2006年08月05日

インテークマジックを調べてみる

きくちさんとこのコメント欄で続いているマルチ信者とのやり取りを読んでいて、ちょっと気になるものがあった。
波動・美容・マイナスイオン
589.くろおに July 24, 2006 @ 06:29pm
皆さん初めまして。
いつも興味深く拝見させていただいております。
ここまでの流れとは全く関係ないのですが、タイトルにある「波動」つながりで弊社で今年度から導入した燃費向上グッズ「インテークマジック」について書かせていただきます。
インテークマジックの概要はこちらをご覧下さい。

http://www.intakemagic.com/
ことの顛末は、以下のとおりです。
その原理を簡単に要約すると
「バイオテクノロジーで吸気管内にMT波(マイクロトルネード)を発生させて通りを良くすることで、燃費が向上する」
という燃費向上グッズを導入することになりました。
発売元の説明を見て、
「発売元が声明できない製品の導入には、十分な検討がひつようでは?」
と、進言したところ、
「やってみてダメならしょうがない」
との、何ともやるせない返事でした。彼の中では既に導入ありきでした。
<後略>


要はあれだ、携帯の電池が長持ちするとか言う売り口上のシールと同レベルの代物。
このシールの場合、何故か貼るだけで燃費は向上し、排ガスは浄化され、エンジンの出力はあがるというとてもステキな代物(棒読み)

似非商売の口上にバイオを持ち出すとはいい度胸だ。
おまけにシアトル大学東アジア校に波動に船井総研かよ。
どう見ても疑似科学です。本当に(ry

事業立ち上げからの展開の速さや代理店サイトの構成、売り込みの手口から見て確実にプロのやり口なので、ちょっと調べてみた。 
 
 
このインテークマジックとやらのもっとも胡散臭いところは数多くのコピーサイトの存在。
それぞれ中身が微妙に違っていて、運営者も違う。
一応販売代理店とはなっているが、一見よくある「ト」のように見えてアングラな臭いがそこはかとなく漂っている。

インテークマジック
http://www.intakemagic.com/
http://www.p-shanghai.com/im/
http://www.pop-net.net/im/
http://www.intakemagic.info/
http://www.saga-auto.com/in-magic/index.html
燃費向上−インテークマジック
http://www.nesps.com/intake-magic/
インテークマジックプロ-IntakeMagicPRO OFFICIAL SITE-
http://www.intakemagicpro.jp/
とりあえずGoogleで引っ掛かったものを幾つか並べてみたが、まだまだいくらでもある。

現在物流系に盛んに取り入ろうとしているようだが…
物流専門誌がこの体たらくのようなので、くろおにさんのように会社の上層部が引っ掛かって苦労している人は意外と多いかもしれない。
このブログの情報が何らかの助けになれば幸いだ。


さて、早速販売代理店の商品説明を見てみると、それはもう香ばしい説明が書いてある。
インテークマジック IntakeMagic|有限会社ネイキッド コーポレーション
「インテークマジック」は、ある鉱石をバイオ処理したものをペースト状にしてブチルゴムに混ぜ合わせ、銅板のシールに貼り付けております。実は、この銅板が非常に重要な働きを持ちます。「インテークマジック」は空気の流れを変える波動を出していますが、そのままエアクリーナーにつけても(波動というのは容積が大きい方に流れる性質がありますので)ボンネットの方へと逃げていきます。それを防ぐために銅板が用いられているのです。

波動キター。まあ意外でもなんでもないが。
しかし波動が気流に渦を作るというのは初耳だな。
マイクロトルネード波(MT波)とか呼んでるんだっけ?

もうこの時点で「サヨウナラ常識の世界」という気分だ。
「十分に発達した科学 は魔法と見分けがつかない」と言ったのはアーサー・C・クラークだが、
現代でも既に科学とそうでないものの区別がつかなくなっている人間が少なからずいるようだ。
今どき波動なんてニセモノの代名詞なのに。
こんなトンデモ口上に引っ掛かるなよと思うのだが…


社員がブログを作っているので読んでみた。
すべての記事に目を通したが、最近メディア露出度が高まっていてそれに比例して引っ掛かる企業も増えているようだ。
火付け役は船井総研かよ。たまらんな。
環境改善はインテークマジックから・・・



◆インテークマジックの背景
インテークマジックの開発者、飯島謙一氏の履歴はこんな感じ。
http://www.saga-auto.com/in-magic/
インテークマジックはアメリカ合衆国の正式大学であるシアトル大学東アジア校で研究開発された製品です。
バイオテクノロジーにより開発されたインテークマジックは、自動車のエアフィルターから取り込まれる空気の流れを変え、エンジン内の完全燃焼を促進することにより、有害排気ガスを減少させ、トルクのアップによるパワーアップ効果、さらに燃費向上を実現させます。
平成15年10月には米国にて公認データを取得し、ピアース大学やスタンフォード大学など米国を代表する大学にて紹介・発表を行い、関係教授・関係スタッフから驚きと賞賛を得ることができました。
現在では、消防車や救急車への採用もされてきています。

インテークマジック開発者: シアトル大学東アジア校大学院 学長 環境学博士 飯島謙一博士


S.E.A. シアトル大学東アジア校
http://www.seaokinawa.org/
日本社会を蝕む偽学位を利用した商売 !(目安箱)
http://www.n-seikei.jp/2005/11/1116b.html
世界・「米国大学(院)学位商法」の危険性(9)奇怪な広がり
http://www.janjan.jp/world/0510/0510033275/1.php

その昔プレミア共済なる無認可共済を主催してた頃は国際地球環境大学教授の肩書きだった模様。
無論ここもシアトル大学東アジア校もイオンド大学の同類。いわゆるディプロマ・ミルってやつ。
弁護士山口貴士大いに語る: イオンド大学の学位商法

飯島氏は肩書きだけじゃなく、この二つのディプロマ・ミルの運営者の一人でもある。
自分で作った大学の教授の肩書きを自分で背負う。
そしてそれを自らの健康食品やら化粧品商売に利用する。

実にうまい手口だ。

ちなみにプレミア共済について調べてみても、色々と面白いネタが拾えるぞ。




このリンク先の掲示板でも中々いい味を出している。
http://www.progoo.com/rental/img_bbs1/bbs.php?pid=18995&page=1
No.35 ベンチャービジネスを応援 投稿者:飯島謙一  投稿日:2004/12/15(Wed) 17:57

■Dr.KIDカンパニー(ドクターキッドカンパニー)を立ち上げました。

私の研究室には商品化できる沢山の素材があります。
今回、研究員の山崎幸男を代表としてベンチャー企業を立ち上げました。

取り扱い商品は
1.ダイエットサプリメント
2.自動車有害排気ガス削減グッズ
3.バイオ消臭剤
4.シワ取り、バストアップ等に効果のあるジェル

 上記4種類です。

今後も、私が研究開発したものを商品化するベンチャー企業を応援します。

メーカーとしてベンチャービジネスをお考えの方はメールでご連絡下さい。

★現在までに商品提供(OEM等)した企業
 1.飯島環境経済研究所
 2.徳本自動車整備工場

成る程、ネイキッドや徳本自動車をはじめとした販売代理店はあくまでも手足に過ぎず、元締めはこいつか。
しかし中々古い商いだったのね。>インテークマジック
おまけに健康食品にも手を出していたとは。


健康食品関連では、どうやら過去には「白神オーガニック研究所」なるものにも絡んでいた模様。
http://web.archive.org/web/*/http://www13.ocn.ne.jp/~shirakam/*
(どうも今は白神オーガニックロードという名前になっているようだ。まだ繋がりがあるかどうかは不明)



ドクターキッドカンパニーというキーワードで結構釣れる。
http://happytown.orahoo.com/intake/
ここがドクターキッドのWeb上の本拠地らしい。
やれやれ、ここまで辿りつくのに随分かかってしまった。

他にも携帯用のサイトまで作っている模様。
http://xweb.to/profdrki/
こっちでは主に化粧品のセールス。リフトアップJPとか言うのが主力商品か。
昔から色々と手広くやっておられるようで。
(リフトアップという名称はきくちさんのところのマルチ談義でも散々出てきたけど、まさか繋がってないよなぁ?)



別口でも色々引っ掛かる。

〜シアトル大学東アジア校 地域経済研究所〜 船井総研のフランチャイズ271.com
http://www.fc-navi.com/database/data/fc_db_seaokinawa.htm
メール 資料請求
http://www.seaokinawa.org miffy@kitty.ch miffy@kitty.ch


なんでkittyなんてかわいらしいメアドを使っているかというと…
http://kitty.ch/ken
上記掲示板にリダイレクトされるこのアドレスを削っていくと飛ばされるこのメール転送サービスのメールアドレスだからだ。
マイメールクラブ
メルネット系列のメールサービスはこいつらの傘下。
カード決済の転送メアドとかハニーポットかよ。怖い怖い。
どこまでもズブズブだねぇ。


それにしても、Web上にさえこれだけ足跡を残しまくっているような程度の低い奴に引っ掛かる連中の気が知れないね。
ホンモノってのは影すら踏ませてくれないような連中だっていうのに。
こんなのに引っ掛かるようではホンモノには到底太刀打ちできないぞ。

<2008/06/18追記>
◆続報
幻影随想: 以前取り上げたインテークマジックに公取から排除勧告が出たようだ。



ついでにお気に入りのマンガの宣伝でもさせてもらおう。


<8/7 追記修正>


この記事へのコメント
  1. >それにしても、Web上にさえこれだけ足跡を残しまくっているような程度の低い奴に引っ掛かる連中の気が知れないね。

     いやいやいやいや、四輪/二輪、というかその用品業界とユーザーの程度なんてそんなもんですよ。(笑)

     私、実はnet二輪界(笑)ではちょっと有名人だった(過去形)のですが、もうね、コンデサチェーンだのアーシングだのともうむちゃくちゃですから、この世界。はっきり言いますが、業者もユーザーもバカばっかりです。バカ同士でダマしダマされのなれ合いやってるとしか思えないですよ。(--;;;

     何しろ素人の「体感」とそれにプラシーボ効果を与える業者の作ったデタラメな「データのような何か」と、業者べったりの雑誌提灯記事が「常識」となってしまう世界なので。。。

     もう似非科学とか宗教とかいうレベルのモノですらないです。およそこちらで扱う値打ちもないくらいグズグズの世界です。

     ま、その主張する「原理」がおよそこの世界の物理法則に照らして無意味であることを解いたとしても、尚「体感」とか言って頑なに信じ続けるあたり、似非科学やカルトそっくりなんですが、もうそれがしっかり浸透してしまっているので。。。正直ウンザリ。(笑)
  2. Posted by Indigo at 2006年08月05日 18:59
  3. 良心的でお世話になってるショップがこういった商品を置いてるのを見るとスゲー痛いですw
    最近自転車業界にもボチボチ来ましたが、あのな、F1やツールドフランスで使ってないものを何で使うのかと。
    まあプロは騙せませんから仕方ないんですけどw
  4. Posted by SLEEP at 2006年08月05日 23:41
  5. 初めて書き込みをさせていただきます。
    まず、詳細なレポートありがとうございました。

    >事業立ち上げからの展開の速さや代理店サイトの構成、売り込みの手口から見て確実にプロのやり口なので、ちょっと調べてみた。

    弊社の導入責任者やトップは、「賞賛サイトが多い、ネットにはいいことしか書いてない」=「商品の信頼性が高い」と勘違いしてしまったようです。
    まさに術中に落ちてしましました。
  6. Posted by くろおに at 2006年08月07日 19:46
  7. >Indigoさん
    ども、お久しぶりです。
    彼らに対して二重盲検やってみたら面白い結果が出そうですね。

    >SLEEPさん
    ホームセンターとかに行くとこんなのばっかりですよね。
    今度店ごとに取扱商品を比較してトンデモ大賞でも発表してみましょうかw

    >くろおにさん
    心中お察しします。
    ちょっと情報を追記しておきましたので、よければ利用してください。
    変更前は分かる人にしか分からないあいまいな書き方にしていたのですが、
    より「直接的であからさまな」内容に修正してあります。
    無認可共済やらディプロマ・ミルのネタを元に根回しすればあるいは逆転の目があるかも。
  8. Posted by 黒影 at 2006年08月07日 23:14
  9. 聞くところによると、ガソリン代の高騰に伴いインチキ燃費節約製品が増えているそうで(最も、それ以前からこの手の製品にはロクなものがない)、この品もその流れに乗っているのでしょう。しかし船井さんところは波動関係が本当に好きですね。
  10. Posted by 町田 at 2006年08月09日 22:32
  11. >黒影さま
    店ごともいいんですけど、マスコミ比較もありだと思います。
    「また産経がIDやってる評価マイナス1、読売の昨日の記事はポイントを掴んでたのでプラス2、NHKの劣化ウランはマイナス2」という感じで。
    全然関係ありませんが、「もやしもん」すげー面白いです、おかげさまで石川ブームです。教えていただきありがとうございました。
  12. Posted by SLEEP at 2006年08月10日 10:33
  13. >町田さん
    くろおにさんのところでもそんな感じの話の流れだったようです。
    船井氏は…昔からああいう人ですからねぇ。

    関連情報を調べていてこんなのを見つけて思わず腹の皮がよじれました。

    株式会社本物研究所 |有限会社ネイキッド コーポレーション
    http://www.naykid.jp/honmono/index.htm

    >SLEEPさん
    マスコミ比較も面白いのですが、継続的な取り組みになるのとネットで確認できない紙面だけの記事はフォローしきれないのとで二の足を踏んでいます。
    この手のトンデモ記事はウェブサイトの方には出ないことが多いんですよ。

    それはそうと、もやしもん普及に成功したのはこれで5人目です。
    してやったり(笑)
  14. Posted by 黒影 at 2006年08月11日 03:28
  15. もやしもん、俺のヲタな友人にも好評でしたよ。

    しかし本物研究所ってww、名前のセンスからして既にありえないし。セルシオにシールを貼るとこなんてモンティパイソンかと思ったw

    おっしゃるっとおりで継続的にやるのは結構しんどそうですね。ネット上にもちゃんとあげてほしいとこですけど。
  16. Posted by SLEEP at 2006年08月11日 22:40
  17. 今回のお話とは全く関係なく、先日のイリーナ博士の話を追っていましたら、船井氏がらみで神坂新太郎なる人物に心酔しまくっているblogに行き着きました。
    この神坂なる方もなかなかすごそうです。
    (なんでも、死んだ金魚を蘇生したとか)
    本物研究所にでもグッズが販売されているようですね

    遺伝子組み換え大豆は新生児の死亡率を5倍にする!
    http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/200608080000/
    神坂新太郎の世界
    http://members.jcom.home.ne.jp/koro-k/index.html
    神坂新太郎応援ブログ
    http://blog.livedoor.jp/jimi2/
  18. Posted by ぴら at 2006年08月12日 15:56
  19. 自分はインテークマジックを本当に貼ってる人ですが、本当に燃費は良くなってますよ。貼る前と貼ったあと通して2年間ぐらいデータを取っています。いわゆる満タン法で計っているので正確なデータとは言えませんが。
    ディーラーで排ガスをチェックしてもらったこともありますが、通常の車よりは綺麗な排ガスが出てるらしいです。
    シアトル大学云々で単なるうさんくさい商品になっているのが非常に残念。
  20. Posted by カプ at 2006年10月15日 22:49
  21. 当社では、結局10台分のインテークマジックを購入しました。導入後、半年が経過した現時点でも、燃費改善の兆しは見られませんし、未導入の車両と大差ありません。
    以前に他の場所にも書きましたが、燃費が良くならない燃費を問い合わせると、インテークマジックをつけてもエコ運転を実施していないと燃費は良くなりませんといった回答でした。
    エコ運転すればそんなモン貼らなくても燃費良くなるに決まってんだろ!
    運転方法が同じ(エコ運転未実施のまま)でも燃費が良くなるから燃費改善グッズなんだろ!!
    ただし、アフターサービスは満点です。インテークマジックを貼っても燃費が悪い車両には、1枚3万円近くする商品を気前よく追加で貼っていってくれました。オイオイ、原価いくらなんだよ。

    また、最近最寄りの自治体主催で行われたエコドライブセミナーの休憩時間に、この商品を積極的に販売しているNPO主催者がチラシを配布して、セミナー参加者にPRしていったそうです。省エネルギーセンターの講師が話している市主催のセミナーでこうゆうことやらせちゃ遺憾だろ→自治体担当者


    そのチラシには、「2005燃費向上グッズ大賞受賞」と記載してありました。

    http://www.super-tetsu.com/nenpi/nenpigoods_taisyou2005.htm

    表彰制度の主催者によっては今後の展開に影響があるかもと考えていましたが、良い意味で期待はずれ。あまりの小規模さとエントリーした商品群につっこみを入れつつ、業界による自作自演?とも感じてしまいました。
  22. Posted by くろおに at 2006年10月17日 17:50
  23. 初めて書き込みさせていただきます。

    TOSSランドのページ内で、インテークマジックを使った授業例の紹介を発見してしまいました。

    http://tossmiyazaki.net/ene/200512/haikigas.htm

    また、水伝の二の舞をやってくれるのでしょうか。
  24. Posted by hang at 2006年10月17日 19:08
  25. エコ運転には自信があります
    1、アクセルは慎重に踏む
    当たり前ですね
    2、ブレーキはなるべく使わずエンジンブレーキ
    二千回転を超えたあたりで燃料がカットされます、ブレーキパッドも減りません
    3、市街地や坂の多いところでは三速で
    ここまでは誰でも知ってそうな話ですが
    4、風の抵抗を考え前の車になるべく近づく
    オススメできませんがwいやでも自転車乗ると良くわかる
    5、80km過ぎると窓を開けるよりエアコンの方が得
    ディスカバリーチャンネルでやってたそうです、たしかに乱気流とか発生しそう

    トヨタのハイブリッドなら1〜3は関係ないのがスゴイとこです
  26. Posted by SLEEP at 2006年10月18日 12:31
  27. >くろおにさん
    結局ダメでしたか。
    なんともお気の毒様です。

    >インテークマジックをつけてもエコ運転を実施していないと燃費は良くなりません
    噴飯ものの言い訳ですね。
    上司の方はこれを聞いても何も言わなかったでしょうか?
    効果がないと自分で認めたも同然でしょうに。

    >オイオイ、原価いくらなんだよ
    写真を見る限り、どんなに高くても数百円程度だと思います。
    そんな事に無駄金はたくくらいならエンジンのオーバーホールでもすればいいのに。

    >hangさん
    他の教材を見る限りではそうおかしな人にも思えないので、おそらくよく考えずに見つけたからと載せたのでしょう。
    小学校の先生らしいので、生徒に変な知識を植えつけていないか不安です。
  28. Posted by 黒影 at 2006年10月21日 00:45
  29.  「特殊鉱石を混ぜたシールを貼れば燃費向上」と、「ぐるぐる渦巻きを書いて貼れば特定の有害電磁波をシャットアウトできる。」どっかで聞いたような話を延々繰り返してますなぁ。
  30. Posted by 功島 at 2006年10月21日 23:43
  31. ホームセンターでビデオが流れていて目が点になりました。
    そこで、シアトル大学って実在しないことを願いつつ検索。悲しい結末になってしまいました。
  32. Posted by 中西 at 2007年02月05日 00:04
  33. 以前、友達に勧められて購入しましたが、排除命令が出てやっと理解できました。実際に効果はまったくなかったので。排除命令の後で、この飯島某先生を調べてみて確信しました。結局この人はウソで商売している訳で、何でこんな詐欺のような商売をしている人がいつまでもいるんでしょうか?金になるなら何から何まで手を出していて、まるで詐欺の二十面相です。
    YouTubeでも検索すると名前が出てきました。
    http://jp.youtube.com/results?search_query=%E9%A3%AF%E5%B3%B6%E8%AC%99%E4%B8%80&search_type=&aq=f
  34. Posted by マーチ at 2008年06月15日 00:01
  35. 初めて書き込みします。
    面白いブログですね。これからもちょくちょく購読しようかと思います。

    ところでこの手の疑似科学事業って、モグラ叩きのモグラのように叩かれても叩かれても嘘をついている人がいることも事実ですが、それが事業として成立しているってことは、人間が身の回りの現実を観測する精度の限界を示しているように思えるんですが。
    「疑似科学」ではない「真正科学」は現在でもそれなりに精緻なライブラリとして整備されてはいると思いますが、われわれの社会に住む多くの人間にとってはあまりに煩雑すぎるというのが偽らざる本音なのではないでしょうか。そういう人にとっては「疑似科学」こそが観測できる事実を明快に説明するものであり、「疑似科学」がダメだというのなら「真正科学」に則って生活していかないと生存できないことを証明してみせろと迫られるでしょう。良心的な教育者たちは彼ら全員に「真正科学」のライブラリを教え込もうとはしていますが、あまりそれが成功しているとは思えません。

    実際「真正科学」の懐疑者から見れば、『飛行機が空を飛ぶ理由は解明されていない』という文章は現実味を持っているのでしょう。
  36. Posted by maru at 2008年07月10日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。