2005年02月17日

もう銀歯は要らない?

虫歯の治療を受けた事がある人なら分かると思いますが、
あのガリガリと歯を削られる感触はなんとも嫌なものです。
しかも深い虫歯だと治療も痛いですからね…

削った後に詰められる金属も嫌なものです。
金属を噛むと電気が流れて嫌な酸味がしますし、
何十年も経つと劣化するので交換しなくてはなりません。

しかし、技術の進歩は歯の再生をも可能にしたようです。


虫歯を白い歯に修復
東北大大学院工学研究科の厨川常元・教授(ナノ加工学)の研究グループは16日までに、同大学院歯学研究科の佐々木啓一、鈴木治両教授と共同で、歯の主成分ハイドロキシアパタイト(HA)の微粒子を歯表面に高速で噴射し、室温、大気圧環境下でHAの膜を歯表面に生成することに成功した。虫歯治療で切削した部分に歯と同質のHA膜を盛り重ね、ほぼ元の状態に戻すことが可能。新しい歯科治療法として、実用化が期待されている。

金属や樹脂を埋め込む現在の治療法に比べると、耐久性や密着度に優れているそうです。
この技術で歯をコーティングすることで、虫歯予防にも効果があるとか。
実用化したら私もこれで銀歯を置き換えたいものです。


posted by 黒影 at 16:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 差し歯をしてるんですけど削った歯が元の歯に戻るんですか?自分の歯が復活すると言う事ですか?近い将来と言うのはどのぐらいで先ですか?10年以上先ですか?
  2. Posted by 山田 美知子 at 2007年11月25日 18:59
  3. >山田 美知子さん
    削った歯が元に戻るわけではありません。
    あくまで歯と同質の物質で補修するだけです。
    なお私は専門家ではありませんので、どの程度で実用化するかはお近くの歯医者さんにでも訊ねてみてください。
  4. Posted by 黒影 at 2007年11月26日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。