2007年03月17日

火星の南極には膨大な水が眠っているらしい

今は凍り付いているが、その量は優に火星全土を覆いつくせる程だとか。
もし将来火星のテラフォーミングが行われるのであれば、海を作るのも可能な量だな。

Mars Pole Holds Enough Ice to Flood Planet, Radar Study Shows
火星の極地には惑星全土に洪水を引き起こせるほどの大量の氷が存在する事を、レーダー観測による研究が明らかにした。
Mars's southern polar ice cap contains enough water to cover the entire planet approximately 36 feet (11 meters) deep if melted, according to a new radar study.
最近のレーダー観測による研究によると、火星の南極の極氷冠には惑星全土を平均水深11メートルの海で覆いつくせるだけの水を保持している。


まだ月にすらろくに進出していない状態で気が早いかもしれないが、
人類の火星進出に向けて好材料がまた一つ増えたか。
posted by 黒影 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙開発・天文ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36202601
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。