2006年08月31日

100年間燃え続けた中国の炭田

また中華ネタ。7色に染まった河のことを調べていたらこんなの見つけた。
既に旧聞に属する類の話だけれど、あまりのスケールに顎が外れそうになったので紹介してみる。
現代の火焔山とでも言うべき、100年にわたって燃え続けた中国の炭田だ。
中国は何でもスケールでかいなぁ。

中国最大の新疆硫黄溝炭田火災、全面鎮火 100年余り燃え続ける←中国通信社:社会
 (中国通信=東京)ウルムチ2日発新華社電によると、100年余り燃え続けていた中国国内で最大の火災炭田、新疆ウイグル自治区の硫黄溝炭田の火災は、本格的消火活動が4年近く続けられ、このほど全面的に鎮火した。新疆炭田火災消火活動事務局が明らかにした。

 侯学成事務局長によると、硫黄溝炭田はウルムチ市から40キロ余りのところにあり、確認埋蔵量が15億トンに達している。火災面積は184万平方メートルで、地元の歴史を記したものによると、清の光緒年間にすでに火災が起きていた。統計によると、年間176万トンの石炭が焼失し、現在の比較可能な価格で計算して、年間1億7000万元の損失となっている。

 消火計画は1999年、当時の国家計画委員会が立案し、9872万元の資金を投じ、4年で基本的に鎮火させることを決め、2000年初めから正式に始めた。

消火するのに四年もかかったというのだから凄い話だ。
ていうか炭田火災起きすぎ。もったいねぇ。
 調査によると、新疆では産炭地88カ所のうち42カ所で火災があったが、現在、24カ所にまで減った。しかし、年間約1000万トン余りの石炭が焼失し、大量の二酸化炭素、一酸化炭素など有毒ガスと粉塵を大気中に放出している。硫黄溝炭鉱の消火は他の炭田火災の消火に貴重な経験を積んだ。
posted by 黒影 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。