2006年03月26日

米国が進める宇宙兵器開発

まるでMoonlight Mileを地で行くような話だな。
宇宙兵器の開発を急ぐ米国、その真の目的は?(上)
宇宙兵器の開発を急ぐ米国、その真の目的は?(下)


アメリカは以前から宇宙空間の軍事利用に大きな関心を示している。
「宇宙兵器」開発プロジェクトを進める米国防総省
月や火星に米国の覇権?――米国の新宇宙開発計画に懸念
「宇宙を制すものは世界を制す」というのがその背景思想のようだ。
実際に宇宙空間を勢力下におさめれば他国の軍事衛星を潰し、GPSを作動できないようにし、弾道ミサイルを無力化して敵の作戦行動能力を大きく削ぐ事が出来る。
他国に先んじられてなるものかと考えている米国には他の選択肢はありえないだろう。

こうしたアメリカの宇宙戦略を刺激しているのがロシアや(特に)中国の急速な宇宙開発の動きだ。
ロシア、「あらゆる防衛システムを突破できる」超音速兵器の開発に成功
「2017年から月への有人飛行」――中国の宇宙計画
軍事的優位を保つため、宇宙資源を確保するため、中露に煽られる形で今後再びアメリカの宇宙開発が盛んになるだろう。


posted by 黒影 at 01:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | 宇宙開発・天文ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. ロケットエンジンを進化させるために酸素と水素を燃料噴射ポンプで燃焼室に噴射し点火プラグで点火し燃焼室の噴射口に蓋を付け一定の圧力以上でないと開かないようにして連続で燃焼させると今までよりも大きな出力を得られるかもしれない
  2. Posted by 増田二三生 at 2007年08月20日 09:40
  3. ヘリウムを利用して空中にロボットだけの実験室を作るなぜならロボットを非常に軽くして人と同じ動作を出来ればわりと大きな実験室を軽く出来空中実験室を作れ役にたつかもしれない
  4. Posted by 増田二三生 at 2007年08月25日 19:57
  5. テロリストを向けうつ時ただ武力行使をしていたのでは自分達も殺人者になってしまう テロリストたちに対し社会のために働くことの大切さ人類としての生き方を説明していく必要があるまたそういう立派な人達なら世界中の富豪たちも惜しみなく支援していくのではないだろうか 人類まだまだ正義はすたれていないことを信じたい
  6. Posted by 増田二三生 at 2007年08月28日 10:03
  7. もし宇宙空間に無重力の大きなドームが出来たとしてそこで生態系を作るとしたら生物達は無重力の中で急速に変化するだろうとおもわれる どのように変化するか 人類にとっては重大な研究になるかもしれない
  8. Posted by 増田二三生 at 2007年09月04日 18:54
  9. 人類は地球の中で歴史を築いてきた宇宙では非常に恵まれた環境でありその恵まれた環境が人類にとって甘えを生み出し不幸な人が大半ではないだろうかそうすると宇宙に行ける今こそ人類が本当の幸福になれるチャンスなのかもしれない 勇気ある人類は宇宙を目指すべきではないだろうか
  10. Posted by 増田二三生 at 2007年09月14日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。