2006年09月01日

中国のアンバランスな性比

またまた中華ネタ。
以前にもちらっと触れたことのあるこの問題がPNASの論文になったと聞いてびっくり。
中国にとってはかなり触れられたくないネタのはずだが、さてどう出る?
Researchers warn of perils of gender imbalance - Yahoo! News
HONG KONG (Reuters) - Researchers have expressed alarm about cultures that favor male babies, saying sex-ratio imbalances could destabilize society because more men will remain unmarried, raising the risks of anti-social and violent behavior.

In a paper published in the Proceedings of the National Academy of Sciences, they said parts of China and India would have 12 percent to 15 percent more men over the next 20 years -- many of them rural peasants with limited education.

対訳
研究者らが性比の偏りの危険を警告する
香港(ロイター)- 研究者らは男性の赤ちゃんを偏愛する文化に対し、性比の偏りは多くの結構できない男性を生み出すために社会を不安定にし、反社会的な暴力的行動のリスクを高めると言う警告を表明しました。
全米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文で彼らは、中国とインドの地域で今後20年に渡り男性の割合が12〜15%高くなると語りました。そしてその多くは、限られた教育機会しか持たない地方の農民です。

しかしこのネタはほんと洒落にならないんだよなぁ。 
 
 
なんでこんなことが起こっているかの理由は論文のほうにストレートに書かれている。
Abnormal sex ratios in human populations: Causes and consequences -- Hesketh and Xing, 10.1073/pnas.0602203103 -- Proceedings of the National Academy of Sciences
The tradition of son preference, however, has distorted these natural sex ratios in large parts of Asia and North Africa. This son preference is manifest in sex-selective abortion and in discrimination in care practices for girls, both of which lead to higher female mortality.

これらの地域で男女比が異常に偏っているのは、何も男子を尊ぶ文化があるからだけじゃない。複数の子を育てる経済的負担の大きさから、胎児の性による選択中絶や女子の世話の差別(例えば教育を受けさせてもらえない、病気になっても治療してもらえないetc.)が日常的に行われているのだ。
その結果が男女間の死亡率の違いとなって現れる。
Differential gender mortality has been a documented problem for decades and led to reports in the early 1990s of 100 million "missing women" across the developing world.

このようにして生をまっとうできなかった、あるいは生まれることすら出来なかった発展途上国の女性は一説によると1億人にのぼるようだ。(正確な集計期間は不明。数十年?)


で、話はニュース記事のほうに戻る。
性比の偏り、社会構成のひずみが何につながるかというと、反社会的行動、犯罪に流れるリスクが大きいとの指摘。
"This trend would lead to increased levels of anti-social behavior and violence, as gender is a well-established correlate of crime, and especially violent crime," they said, adding the trend would threaten stability and security in many societies.


中国の場合1979年に一人っ子政策が始まったので私らくらいの世代から性比の偏りが始まって、今小学生くらいの世代になると1.23まで男性比が高まっている。あと10年も経つとこの性比のゆがみがボディブローのように効いてくることになるだろう。
China introduced a one-child policy in 1979 to control population growth, but it has led to a rise in the male-to-female ratio from 1.11 in 1980-89 to 1.23 in 1996-2001, according to a study published this month in the British Medical Journal.


この論文の著者は中国人で、性による選択を減らして文化的な態度をすぐに変えないとこのままでは大きな問題が起こると警告している。この手の警告は決して新しいものではないが、PNASにまで載ってしまい欧米のメディアを巻き込んだという点にこれまで以上の真剣味を感じるな。

それにしても、最近環境問題やら人権問題やらで中国発の国際ニュースが多いのは何かの符丁かな?
posted by 黒影 at 00:58 | Comment(6) | TrackBack(2) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 「ネオコンの伸長がにより中国がいかにクレイジーな国家かということが再認識されだした結果」に一票入れたいと思います。

    ちなみに私のオススメは別宮暖朗氏の「中国この困った隣人」です。
    http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?select=4-569-63407-9
  2. Posted by SLEEP at 2006年09月03日 00:16
  3.  ご無沙汰してます。一連の中国ネタ、たのしみに拝見しています。

     さて中国は脅威足り得るか、という話ですが、この男女性比のアンバランスも脅威ではあるでしょうが、なぜか大手のマスコミ(読売除く)が全部知ってて知らんぷりしている、もっと大きなリスクがあるんです。

     それは急速に進む高齢化現象です。国連の統計データをもとにしても、現人口13億人を「一応」信頼するとして、2015年には労働可能な人口の総人口に比べた65歳以上の高齢者、および15才以下の人口が6億人、つまりイコールになる計算だったと記憶しています。

     つまり国民の二人に一人は年金生活者か子供ってことになる訳です。

     さらに中国では近年、戸籍に乗らない闇人口が大きな問題になっていて、当然彼らは教育なんて受けていないし、単純労働作業以上のことは何もできない。

     つまり、彼らは経済成長の足をひっぱるだけの存在でしかない訳で、中国国内で、最下層の人々による壮絶なパイの争奪戦が始まるのは目に見えています。

     いまのまま日本以上のハコモノ公共事業乱発を続けるにも限界があるでしょうし、無理を押して農地を潰し続ければ、今度は食糧難がやって来る。

     どうみてもこの先、中国に未来は無さそうに思えるのですが、その頃には一線を退いているに決まっている私は、この先10年の目先の利益のためだけに中国語を習ってます(笑)

  4. Posted by 功島 at 2006年09月22日 23:13
  5. >SLEEPさん
    クレイジーというより、でか過ぎてどうにもならないのでしょうね。
    私は最近のニュースがテストハンマーなのだろうと思っています。
    今のうちにどこにひびが入っているのか見つけておきたいんですよ。
    中国が割れるだろうと思っている人も、割れて欲しいと思っている人も、中国の内外を問わずいくらでもいますから。

    >功島さん
    中国の深刻な高齢化については同意しますが、私はどちらかというと人の問題よりエネルギー・資源の問題の方が先に破綻すると考えています。

    まあいずれにせよ、中国は一つの国としてはもう長くは持たないでしょうね。
    「比較的穏便に」行っても中華連邦となって沿海地域と内陸石油産出地域、内陸石油非産出地域に分裂。悪くすると各地に軍閥が興って戦国時代かも。
    どうするんでしょうね、ほんと。
  6. Posted by 黒影 at 2006年09月25日 23:56
  7.  どうにもならんでしょう(笑)タイミング良く江沢民派=上海閥潰しが始まったようですが、やり過ぎると、こいつも火種にしかなりません。

     ご存知かもしれませんが、例の高句麗は中国の古代地方政権だ、のアピールを始めたあたりから、とうとう東北地方から北朝鮮に至る一帯までもテリトリーに収めようと行動を開始している訳ですが、もうちょい相手は選べよな、と言ってあげたい(笑)

  8. Posted by 功島 at 2006年09月26日 21:54
  9. はじめまして。メロディと申します。普通の主婦なのですが、エセ科学っぽいものが溢れている昨今にちょっと疑問を感じています。で,自分のブログで,時々日本に古くから伝わる、「いい生活習慣」を書いて行きたいと思っています。科学的な文献などには一応当たって書いて行くつもりですが、専門家から見て、これは変だ,というものがあったら教えて頂きたいと思って,時々TBさせてもらいます。ご迷惑でなかったら,よろしくお願いいたします。
  10. Posted by メロディ at 2006年10月06日 12:03
  11. 両親がB型肝炎感染者だと男児が生まれやすく、中国等の性比のアンバランス(の一部)はこれで説明できるとする研究が(経済学の方で)出たそうですが、実際に性比に影響が及んでいるという報告はあるんですか?
  12. Posted by L at 2006年11月25日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2006年9月16日の中韓鮮
Excerpt: 幻影随想: 中国のアンバランスな性比 イスラム圏あたりでもこんな感じだよな、やっぱはた迷惑な文化は根絶すべきだwていうか女増えまくって倍率下げてくれw 安倍氏は日教組と正面から闘うだろう-国を憂い、..
Weblog: Strag : nonhitchhiker
Tracked: 2006-09-16 15:44

デトックスより、豆を食べよう!
Excerpt: 本当はこのブログを始めたとき,私はもっと,おばさんならではの生活の知恵を若い人に伝えたくて,そういう記事もたくさん書くつもりだった。今、環境問題が言われるけれど、日本の古くからの生活習慣というのは,実..
Weblog: あんち・アンチエイジング・メロディ
Tracked: 2006-10-06 12:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。