2005年04月23日

脊椎損傷の幹細胞治療

実用化まで後一歩というところか。
その一歩が果てしなく長いんだろうが。

Wired News - 脊髄損傷の幹細胞治療、ラット試験からすぐ人間へ?(上) - : Hotwired
Wired News - 脊髄損傷の幹細胞治療、ラット試験からすぐ人間へ?(下) - : Hotwired



 
 
 
現在幹細胞による脊椎損傷治療は、ラットを用いた研究では効果を上げている。
しかし霊長類での試験が行われていないことや、安全性への懸念が払拭されきっていないことから
FDAが臨床試験の許可を出し、実際に臨床試験が行われるまではまだ2〜3年かかりそうな雰囲気。
半世紀前ならいざ知らず、今は冒険的な臨床試験などナンセンスということになっているからな。
まあ10年後くらいには実用化されているんじゃないだろうか?


posted by 黒影 at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。