2005年05月08日

科学知識とメディアリテラシー

先日読売新聞が『科学常識このぐらいは――目安作り、文科省乗り出す』という記事を書いた。
これは数年前に行われた大人に対する科学知識の国際調査を取り上げ、
日本の大人はあまり科学知識が無いからサイエンスパブなど色々な方法をとって
一般の人の科学知識を向上させるような取り組みをしましょうよ
といった感じの内容で科学知識調査の設問以外はまあいい内容だった。
 
 
 
問題はこの設問の中身で、やたらとおかしな問題が多かったので私は前回問題の由来について調べてみた。
幻影随想: あんまり科学的じゃない文科省の「科学常識チェック」

その結果問題の元の英文から誤解されそうな文章であったこと。
文部省内でも何故か資料の転載が行われるうちに問題文の変化が起こっていること。
変化の結果さらに設問の問題性が悪化していることが明らかになったわけだが、
ブログ界でも何人もの人がこの記事を取り上げて記事にしており、その中に気になるものがあった。

その記事とは、『5号館のつぶやき』の
引用は正確に(読売オンラインに苦言)』という記事だ。
(気が付くきっかけになったTBをくれた『くろんの風』のくろん氏に感謝)

この記事ではタイトルにあるように問題文の変化(悪化)の原因を読売記者に求め
読売新聞に対してクレームをつけているわけだが
上に書いたとおり元々の改変は文科省の資料中で既に起こっている。

元『http://www.nistep.go.jp/achiev/abs/jpn/rep072j/rep072aj.html

改変後『http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu10/siryo/04122701/002/001.pdf
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/06/04060202/010.pdf
少なくとも2004年の報道資料に既に問題文の改変がうかがえる。
読売の記事中の文とこれらの資料で問題文が一致する。
なお、読売の記事では文末が短くなっている設問があるがこれがどちらの行為によるものかは不明。


ゆえに文中にこうあるが
 報道記事を読む我々は、その改編されたものを基準に場合によっては文科省を批判することになるかもしれません。わかりやすくなるようにと良かれと思ってやった記者の「親心」は理解できなくもないですが、いやしくも科学リテラシーを問うという記事なのですから、その引用には科学的信頼性が必要だと思います。

その批判は文科省にそのまま向けられるべきではないかと思う。
文科省から提示される資料だけを元に記事を作った記者に、文章改変の責任を問うのは酷だろう。
もっとも欲を言うなら設問のおかしさに気が付く科学知識と、ソースにあたる努力を求めたいが
このような基準をクリアできる記者は日本中探してもそうはいるまい。


◆科学知識とメディアリテラシー
ここから本題。
私が『5号館のつぶやき』の記事で気になったのが、
問題文の改変を読売記者によるものとして疑いもしていない点だ。

私が見つけた資料は『11問 文部科学省』というキーワードでGoogle検索
あるいは文部科学省サイトで『"11問"』というキーワードで検索することで容易に見つけることができる。
あえて『科学常識』というキーワードを外すところがミソ。
あるいは『科学技術基礎概念の理解度』という元の調査のキーワードを使って検索してもいい。

先に大元の資料を見つけてしまったのでは勘違いしても仕方が無い面もあるが、
『〜なら間違っていても当然』と考えることは
『〜なら当然正しいに違いない』と思い込むことの裏返しであり
どちらも思考停止状態という点では一緒である。
メディアリテラシーの一番の敵はこうした思い込みだ。
いかに科学常識があれど、こうした思い込みに邪魔されては正しい思考はできない。
『5号館のつぶやき』の栃内氏にも是非、
何故設問の変化が起きたのかというところでもう一歩踏み込んで調べて欲しかった。


posted by 黒影 at 06:02 | Comment(4) | TrackBack(6) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. TBありがとうございました。元の英文ではどうだったのだろう?とも思っていたので、お蔭様で助かりました。

    メディアリテラシーの敵の話、面白いです。
    「文科省の資料だから正しい」と思い込むから、わわけがわからないまま記事にする。
    論文のテキストに書かれていることが正しいと思いこむから、本当の一次情報である「グラフ化された数値」や「写真」「実験条件」等が語っている事実に気がつかないまま記事にする。
    でも、何も信じなければ、全部自分で調べなきゃならない。それも不可能なことです。
    ましてや、科学に興味のない人にとっては、どうでも良いことでしょうし。
    なぜ、このような間違いが起きたのか?と考えた時、私も翻訳間違いを考えましたが、その間違いを学術機関が行ったとしたら、ありえないと思いました。でも素人の役人や記者なら、ありえる話。いかにも、直訳しましたという文が気に入らなくて、文意が変わると言うことに気づかず、書き換えた人がいたということでしょう。
    どちらにしても、「日本の大人の科学常識がない」という記事の結論には、皮肉にも影響しません。

    最初から完璧でなくてはだめ、ではなく、誰でも間違えることがあるという事実を受け入れながら、正しいことが判れば、修正していく姿勢の方が大事ではないでしょうか。
  2. Posted by ばかぼん父 at 2005年05月08日 13:55
  3. 黒影さん♪

    トラックバックしていただきまして、ありがとうございます。
    アタシが使用しているブログはトラックバック先を入力しても保存されないという欠陥があるようです。

    さて本題ですが、原文に手を加えるということは意訳になり、原文の意味を正確に訳していないということにもなりかねないと思います。

    親心ってなんなんだ? 質問の意味がわかりにくかったら、補足を付ければ済むことでしょう。

    今回の質問文の誤訳(少なくとも3と4は)だけでなく、ネットの新聞記事で参照されている英語の記事を読むと、原文には書いていないことが書かれていることがあるようです。

    自分のブログで取り上げたことがあるので、後ほどリンクを貼りに参ります。
  4. Posted by koneko04 at 2005年05月10日 14:07
  5. >ばかぼん父さん
    >最初から完璧でなくてはだめ、ではなく、誰でも間違えることがあるという事実を受け入れながら、正しいことが判れば、修正していく姿勢の方が大事ではないでしょうか。
    仰るとおりです。最後の一文は私の勇み足ですね。
    『5号館のつぶやき』のstochinaiさんの取られた態度は実に立派だと思います。

    >koneko04さん
    コメントありがとうございます。
    後ほど貼りに来られるという記事を楽しみにしております。
  6. Posted by 黒影 at 2005年05月11日 02:08
  7. 非常に興味深かったです。
    前の「あんまり科学的じゃない文科省の「科学常識チェック」と一緒に拝見させていただきました。

    私は今学校で科学リテラシーについて研究しようとしているものですが、
    このままじゃ日本は傾くのかも知れないと
    感じずにいられません。

    特に2択の問題で正解率が51%なのはショックでした。
  8. Posted by みかん at 2005年10月24日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大人の常識、文部科学省が策定方針
Excerpt: YOMIURI ON-LINE / サイエンス 文部科学省は、4月にまとめた報告書「第3期科学技術基本計画(2006??2010年度)の重要政策」の中に、「日本の成人が身につけるべき科学技術リテラシ..
Weblog: それでも地球は回る
Tracked: 2005-05-08 09:58

RE:科学知識とメディアリテラシー(一本取られた!)
Excerpt:  私の5月2日のエントリー「引用は正確に(読売オンラインに苦言)」に対して、幻影随想さんから苦言を頂きました(^^;)。  詳しくは幻影随想さんのエントリー「科学知識とメディアリテラシー」を読ん..
Weblog: 5号館のつぶやき
Tracked: 2005-05-08 21:54

引用は正確に(読売オンラインに苦言)
Excerpt:  読売オンラインでまた、日本人の科学常識を笑いものにするような記事が載っています。文科省発のニュースというような書き方になっているのですが、例によって内容や文章のどこまでが誰の責任になるものなのかがよ..
Weblog: 5号館のつぶやき
Tracked: 2005-05-08 22:12

常識か?
Excerpt:  【科学常識チェック、〇か×か】(国際比較の共通質問から) 〈1〉地球の中心部は非常に高温 〈2〉すべての放射能は人工的に作られた 〈3〉我々が呼吸に使う酸素は植物から作られた 〈4〉赤ちゃんが男の子..
Weblog: ドイケンブログ 妄
Tracked: 2005-05-10 04:31

[science]「科学常識チェック」のチェック
Excerpt: 先日のエントリで取り上げた科学常識チェックですが、次のような興味深い指摘を鹿野司さんがなされています。 こうしてみると、この設問は、科学の常識を問うものとは、ちょっと毛色の違うものなんじゃないかと..
Weblog: bewaad institute@kasumigaseki
Tracked: 2005-05-11 06:44

科学リテラシー
Excerpt: 最近「リテラシー」っていう言葉をよく見かけるけれど、なんだろう…と思って、調べていました。Wikipediaに「メディアリテラシー」の説明がありました。「リテラシー」とは「情報を批判的に読み解いて、必..
Weblog: 分子生物学研究者の卵の日記
Tracked: 2005-06-20 18:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。