2007年03月12日

ロボットニュース2題

◆医療用ミニロボットが開発される
ちょっと前のニュースですが、どうも海外にも広がりつつあるようなので紹介しておこうかと。
もう何年か前なら立命のロボティクス学科に友人がいたので詳しい事が判ったも知れないのですが。

ミニロボットで治療や撮影 大きさ2センチ、傷は1カ所|健康|生活・健康|Sankei WEB
 体に小さな切り口をつけて体内に入れ、自由に操作して病気の部分を撮影、治療する「マイクロ体内ロボット」の試作品を立命館大や滋賀医大などが26日までに完成させた。

 プラスチック製で長さ約2センチ、幅約1センチの円筒形。中に磁石やセンサーを入れ、患者の周りに磁場を発生させ動かす。

写真を見ると中々凝った作りになっています。
これをベースに様々なオプションパーツを付けてカスタマイズしていく模様。


◆NASAの宇宙作業用ロボット
もう一件はTechnobahnから。
Technobahn 写真: NASAの宇宙ロボット、お偉い方は理解しないが脚など飾り
【テクノバーン】(2007/3/9 15:14)写真はNASAが現在開発を進めている宇宙での作業用ロボット「ロボノート(robonaut)となる。スターウォーズに登場するボバ・フェットにそっくりな頭部と緻密な作業にも適応可能なロボット・ハンドから構成されており、軌道上で宇宙ステーションの建設作業などにも従事可能なように開発が進められている。

日本のロボットの場合、2足歩行を行うことに重点が置かれているが、このロボットの場合、そもそも足に相当する部分は存在しない。

そりゃ宇宙空間の移動に足は必要ないでしょ。

形状から見て、人が遠隔操縦するタイプのロボットだろうと思います。
そうでもなきゃわざわざヒト型にする意味がないですし。
まんまMOONLIGHT MILEのガーディアンですねw
posted by 黒影 at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 「脚など飾り」
    の台詞があった為か、
    MOONLIGHT MILEのガーディアンより
    Gガンのマンダラガンダムが先に思い浮かんだっす。
  2. Posted by 七生 at 2007年03月13日 17:42
  3. >七生さん
    放送はリアルタイムで見てたはずなんですが、さすがにそれは思い浮かばなかったっす。
    較べてみると似てない事もない…のか?
    http://underson.cool.ne.jp/MIA/GF13-044NNP.html
  4. Posted by 黒影 at 2007年03月13日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35819939
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。