔵太さんもお猿について記事書かれてますね。
    http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20040421#p1
    タイミングよく?安斎育郎氏が岩波新書で「だます心だまされる心」って出してますね。
    問題教師に是非すすめたいですねえ。
  6. Posted by 魚類一号 at 2005年06月29日 23:51
  7. >魚類一号さん
    おお、愛・蔵太さんもこれに関する記事を書かれていたんですね。
    さすがによく情報がまとまっていてとてもわかりやすいです。
    教えてくださってどうもありがとうございます。
  8. Posted by 黒影 at 2005年06月30日 02:10
  9. アタシは子供の頃、100匹目のサルのテレパシーを信じていました。

    騙されていたのね!
  10. Posted by koneko04 at 2005年07月31日 14:14
  11. アタシは子供の頃、100匹目のサルのテレパシーを信じていました。

    騙されていたのね!
  12. Posted by koneko04 at 2005年07月31日 14:14
  13. 「グリセリンがある日突然結晶化しはじめた」
    っていうのも、与太話なんですか?
  14. Posted by そういえば思い出した at 2005年08月04日 18:22
  15. >そういえば思い出したさん
    http://www.geocities.jp/wakashimu/yota/guriserin.html
  16. Posted by 黒影 at 2005年08月24日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

竹内久美子の「ズバリ、答えましょう」(脱力)
Excerpt:  余丁町さんのところで「「お世継ぎ問題、男系の男子でつなぐのには重大な意味がある」(竹内久美子)」というエントリーが出てしまいました。竹内さんという人はもともと問題の多い人ですが、生物学者を代表して話..
Weblog: 5号館のつぶやき
Tracked: 2005-06-28 23:14

100匹目のレッサーパンダ
Excerpt: 「100匹目のサル」という伝説がある。 瀬戸内のある小島で一匹のサルがイモを洗う
Weblog: セキュリティ&コンサドーレ札幌
Tracked: 2005-06-29 22:46

100匹目のサルの町・続報
Excerpt: 以前このブログでは「100匹目のサル現象」というのがまったくの与太話であることを取り上げた。 ・100匹目のサルの嘘 その後この話の発祥地である串間町に「100匹目のサル」の記念碑が作られており、 ..
Weblog: 幻影随想
Tracked: 2005-08-25 00:47

もう恋なんてしないなんて
Excerpt: 「みんなが恋の成就を願えば、きっと恋はかなう」 ある大学生が同級生に片思いしてたときの話。 「みんなが恋の成就を願えば・・・」のバックボーンは「100匹目の猿」。 >>「瀬戸..
Weblog: すぐそこはインターチェンジ
Tracked: 2005-10-30 00:54


Excerpt: オノヨーコのクリスマスメッセージ
Weblog: TOSHIBOU1971
Tracked: 2005-12-31 13:39

"You can change the world" ? (13) :「今事記」(1)
Excerpt: 「かものはしプロジェクト」が一時事務所を置いた「永福庵」の「庵主」でもあった藤沢烈「株式会社RCF」代表取締役社長のブログを取り上げるにあたり、紹介されている何冊かを読んでみようかと思ったが、やめた。..
Weblog: かものはしのまるやき カルトの培地としてのNGO/NPO
Tracked: 2008-03-02 20:26

[思想・哲学・心理学][オカルト][歴史修正主義]世界は中二病パンデミック
Excerpt: 中二病に集団感染 もんのすごくアタリマエのことにゃんが 僕にとっては僕という存在は唯一無二の特別なものですにゃ。これは誰にとっても同じことで、自分という存在は誰にとっても特別なものですよにゃ。 で、..
Weblog: 地下生活者の手遊び
Tracked: 2008-08-11 01:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。