2005年05月15日

人類の足跡

以前『暗礁に乗り上げるヒトDNAデータベース構築計画』という記事で
遺伝子による人類の起源と移動経路を調べる取り組みを取り上げたが
早くも調査の結果が出始めている模様だ。

現生人類、6万数千年前にアジアで急速に拡散(読売)

記事中ではインドに66000年前、オーストラリアに63000年前に到達と書いてあるので
ジェノグラフィックプロジェクト人類の旅の地図に書かれているデータよりもやや遡るのか。
日本でも確か7万年近く前の遺跡があったはずなのでまだ遡れそうな気がする。 
 
 
関連情報のメモ
出アフリカは海岸ルートで
Out of Africa, By Coast

新たに実施された2件の遺伝学的研究により、初めて東アフリカを出てアジアへと移り住んだ現生人類は、中東地域を横断したとする従来の説とは異なり、海岸沿いのルートを取った可能性が示唆された。一方の論文は、このような人類の分散は短期間に起こった単回の事象であり、後にヨーロッパやアジアへの移住を導くことになった可能性があると結論している。
人類の移動に関する情報の大半は、現代人から採取した、母性遺伝するミトコンドリアDNAの研究から得られる。異なる集団間に見られるミトコンドリアDNA塩基配列における変異の程度は、通常、集団が分岐してからどれほどの時間が経過したかを反映している。Kumarasamy Thangarajらは、インドとミャンマーの間に位置するアンダマン諸島とニコバル諸島の先住民族を対象に、ミトコンドリアDNAを調査した。その結果、アフリカからの移住以降、遺伝的隔離状態で生き残ったと思われる比較的古い2集団の存在がアンダマン諸島民で確認された。一方、ニコバル諸島民は、東南アジアに居住する集団と近い関係にあることが示唆され、祖先はより最近に東洋から移住してきたと考えられた。
もう一方の研究によると、マレーシアの先住民族、オラン・アスリ族のミトコンドリアは、アフリカを旅立ったヒトが南の海岸を経由してインドを通り、東南アジアや現在のオーストラリアに広がったとする説を裏付けているという。オラン・アスリ族は6万年前、祖先がアフリカから移住した直後に他のアジア系種族から分岐した可能性が高い。Vincent Macaulayと国際研究チームは、早い段階で枝分かれが起こり、近東やヨーロッパへの移住が起こったものの、インドからオーストラリアへの大規模な分散はわずか数千年という極端に短い期間で起こったという説を提案している。関連するPerspectiveは、アンダマン諸島民やオラン・アスリ族の人口は減少傾向にあるため、データ収集を急ぐ必要があることに言及している。

"Reconstructing the Origin of Andaman Islanders," by K. Thangaraj, G. Chaubey, A. G. Reddy, V. K. Singh, A. A. Rasalkar, and L. Singh at Centre for Cellular and Molecular Biology in Hyderabad, India; T. Kivisild at Estonian Biocenter in Tartu, Estonia.
"Single, Rapid Coastal Settlement of Asia Revealed by Analysis of Complete Human Mitochondrial Genomes," by V. Macaulay and Z. Zainuddin at University of Glasgow in Glasgow, Scotland; A. Archili, C. Rengo and O. Semino at Università di Pavia in Pavia, Italy; R. Scozzari and F. Cruciani at Università La Sapienza in Rome, Italy; A. Taha at National Museum of Kuala Lumpur in Kuala Lumpur, Malaysia; N.K. Shaari, J.M. Raja and P. Ismail at University of Putra in Selangor, Malaysia; W. Goodwin at University of Central Lancashire in Preston, UK; D. Bulbeck at Australian National University in Canberra, Australia; H-J Bandelt at University of Hamburg in Hamburg, Germany; S. Oppenheimer at University of Oxford in Oxford, UK; M. Richards at University of Leeds in Leeds, UK.
"Did Early Humans Go North or South?," by P. Forster and S. Matsumura at University of Cambridge in Cambridge, UK.

自宅からでは見れないんだが一応サイエンス紙の記事へもリンク
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/308/5724/921g
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/308/5724/965


posted by 黒影 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。