2006年08月05日

サイエンスサマースクール

日経サイエンスで紹介していたので取り上げてみる。
夏休み特別企画 サマースクール:日経サイエンス

小中高校生向けに各地で開催されるサイエンスサマースクールのうち、
現在でも申し込みが間に合うものを紹介してみよう。
大抵のサマースクールは7月中に応募を締め切っており、残るものはそれほど多くない。
本当はもう少し早くとりあげるべきだったんだろうなぁ。
まあいいや、その辺は来年の課題としよう。
 
 
 
サマーサイエンススクール in 妙高高原
「宇宙と生命の軌跡をたどる3日間」

【実施日】  平成18年8月27日(日)〜8月29日(火)
【集合場所】  JR東京駅八重洲中央口。または、JR妙高高原駅。
【宿泊場所】  妙高高原ホテルアルペンブリック
 〒949-2112 新潟県妙高市池の平2457-2
【定員】  高校生20名
【費用】  20,000円(税込み)(宿泊費・食費・保険・企画指導料含む)
【締め切り】 8/18(金)
【概要】 本企画は理系大学生・大学院生と過ごす3日間の科学合宿教室です。
 アストロバイオロジーをテーマに、「宇宙」「地球」「生命」をキーワードとして、様々な視点から「いのちとは何か?」を考えます。
 DNA抽出実験や生き物観察、地層観察や化石掘り、天体観察など内容は盛りだくさん。また、現役の若手研究者による進路相談や座談会もあり、理系の苦労話や面白さなどを生の声で聞くことができます。

主催しているリバネスはこういった中高生向けのサイエンス教室を多数主宰しているところなので、多分クオリティは高いかと。


北里大学水産学部海洋生物学実験研修コース
■ 日時 平成18年8月24日(木)〜8月26日(土)(2泊3日)
■ 場所 北里大学水産学部(岩手県大船渡市三陸町)
■ 募集人員 約30名(先着順)
■ 研修プログラム 実験実習,キャンパス見学,講演(演題未定),親睦会。
■参加費無料(交通費宿泊費自己負担)
■締め切り 不明

参加した高校教員の声はあっても肝心の生徒の声がないのが一抹の不安


KAST青少年科学技術フェスティバル2006〜 ロボットの可能性を探る 〜
■開催日程 : 平成18年9月3日(日) 13:00〜17:00
■開催場所 : KSPホール
(川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク西棟3F)
>> 地図はこちら
■対象 : 小学5年〜高校程度(保護者等を含む);120人 (規定数に達し次第締め切り)
■参加費 : 無料
(空の牛乳パックをご持参下さい。)

プログラムを見る限りでは結構面白そう


高エネルギー加速器研究機構(KEK)一般公開
9/3(日)に同機構(茨城県つくば市大穂1-1)で。
内容は,講演「宇宙・物質・生命をつなぐ糸」「中性子で観る新世界」や物理教室,施設公開など。
無料。

粒子加速器の一般公開が個人的にツボ


posted by 黒影 at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。