2006年11月17日

36年ぶりに狂犬病の死者発生

最近大して記事も書いていないのに昨日の晩あたりから普段の5倍もアクセスが殺到しているから何事かと思ったら、こんな事件があったのか。
情報量も少ないのに何故かWikipediaの狂犬病の項からリンクが貼られているので、それで大量にトラフィックが流れ込んできたらしい。
亡くなった方の冥福を祈って合掌。
asahi.com: 狂犬病発症の男性死亡 京都市?-?健康
 京都市は17日、狂犬病を発症し意識不明の重体だった同市内の60代の男性が、同日未明に死亡したと発表した。男性は8月末ごろに旅行先のフィリピンで犬にかまれて感染したとみられ、16日に狂犬病と診断された。

 同市によると、男性はフィリピンに滞在中の8月末ごろに左手を犬にかまれた。11月に帰国後、発熱など風邪のような症状があったことから、9日に京都市内の病院で受診。その後、幻覚やのどのけいれんなどの症状が出たため、国立感染症研究所で調べた結果、狂犬病ウイルスが確認された。

イヌに限らず動物に怪我を負わされたら、まず狂犬病のワクチンを摂取しなければならない。特に海外での場合は危ない。
いくら日本では狂犬病の事例が少ないとはいえ、30年間発症事例がなかったためかこういう常識も薄れつつあるようだ。

狂犬病の潜伏期間は二ヶ月。発症前にワクチンを打てば助かるが、発症後に助かった事例は6例しかない。
さらにそのうち5例までは発症したとはいえワクチンが打たれており、ワクチン無しで助かったのは今のところ私が以前のエントリで取り上げた事例だけのようだ。
治療法が確立されるまでまだ当分かかるのだろうな。


posted by 黒影 at 21:53 | Comment(20) | TrackBack(2) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 小さい頃に犬を飼っていて、予防接種に行っていたの狂犬病の話題が身近だったので、それなりの数が発生していると思ってたのに、あんまり数が出ていないんですねえ。今回の事件で、犬にかまれる→その夜に発病→死に至るという基本的に誤った狂犬病のイメージを持っていたことに気づかされました・・・
  2. Posted by おどんこますたー at 2006年11月17日 22:49
  3. 初めてお邪魔します。いつも興味深く拝見しております。あつかましいのですが、質問があります。狂犬病の話題ですが、予防接種やワクチン一般についての質問です。最近、若いお母さんたちの間で、子供に予防接種をする、しないの話をよく聞きます。予防接種の副反応を心配する方や予防接種の害を書いた本を読んで、予防接種には危険な添加物が使われているからとか、予防接種は免疫機能を弱めるとか、子供がキレルのは予防接種が原因だとか言う方もいます。その上、旦那や家族に反対されても命がけで子供には予防接種をさせないと意気込んでいる方もいます。

    予防接種の有効性とリスクはどう判断すればよいのでしょうか?
    また、日本の予防接種行政は適切なのでしょうか?

    ご意見を伺えれば幸いです。
  4. Posted by リボン at 2006年11月19日 11:02
  5.  医者ではありませんが、医療業界関係者の端くれとして一言。現在のワクチン接種にまつわるリスクとしては、下記のものが主に挙げられると思います。(書き漏らしがあればフォローを>各位)

     1.ワクチン品質/管理に起因する健康被害
     2.接種時の注射針使いまわしによる感染
     3.偽ワクチンの流通

     このうち(2)と(3)については、主に発展途上国でよく見られるケースですので、日本の場合は除外して構わないかと思います。余談ながら現在の中国ですら、と言うか現代中国ならでは、と言った方が良いかと思いますが(3)の偽ワクチンは猛威を振るっています。なので私は中国の医療そのものを根本から信用していません。

     少なくとも現代日本では偽ワクチンやら注射針の使いまわしそのものにメリットが無いか極めて低いので、心配は要らないでしょう。

     問題は(1)で、つい先日も昨年有効期限が切れてしまったインフルエンザワクチンを接種してしまったなどと言うニュースがありました。また、弱毒化や死化しているとは言え、病原体そのものであるワクチンを体内に入れる訳ですから、何かしらのリスクは当然発生します。極端な話、最も安全性の高い不活性(死化ワクチン)の接種でさえ、効果が薄いので何回か病院に行かなくてはならないわけで、その待合時間に隣にたまたま座った近所のオッサン(また出たよ>自分(笑))から風邪を貰うかも知れません。

     いやホント、この世で病院ほど感染リスクの高いトコってそうは無いっすから。

     但し、ジェンナーによる天然痘ワクチンの開発以来、極めて致死率の高かった天然痘、ポリオなどの感染症リスクが劇的に減少し、研究機関の培養基にまで封じ込めるようになったのは厳然たる事実です。先人たちの犠牲と引き換えに我々の現在の生活は成り立っている訳で、そうした事実をあたかも無かったかのようにワクチン有害説を唱えるような方々とは、個人的にはお付き合いしたくないっす。

     それと、ワクチンに添加物の話ですが、2歳以下の乳幼児は蛋白成分が無いと自力で免疫を惹起できないので、抗原と蛋白を化合させたりするそうです(Wikipediaより)ので、多分このことを言っているのでしょうが、このブログで再三指摘されている通り、ある事象に対して毒性が高いか低いかを判定するには、統計的に総数をカバーできると判断できる規模の対象群を編成して検証が加えられなければなりません。

     例えばワクチン接種で「キレやすい子供が増加した」と言うなら、そもそも「キレやすい」子供とは、どんな条件を満たせば当てはまるのかと言う、とっても面倒臭い(つーか無理じゃん)な前提条件を立てて、んでもって「大人しい」子供でワクチンを接種していない子供を、キレやすいと判定された子供たちと同数用意したうえ、更に更に、ワクチンを接種しないがために不幸にして亡くなった(と言う因果関係を証明するのもまた、やっかいですけどね。)子供の数も計算に入れなければなりません。

     結論から言うと、「ワクチン接種でキレやすい子供が増加した」ってぇのは、インチキとまでは言いませんが、子を持つ親の不安心理につけこんだ激しく眉唾な話(言ってるか?(笑))だと思いますです。ハイ。
  6. Posted by 功島 at 2006年11月19日 12:48
  7.  そうそう、エホバの証人などの新興宗教系信者さんには、「聖書に反する」とかの理由でワクチン接種を拒否したことがあります。エホバの証人はその後、ワクチン接種に関しては掌を返して認めた事実がありますが、ま、そういう動機を持って主張している人も結構多いよってことで。それにしてもエホバの証人って1975年にもハルマゲドンが起こるなんて言ってたのね…これで通算5回目の予言大ハズレなのに、まだ付いてくる連中が多いのはなんでだろうなぁ。今日は日曜日だから、また子供連れで勧誘に回ってるんだろうなぁ。
  8. Posted by 功島 at 2006年11月19日 13:06
  9. 功島さんありがとうございます。

    >ワクチン有害説を唱えるような方々とは、個人的にはお付き合いしたくないっす。

    私自身もそういう方たちとはお付合いしたくないのですが、保育園での付き合いもあって、ファミレスなどで井戸端会議が盛んなのです。子供思いのいいお母さんたちなのですが、ちょっと行き過ぎた人も多いように思います。

    ただ、三種混合ワクチン(DPT)は予防接種の中でも一番リスクが大きいと聞いたのですが、それはどの程度リスクかご存知の方がおられましたが、教えてください。
  10. Posted by リボン at 2006年11月19日 15:35
  11.  受け売りですがwikipediaの記述を読んだりネットで見る限り、三種混合ワクチンは不活性ワクチンの代表例として書かれています。すなわち病原体としては「死んでいる」状態ですから、リスクはむしろ低毒化ワクチン(生ワクチン)より低いと思われます。

     ネット上の気になる記述としては、添加物に用いられる鶏卵由来のたんぱく質や、ゼラチン質により、まれにアナフィラキシーショックを引き起こす場合がある、と言うことですね。アナフィラキシーショックとは、急激なアレルギー反応のことで、良くスズメバチに刺されて死亡するケースがありますが、あれが代表例ですね。

     アレルギーとはご存知の通り、特定の物質を接種することによって、その物質に対する過敏な反応を惹起することであり、その原因物質に対して過敏な体質で無い人にとっては有害でも何でもありません。すなわちゼラチンやたんぱく添加そのものが悪なのではなく、これらの物質にアレルゲンを有する人にとって有害と言うことですね。

     しかし2歳以下の乳幼児の場合、不活性ワクチンを接種しても獲得できるのは液性免疫のみで、細胞性免疫を獲得するためには、その引き金となる物質を添加してやる必要があるんだそうです。(用語の詳しい説明等はwikipedia等を参考になさると良いでしょう。)簡単に言えば細胞性免疫を獲得するベネフィットに対し、特定の人に対してアレルギー反応を引き起こすリスクがあると言う結果になります。

     但したんぱく質にせよ、ゼラチン質にせよ日常の食生活を通してあらかじめアレルギー反応があるかどうかは判断できますので、接種時にその旨あらかじめ申し出ておけば、かなりの確率でリスクを回避することが出来ると思います。

     もちろんこれは私がネット等で調べた結果ですので、詳しくはお医者様に相談なさるのがベストでしょう。
  12. Posted by 功島 at 2006年11月19日 19:49
  13.  いつも拝見させていただいておりますが、初めて書き込みさせていただきます。

     もしご存じの上でのお話しでしたら大変失礼いたしました。

     功島さまががお書きになりましたワクチンの添加剤のお話しですが「キレる子供」などと関連づけた報道は以前私もテレビ番組などで見た記憶がおぼろげにありますが、保護剤として使われていおり有機水銀を含むチメロサールが大きく取り上げられていた気がします。
     蛇足、もしくは揚げ足にて申し訳ございませんが、一言申し添えさせていただきました。

    > それと、ワクチンに添加物の話ですが、2歳以下の乳幼児は蛋白成分が無いと自力で免疫を惹起できないので、抗原と蛋白を化合させたりするそうです(Wikipediaより)ので、多分このことを言っているのでしょうが、このブログで再三指摘されている通り、ある事象に対して毒性が高いか低いかを判定するには、統計的に総数をカバーできると判断できる規模の対象群を編成して検証が加えられなければなりません。
  14. Posted by アンバー at 2006年11月20日 21:18
  15. >有機水銀を含むチメロサールが大きく取り上げられていた気がします。

     ワクチンに含まれるチメロサールが自閉症の原因だと言う論文がLANCETに載ったりしましたが、その後その論文の著者のWakefieldは、「ワクチン被害者」の親から資金を受けていたことが発覚しLANCETの編集者が、あの論文を載せるべきではなかったと発言しています。

     また、その後ワクチンと自閉症の疫学的研究が何度か行われましたが、いずれも否定的な結果がでています(その中のひとつは横浜での研究です。日本ではマスコミの報道によりワクチン接種率が極端に低下しているわけで、もしワクチンが自閉症の原因なら自閉症の発症率が低下しなければなりませんがそんなことは起こっていません)。
  16. Posted by がうしあん at 2006年11月21日 03:39
  17.  >アンバー様、がうしあん様

     フォロー有り難うございました。チメロサールの件、全く知りませんでしたm(_ _)m

  18. Posted by 功島 at 2006年11月21日 09:37
  19. 皆さん、こんにちは。ご意見ありがとうございます。とても勉強になりました。
    ここでの意見交換のように冷静に考えることが子供をもつ母親にも必要ですね。私の周りには感情的というか直感だけで考える人が多いのが気がかりです。
    また、情報ありましたが、よろしくお願いします。
  20. Posted by リボン at 2006年11月21日 10:10
  21.  早速チメロサールと自閉症でGoogle検索してみると、横浜市衛生研究所が興味深いレポートを掲載しています。

    http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/infection_inf/thimerosal1.htm

     ここの「米国の医学協議会(IOM)の勧告(2001年)」のところを見てみると、チメロサールを含んだワクチンの投与と、子供たちの神経発達障害との間に因果関係は立証されていないが、生物学的にはもっともらしく思われる。との記述があります。また、因果関係を肯定するにも否定するにも十分な証拠が無い、とも。

     ちなみに、文書のこの部分を読んでいただければ判りますが、自閉症、注意欠陥多動性障害(ADHD)、言語発達障害などの神経発達障害、とありますので「キレやすい子供」の話も、おおかたこのあたりから派生したものと考えられますね。

     いずれにしてもIOMは、この「因果関係を肯定するにも否定するにも十分な証拠が無い。」と言う部分を受けて、チロメサールを含有しないワクチンの摂取を勧告しています。

     ではチロメサールとワクチンとは不可分の関係にあるのかと言えば、どうやら最近はそうでもないらしいのです。つまり、不活性ワクチンにチロメサールを保存剤として添加していたのは、一つのビンから多数の児童に摂取を行う必要があった過去の話、あるいは発展途上国に特有な事情であり、

     「一人に一本のワクチン、注射器を使えるような環境下では、敢えてワクチンにチロメサールを添加する必要は無い。」

     と言うことで、実際にチロメサール非添加のワクチンも市場に流通しているようです。

     更にチロメサールを含有した製剤についても、その主な組成であるところの「エチル水銀」の対生体毒性が議論されているわけですが、この値については平均的な薬剤で3回/6ヶ月の摂取量あたり、チロメサール15マイクログラムに留まっています。(もちろん平均ですから、これより多い場合もあり得ます。)これは「エチル水銀」に換算して半分の7マイクログラムとなります。

     一方、エチル水銀と科学的組成が似ている「メチル水銀」の安全摂取量は、もっとも厳しいアメリカEPAの基準値によれば「0.1マイクログラム/kg体重/日」となっています。

     7マイクログラムに対して0.1マイクログラムでは、実に70倍じゃないか!と思われるかも知れませんが、ここで結論に飛びついてはいけません(笑)。

     まず「0.1マイクログラム/kg体重/日」の意味するところですが、体重2,500グラムの赤ちゃんなら、まず0.1×2.5kgと言うことで0.25マイクログラムとなり、比率は25倍になります。次に、この値はあくまでも一日あたりですので、6ヶ月で換算すればこの値の180倍になりますので、計算するまでも無く日本の三種混合ワクチン由来によるエチル水銀摂取量は、アメリカEPAの基準に照らしても、かなり低いと言えるでしょう。

     もちろん、これに対する反論もあり得ます。まず、一回大量被曝と言う視点。すなわち一日あたり安全摂取量の約8倍強(7マイクログラムは3回分の合計なので、1回あたりはその1/3)ものエチル水銀を乳幼児に与えることのリスク。

     さらに細かいことを言えば、「メチル水銀」と科学的組成が似ているから、と言う理由で「エチル水銀」の生体安全性を同列に議論して良いのか、と言う問題もあります。

     しかしながら後者に関しては、エチル水銀の生体安全性について定まった安全基準が存在しないほどリスクが低いので、より毒性が高い(と想定される)メチル水銀の値を当てはめていると言うことになります。

     それでもそれでも(笑)チメロサールは危険がアブナイんだ!と言う事であれば、チメロサール非添加のワクチンを選べば良いのであって、ワクチンそのものがもたらしてくれるメリットを敢えて否定する理由は無いように、私には思えます。
  22. Posted by 功島 at 2006年11月21日 10:33
  23.  済みません、誤記がありました。

     (正)チメロサール
     (誤)チロメサール

     でしたね、気をつけていたつもりなんだけどなぁ…
  24. Posted by 功島 at 2006年11月21日 23:39
  25. >がうしあん さま、功島 さま

     たまた聞きかじったことでしたが、専門家の方からの詳しいご指摘、ご説明いだきありがとうございました。

     とりあえず、御礼の気持ちまで。


  26. Posted by アンバー at 2006年11月22日 01:20
  27. はじめまして。
    wikiの「狂犬病」からこのサイトへやってきた一人です。
    予防接種の話、とても参考になりました。
    来年夏に母親になる予定(まだやっと心拍が確認できたところです!)ですので、興味がありました。

    ところで、インフルエンザのシーズンが近づきましたが、妊婦って予防接種できました?
    主人の勤務先では接客業だからか、毎年インフルエンザで休む人が出てくるので心配なのです。主人に受けてもらえばいいのですが、いやがってて。。。
    もしご存じであれば。。。
  28. Posted by ねこむすめ at 2006年11月22日 11:02
  29. http://www.med.or.jp/influenza/inqa_e.html#q24

    の3番にいろいろ書いてありますが、やっぱりこういうことはお医者さんに相談したほうがいいんじゃないでしょうか。
  30. Posted by がうしあん at 2006年11月22日 22:01
  31. こんにちわ。
    初コメントです。あいと申します。
    いつも拝見してます。
    ブランドと占いが好きです。
    これからもヨロシクお願いします。
  32. Posted by あい at 2006年11月23日 17:12
  33. Posted by ねこむすめ at 2006年11月23日 22:28
  34. 飼い犬で狂犬病の予防接種を受けている率って
    どれくらいなもんでしょう?

    よく、犬を放しているDQNな飼い主が目につきます。
    かまれたらかなわんな、と思うし、
    小さな子供もいるので心配してます。
  35. Posted by 仔鹿 at 2006年11月27日 04:53
  36. >狂犬病接種率
    登録されている犬で7割から8割(平成14年で約77%)、
    登録されていない犬も含めた飼育頭数全体に対しては
    悲観的な推計で5割を切るそうです。

    ウィルスの侵入があった場合に蔓延を抑止できる接種率は7割+だそうで、
    個人的にはぞっとしない話ですね。


    …しかし、予防接種というもののリスクの面ばかり
    強調されるような風潮は、いったいいつごろからなんでしょう。

    北里柴三郎の伝記とか皆さん読まないのかなぁ…(´・ω・)
  37. Posted by 有辺 at 2006年11月27日 21:43
  38. 以下のサイトで小綺麗にまとめてくれてるから、読んでからでも遅くは無い。

    http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=40&target=sequel

    それとも、わざわざ実験台をかってくれるとは 勇気のあることで エライ エライ

    横浜の実験も製薬会社の賄賂や天下り目当てで色が付いているぐらいわかり・・・

    マァ 実際に子供を実験台には使えんから マウスで代用する訳だが 人間の神経細胞はマウスのそれより50倍脆弱何だが・・・
    マァ 是非人類の為に犠牲になって下さい。敬具
  39. Posted by タコ at 2010年06月03日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

比で日本人が狂犬病発症
Excerpt: 衝撃のニュースが入ってきた。[:雷:]京都の男性が狂犬病発症 比で感染、1970年以来  厚生労働省は16日、京都市内の60代の男性が狂犬病を発症し、意識不明の重体になっていると発表した。男性は8月..
Weblog: JOCV セブねっと
Tracked: 2006-11-19 01:49

狂犬病と海外旅行~予防接種の是非
Excerpt: 昨年のことだが、フィリピンで犬に咬まれた男性が日本に帰国後に狂犬病を発病して死亡したというニュースがあった。しかも、同時期に二人も犠牲になった。 狂犬病(Rabies)の国内での感染例は1950年代..
Weblog: Muse on Music.
Tracked: 2007-01-16 01:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。