2007年03月10日

トンデモの臭いがプンプン臭うぜ

今朝こんなニュースがあったのですが、極東ウォッチャーとしてのアンテナだけでなく、トンデモウォッチャーとしてのアンテナにもビビっと来るものがありました。
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <補助金詐欺>「NGOは半分詐欺」逮捕前に小坂容疑者語る
 「NGOは半分詐欺のようなもの」。警視庁捜査2課が9日に摘発した補助金詐欺事件で、医療機器販売会社社長、小坂浩彰容疑者(54、本名・博幸)は逮捕前日、毎日新聞の取材にそう答えていた。共謀したとされる厚生労働省技官で埼玉県保健医療部長、中村健二容疑者(49)とは10年来の友人。北朝鮮との太いパイプをアピールし、テレビにもたびたび出演していたNGO「レインボーブリッヂ」(東京都中央区)設立者としての顔も持っていた。

ほかの補助金も詐取か 厚労省の補助金詐欺事件 [CHUNICHI WEB PRESS]
 厚生労働省の補助金詐欺事件で、埼玉県保健医療部長中村健二容疑者(49)らが架空取引に使った医療機器販売会社「マルクインターナショナル」の複数の口座に、別の研究で補助金を受けている研究者などから計約3000万円の振り込みがあったことが10日、警視庁捜査2課などの調べで分かった。

 マルク社は非政府組織(NGO)レインボーブリッヂ代表代行小坂博幸容疑者(54)が元社長で経営実体はないとされる。同課は中村、小坂の両容疑者らが、ほかにも補助金をだまし取っていた疑いがあるとして調べている。

くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞
 調べなどによると、厚労省は「障害保健福祉総合研究事業」として京都府内の大学の主任研究者に、2001−02年度で計約3000万円の補助金を交付。中村容疑者は当時の自分の部下2人に一部の研究を分担させるなどした。

 部下2人の研究には01−02年度で計約370万円の補助金が分配されたが、半分以上の約210万円が余剰金となり、非政府組織(NGO)レインボーブリッヂ代表代行の小坂博幸容疑者(54)=同容疑で逮捕=が社長をしていた会社との架空取引に回された。

水谷建設のときも家宅捜索を受けていたので、
というか前から疑惑まみれの人だったので逮捕自体は何の違和感も無いのですが、補助金の詐取ですか。

NGO、北朝鮮、水谷建設、医療機器販売会社、補助金詐欺
何このロイヤルストレートフラッシュ?
トンデモの、というか詐欺師の臭いがプンプン臭いますね。
北朝鮮でもジャミーラ高橋みたいなことをしてたんじゃないかと邪推してみる。


それにしても、詐欺の片棒担いだのはこの研究の責任者は京都の研究者か。地元じゃん。
誰だ一体?
#色々と調べてみた結果この研究者の名前は判明したのですが、どうもこの研究者自身は補助金詐欺のことには気付いていなかったようなのでちょっと修正&追記。
研究に参加した中村容疑者の部下が直接詐取していたようで、とりあえず1人名前判明。
総額3000万を振り込んだ、別の研究で補助金を受けている研究者等というのは今のところ不明。
今後捜査の手が伸びれば明らかになるでしょう。



あ、ついでに。
誰かこの医療機器販売会社のことをご存知の方がいたら情報ください。
名前はマルクインターナショナルというそうです。
ダミー会社っぽいですが、トンデモ機器を売ってそうな臭いがするので。
この記事へのコメント
  1. 「No Government Operation」=国家の法の制約を受けない活動とか
    訳したんですかねぇ(;´ω`)。
    手紙持ってTVに出てた当時からなんか怪しいとこあるなぁと思わせる
    言が結構ありましたが、ここまでアイタタな人だったんですね・・。

    ちょっと話が外れますが、海外の、特に紛争地ではNGOという
    肩書きは日本でのイメージほど信用に値しないようですね。
    援助だと言いつつ実際には某国の諜報絡みの情報収集を(も)してたり、
    日本のODAに代表される(汗)国債援助利権に群がるハイエナだったりと、
    民間組織のかさを借りて非常に行儀が悪いことも多いようです。
    もちろん全てが悪いなんてことを思っているわけではないですが、
    当たり前の話で非政府組織だからといって公正だとは限らないんですね。
    そういや捕鯨反対過激派のシーシェパードとかもかなり怪しいでしねぇ。
  2. Posted by カルチャーショッカー at 2007年03月14日 00:20
  3. NGO、NPOは詐欺師にとっちゃ格好の隠れ蓑ですからねえ。
    詐欺まで行かずともグレーゾーンの所も多いですし。

    >海外の、特に紛争地ではNGOという〜
    衣食足りぬ紛争地で人に礼節を求めるのは無理なことかと。
    結局是々非々で見ていくしかないんでしょうね。
  4. Posted by 黒影 at 2007年03月14日 01:01
  5.  おひさしぶりっす。あたしゃそれこそ医療機器の販売が仕事なんですが、マルク(ス?(笑))インターナショナルてのは知らないですねぇ。

     ただ、恐らくは総連と組んで中古の医療機器などを北に輸出していたんではないかな、と。

     全然ネタ違いですが、宮内庁病院のやんごとなき方々が検査を受けるCTには菊の御紋が付いているっつー都市伝説があります。
  6. Posted by 功島 at 2007年03月18日 21:20
  7. >功島さん
    お久しぶりです。
    やっぱりただのダミー会社でしょうか。
    中古医療機器の輸出はいかにもやってそうな感じですね。

    私はこっち方面の都市伝説というと『死体洗いのアルバイト』とかを思い出します。
    バイオは意外と都市伝説が無くてつまらないのですが、医学関連の都市伝説(というかほとんど怪談?)ってかなり豊富ですよね。
    バイオも廃棄物13号みたいな都市伝説がもっと転がってないもんでしょうか。
  8. Posted by 黒影 at 2007年03月23日 00:10
  9.  それがですねー、「死体洗いのアルバイト」をやっていた、と自称する奴が、つい先日わが社に入社して来たんですよ。まー、そいつは今日、「自分は誤解されたって構わない」とか「功島さんは僕の上司でも何でもないんだから、コミュニケーションが悪いとか言われる筋合いは無い。」とか後ろ向いてボソっと呟いてましたけど。ちなみに40過ぎてます。キッツ〜。

     ゼク(解剖)やりながら「壁に耳あり。」をリアルにやるってのは都市伝説でせうか?

  10. Posted by 功島 at 2007年03月23日 21:58
  11. >功島さん
    うわ〜。それは痛いですね。

    >ゼク(解剖)やりながら「壁に耳あり。」をリアルにやるってのは都市伝説でせうか?
    ひょっとしたら実在のモデルがいたとしてもおかしくないとは思いますが…
  12. Posted by 黒影 at 2007年03月26日 00:50
  13. 壁に耳ありに近いことをしてネットで
    大公開>大炎上した人なら居ましたね
    カルパッチョとかサルパッチョとかそんな名前だったような
  14. Posted by 匿名 at 2007年04月29日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。