2010年03月24日

ニセ科学商品バイオラバーについてのまとめ

先週バイオラバー関係で壮快薬品が書類送検を受けた。
「がんに効能」で薬事法違反容疑 社長と会社を書類送検 - 47NEWS(よんななニュース)
 高速水着素材の開発で知られる山本化学工業(大阪市)の製品を「がんに効能がある」とうたって販売したとして、京都府警が薬事法違反容疑で健康用品販売会社「壮快薬品」(東京都)の男性社長(58)を書類送検したことが17日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、書類送検はことし2月。両罰規定に基づき法人としての同社も書類送検した。社長は容疑を認めている。
 京都区検は17日、社長と同社を略式起訴した。
 販売したのはバイオラバーと呼ばれる特殊素材を使った製品。医療機器として国の承認を受けておらず、医学的効能をうたった販売は禁止されている。
 京都府警が昨年10月と12月、薬事法違反容疑で同社元役員や山本化学工業の関連会社社員らを逮捕し、全員が罰金の略式命令を受けた。
 社長の送検容疑は昨年7月、同法違反の罪で略式命令を受けた元役員らと共謀し、壮快薬品京都駅前店で女性客に医学的効能をうたって、バイオラバーのベルトを約23万円で販売した疑い。

元々バイオラバーが摘発されるきっかけとなったのはこの会社で、昨年10月に家宅捜索を受けてから5ヶ月後の書類送検となる。
がん抑制うたい健康器具を販売 会社を家宅捜査 京都府警 - MSN産経ニュース
 高速水着素材の開発で知られる山本化学工業(大阪市生野区)の「バイオラバー」を使った商品を「がんに効能がある」とうたって販売したとして、京都府警は20日、薬事法違反容疑で健康器具販売会社「壮快薬品」(東京)の京都駅前店(京都市下京区)を家宅捜索した。
 壮快薬品は各地に支店があり、バイオラバーを使ったマットやベストの顧客説明会を各地で開催し販売。捜査関係者によると、医療機器として厚生労働相の承認を受けていないのに、社員らががん抑制の効能をうたっていた疑いが持たれている。
 壮快薬品は取材に対し「薬事法に触れるような販売方法はしていない」としているが、現在は販売を中止している。

壮快薬品のウェブサイトを見ると京都駅前店は閉店したらしいが、インターネット店舗の方ではまだ有機ゲルマニウムだの水素水だの、アレな商品の販売を続けているようだ。
壮快ネット | 壮快薬品インターネット店(壮快薬局)

この会社のアレさ加減については昨年putoriusさんも取り上げていた。
ニセ健康食品のセレクトショップ | 鼬、キーボードを叩く
そうそう体質は変わらないということか。
 
 
 
さて、実はバイオラバー関連のエントリはまだこのブログで取り上げたことが無かった。
というか取り上げたつもりでいたけれど、つもりだけだった模様。
既にNATROMさんやきくちさんの所に十分すぎるほど情報がまとまっているので、今更うちでまとめることも無いかとも思うのだが、
以前集めた情報がもったいないので簡単にまとめておくことにする。

そもそもバイオラバーとは何ぞやという話だが、
山本化学工業株式会社という会社が開発した独自の新素材、という触れ込みの商品だ。
とりあえず公式サイトの説明から
製品フィールド ヘルス-|山本化学工業
バイオラバーとは?
炭酸カルシウムを99.7%以上含む高純度の
石灰石をベースとし、独自製法のミクロの気泡に
よるハニカム構造をもったラバーに、
希少金属を配合し混入することで、
人体に有益なバイオウェーブ(遠赤外線)を
放射するのが「バイオラバー」です。

バイオウェーブとは?
東洋では「気」の一種として認知されていて
健常者が発しているのと同じ、4〜25ミクロンの
波長を持つ遠赤外線レベルの波動の事です。
遠赤外線は有機物に接触すると、熱や電気に
変換されて、人体に有用な働きがあります。

様々なメディアの紹介でたちまち大反響
新聞やTVなどで取材・報道されています。
また出版物ではバイオラバーの第一人者たちが、
バイオラバーの確かな機能を、豊富な実証例と
ともに詳しく紹介されています。

この商品のインチキ性についてはNATROMさんが2004年の時点で既に取り上げている。
バイオラバーってインチキ? - NATROMの日記
ニセ科学を見抜く練習問題(「バイオラバー」応援サイトから) - NATROMの日記

簡単にまとめると、以下の二点が、上記のエントリでNATROMさんが指摘している問題点になる。
1.実験条件を明示せず対照データも取っていない、論文すら無いなんちゃって実験データを元に、がんが治るその他諸々の効能を主張(薬事法違反)
2.そもそも盲検すら行っていないデータなど、信頼に値する科学的根拠として扱えない。

さらに加えて、「根拠となる論文」として挙げられていたものも真っ赤なウソだった。


こんな状態では摘発されない方がおかしいというもので、山本化学の関連会社からも逮捕者が出ている。
バイオラバー「がん効く」逮捕の販社、所在地・社長が山本化学と同じ - MSN産経ニュース
 高速水着素材の開発で知られる山本化学工業(大阪市)の製品が「がんに効能がある」とうたわれ違法に販売されていた事件で、社員が逮捕されたゴム製品販売会社「ハーキュリーズグループ」の所在地や社長が山本化学工業と同じであることが21日、京都府警への取材でわかった。
 府警は2社の関係や、山本化学工業が違法販売の実態を知っていたかどうかを慎重に調べる。
 府警によると、ハ社の登記上の本社は大阪市東成区だが、事務所は大阪市生野区にある山本化学工業と同じビル内にあり、電話番号も同一。山本化学工業の山本富造社長が代表を務めていた。



今のところ山本工業の社長は逮捕されていないが、この人も既にテレビで「バイオラバーでガンが治る」と言っちゃっている。
痛いテレビ : 【動画】山本化学工業社長「バイオラバーでガンが治る」
一方で、問題発覚後の朝日の取材に対してはこんな風に責任逃れをしてみたり。
バイオラバー販売業者に薬事法違反の恐れ - NATROMの日記
さて、記事によれば、薬事法に違反する恐れがあるとされたのは販売会社であって、バイオラバーを開発した山本化学工業株式会社ではない。ウェブ版の記事には出ていないが、紙面*1のほうには、
取材に対し、山本化学工業の幹部は、バイオラバーには医学的な効能はないとし、「販売業者には『がんが治る』という説明はしないようにお願いしている」と話した。

とあった。記事が正しいなら、山本化学工業の幹部がバイオラバーに医学的な効能はないことを認めたわけである。しかし、山本化学工業のサイトの主張と矛盾するように思える。さすがに「がんが治る」とは明示していないが、医学的な効能があるかのように書いてある。「健康維持に。気軽に使えるバイオラバー」*2、「バイオラバーが発するバイオウェーブを活用し、健康づくりなどに、役立っています」*3などという記述がある。医学的な効能はないのに、健康づくりに役立つなんてことがあるのだろうか。

彼が白か黒かは読者の判断に任せるが、少なくとも私は彼が一線を踏み越えた人間だと見ている。


ちなみに、バイオラバーのインチキ論文暴きについてはkikulogが詳しい。
バイオラバー関連論文
学会発表は、兵庫医大泌尿器科の島博基教授(昨年度いっぱいで定年退職だと思う)のグループによるもので、学会発表すること自体はいいとして、日本のいくつかの学界とアメリカ癌治療学会での発表を「学会で承認」と表現したことが問題になっています。あたかも研究結果に学会がお墨付きを与えたように読めるというので、これについて、日本癌学会は山本化学工業に警告し、また他の学会も取材に対して一様に「承認という表現は不適切」という趣旨の回答をしたというもの。

これも既にいろいろな人の指摘で明らかなように、学会での発表を認められただけなのに、それを「学会で承認」と表現するのは明らかに通例に反するし、ありていに言って嘘なわけです。だから、学会としては当然そういう回答になるはずです。
「学会で承認」という言葉で相手を誤解させておいて、意味を訊かれたら「嘘ではなく、発表することが承認されたという意味であり、研究内容が承認されたという意味ではない」と答えればいいと考えていたのでしょうが、そうだとすれば、非常に悪質です。
ちなみに、会員なら誰でも無審査で発表できる学会もあれば、審査のある学会もあるので、「発表を認められる」ということはあると思いますけど、それを「研究結果が学会で承認された」とは表現しないということです。

すると、問題は「学会で承認」と言い出したのが誰なのかなのですが、仮に島教授の知らないところで山本化学が勝手にそう表現したのであれば、島教授はかなり信頼を傷つけられたことになります。また、万が一、島教授自身が「学会で承認」と表現したかあるいは山本化学工業がそう表現するのを黙認したかであれば、島教授が不誠実だということになります。


もういっちょ
次がNature precedingsで公開された「論文」。

http://precedings.nature.com/documents/1980/version/2

Nature precedingsというのは、Natureがやっているプレプリント・サーバーのようなもので(実際には、post-preprintでpre-publicationという針の穴を通すような位置づけなので、プレプリント・サーバーと呼ぶと怒られるかもしれないけど、査読されていないという意味では、preprintとしか言うようがない)、ここに公開したからといってNatureグループの論文雑誌に掲載されたと認めることはできません。だって、査読されていないのだもの。つまり、この「論文」はまだどこの雑誌にも掲載されていないものです。

Nature precedingsにはそれなりの理想があると思います。ちゃんと使えば、ですが。しかし、Nature系の雑誌に掲載されたと誤解する人も出てくるし、それを意図して論文を掲載する研究者が出てくるのも必然のように思います。まあ、それはNature precedingsが悪いわけじゃないんだけど。もちろん、島教授がそれを意図したかどうかは知りません。

いずれにしても、これは「査読を通った論文」ではない。そして、仮にこれをこのまま通す雑誌があったら、「ダメ雑誌」認定でいいでしょう。
とりあえず、生物の実験結果は置いといて、
....................
This could be theoretically brought by the effects of the structure-based substance wave at a frequency of 2.27×10^33/s radiated from the molecules by resonance when exposed to far-infrared rays.
...................
なんていう文が出てくる時点で、却下でいいです。

とまあ、これがバイオラバーの論文についての全てだな。
バイオラバーの「研究論文」なるものはそもそも論文として雑誌に発表されたことすらないし、内容についてもデタラメだったわけだ。
それどころか投稿してもいない論文を「科学誌Natureに掲載された」と言い張り、学会発表を「学会が承認」とウソをついていたわけだ。


バイオラバー関連の研究については、兵庫県立医科大学だけでなく近畿大学の研究者も絡んでいたので、ついでに記録しておく。
これはバイオラバーの摘発後速攻で削除された近畿大学のプレスリリースだ。
無言で記事を削除すること自体が、発表内容の信ぴょう性を如実に物語っている。
「バイオラバーのがん抑制効果」に新たなメカニズム 近畿大学医学部の研究グループが解明 近畿大学 | プレスリリース(cache)
近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市、学部長:塩ア均)の研究グループは、山本化学工業株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:山本富造)が開発した医療用素材「バイオラバー」(学術名:活性型ゴムレジン)が持つとされるがん抑制効果について、これまで指摘されてきた「がん細胞に対する直接的効果」とは異なり、生体内における間接的効果によるがん抑制のメカニズムが存在することを解明しました。
研究グループでは、今後の課題として、他の温熱治療との比較検討と、がん発生予防を目的とした研究が必要としており、これらを検証すべく現在、さらなる研究を進めています。詳細な研究成果は、来年4月に開催されるアメリカ癌学会で報告する予定です。

研究を進めているのは、近畿大学医学部の植村天受教授を中心とするグループ。2009年2月から、「バイオラバーによるがん抑制メカニズムの科学的な解明」を目的に、研究を続けてきました。


デタラメまみれでどうしようもないバイオラバーだが、当時はこれに引っ掛かっているマスコミや医者がそれなりに居た。
これだけアレな情報が明らかになっているにも関わらず、いまだにバイオラバーの記述が消えないクリニックもいくつか存在する。
わざわざ晒すことはしないが、まあググればすぐ見つかるので興味のある人は探してみるといいよ。
彼らは騙された患者にどの面下げて向き合うのかね。
収まらぬ「がんに効く」信じた消費者の怒り - MSN産経ニュース
 効果を信じてバイオラバー製品を約100万円で購入したものの、昨年9月に肺がんで死亡した大阪府柏原市の女性=当時(56)=の長女(30)は「いろいろな治療を試しても効果がなく、すがる思いだった母に製品を買うなとはとても言えなかった」と話した。
 女性は昨年2月に末期の肺がんと診断され、府内の病院で化学療法を続けているうちに、バイオラバーを取り上げたテレビの情報番組を見て興味を持った。動物実験でがん細胞を抑える働きがあるという研究結果を紹介するPR記事を読み、「直接見たい」と長女に懇願。体力が衰えて歩くのも困難だったが、電車で約1時間かけて販売店に向かった。
 その販売店こそ、今回の事件で京都駅前店店長が逮捕された「壮快薬品」の大阪駅前店だった。「私も使っています」「がん患者さんもよく来ますよ」。女性は店員の勧めでバイオラバー製のマットに寝て試した。「温かくなった気がする」。そう言って約100万円の製品を購入した。
 女性は帰宅途中に歩けなくなるほど疲れたが、製品を手に笑顔を見せた。だが、がんの進行は止まらず、昨年9月に亡くなった。長女は「生きる希望を失わせることになるから、母に製品を買うなといえなかった。私自身は半信半疑だったが、医師やいろんな人が推奨しているのをネットで見るうちに期待を抱いたのも事実。製品をよく検証してから情報発信してほしかった」と話した。

幻影随想: サギとマルチと疑似科学
 
この記事へのコメント
  1. >長女は「生きる希望を失わせることになるから、母に製品を買うなといえなかった。

    実際こういう状況になったら俺も買うかもわからない。思い込みで治るかもしれないし。病は気からはこれも贋科学ですか?黒影さん?
  2. Posted by タカ at 2010年03月24日 14:18
  3. 買うかどうか、は「ニセ科学かどうか」とは無関係な話では?

    「わらにもすがる思いの人が買うから」、「思いこみで直るかもしれないから」と言った理由があるからといって、

    全く効果のない物を高額で売りつける行動が正当化されないと思いますが?
  4. Posted by トーリス・ガリ at 2010年03月24日 15:12
  5. >全く効果のない物を高額で売りつける行動が正当化されないと思いますが?
    それは当り前ですが、もう少しで死ぬかもしれない母を目の前にして、心的に楽になるのであれば買うのを止めることができないんじゃないか?と私は思うわけです。
    贋科学とは関係ありませんでした。ニセ科学という言葉をこのサイトで知って使ってみたかったんだと思います。
    要するに、特殊な状況でこの商品は嘘だから俺は買わないと100%言い切れるか?ということを言いたかったんです。
  6. Posted by タカ at 2010年03月24日 15:42
  7. なつかしいな、バイオラバー
    GAORAでアメフト見てると必ずCMを目にするという・・・あの卓球のラバーみたいなのに何の効果があるんだと。

    >タカさん
    自分の母が癌になった時どうするか?私は止めません。それは母の自由です。それが母の可処分所得の範疇であり、私に金銭的負担をかけないのであれば。同様に私は買いません。あなたにもあなたの自由があります、お好きなさればよろしいでしょう。
    問題はその「特殊な状況」、つまり相手の難病という弱みに付け込むような商売には卑劣さがないかということです。薬事法はだからこそ厳しいんですね。
  8. Posted by SLEEP at 2010年03月25日 01:01
  9. でも母上がお亡くなりになられたら、そのお買い物分遺産が減りますよ。(まあ税金がかかりますが)

    自分の金を持ち出すか否かの問題であれば、俺は金を払わないとは言い切れないですね。俺の母が年取って迷信深くなってそういうのに、はまらないと願ってるけど。ボケてくるだろうし。ドラ息子だから、これが最後の親孝行のチャンスかもって思ったら。

    >問題はその「特殊な状況」、つまり相手の難病という弱みに付け込むような商売には卑劣さがないかということです。

    俺が言ってる特殊な状況の意味を履き違えてるし、こういう商売が卑劣ということは前提として考えています。
  10. Posted by タカ at 2010年03月25日 10:17
  11. すみません、結局タカさんが何を云いたかったのか、さっぱりわかりませんでした。

    私だって自分がガンになったら、怪しいモノにはまってしまうかもしれないのを否定できません。
    そこまではいいです。

    で、だから?
  12. Posted by Seagul-X at 2010年03月25日 12:30
  13. >タカさん
    「効果がないものを、効果があるように言う」という薬事法違反にひっかかったのが
    この会社の問題ですが、ではどうすれば法律違反にならずに商売できたでしょう?

    そう、効果があるものを売れば良かったんですねー。

    より適切な処置を受ければ、もっと長生きできたり、あるいはより苦痛の少ない末期を
    過ごせたかもしれない人が、効果のないものをありがたがって、貴重な7カ月を空費して
    しまった。これは「当人が満足ならそれでいい」では済ますことのできない事態です。
  14. Posted by 迷い家兎 at 2010年03月25日 12:56
  15. >私だって自分がガンになったら、怪しいモノにまってしまうかもしれないのを否定できません。そこまではいいです。

    俺は自分の母やもしくは大事な人がガンになったらと言ってるんですが。自分がガンになったら買うかもしれないというのとは動機が全然ちがうでしょう?

  16. Posted by タカ at 2010年03月25日 14:56
  17. >私だって自分がガンになったら、怪しいモノにまってしまうかもしれないのを否定できません。そこまではいいです。

    俺は自分の母やもしくは大事な人がガンになったらと言ってるんですが。自分がガンになったら買うかもしれないというのとは動機が全然ちがうでしょう?
  18. Posted by タカ at 2010年03月25日 14:58
  19. >私だって自分がガンになったら、怪しいモノにまってしまうかもしれないのを否定できません。そこまではいいです。

    俺は自分の母やもしくは大事な人がガンになったらと言ってるんですが。自分がガンになったら買うかもしれないというのとは動機が全然ちがうでしょう?
  20. Posted by タカ at 2010年03月25日 15:02
  21. 主は、効果が無いものを売っていることを非難してても、それを買ってしまう患者や周りの人を責めてなんかないじゃん。ストローマン?
  22. Posted by のりりん at 2010年03月25日 22:00
  23. タカさん、どうも話を取り違えて失礼しました。

    しかし、私に関するかぎりあまり違いません。自分がガンになったらはまるかもしれないのとおなじように、身近な人がガンになったらはまるかもしれません。自分も助かりたいし、身近な人も助けたいですから。
    でも、できればそんな状況でも冷静でいたいし、そんなものにお金を使うのならもっと有意義に使いたいし使って欲しい。遺産をもらうのはどうでもいいですが、残すほうは多いほうがいい。
    いまはそう思っていても、いざその場になると理性なんか吹っ飛んでしまって、はまるかもしれない、それが自分であっても親族であってもです。

    で、それはそれとして、タカさんの主張したいことはなんですか?
  24. Posted by Seagul-X at 2010年03月25日 23:20
  25. >>10
    自分なら悪質なニセ医療に金を投じるなんて無駄なことをせず、治験中の最新薬品を全国の医療機関を廻って探しますがね?冷静になられてはいかがですか
  26. Posted by ななし at 2010年03月26日 12:44
  27. どうやらなんか議論っぽくなってしまいましたが、最初の投稿の文がまずかったために変な感じになってしまいました。

    俺は、単に「病は気から」(プラシーボ効果っていうの?)という言葉はよく耳にするけど、これも嘘なのかなあと黒影さんに聞きたかっただけです。1を見ていただければ別に特に主張は無いことは明白です。自分で言うのもなんですけど。

  28. Posted by タカ at 2010年03月26日 16:03
  29. えーと、ここの左側にある”カテゴリ”という所に、「疑似科学・ニセ科学・オカルト・トンデモ」と言うのがあるので、そこに含まれている記事を幾つか読んで見れば分かると思いますが。
    少なくとも有る程度強めの言い方をするのなら、幾つかの記事を読んでから書き込むべきだと思いますが。

    私も完全に全部、隅から隅まで、事細かく、徹底的に、チェックした訳ではないので、断言は出来ませんが、少なくとも、「ニセ科学」等について、ある程度批判的な人が、「プラセボ効果」自体が「ニセ科学」と主張している意見は見た事がないです。

    「ニセ科学」の主張している効果の多くが「プラセボ効果」で説明できて、「プラセボ効果」を得るのなら、何も高いお金を払う必要はない。と言う事ではないでしょうか?
    更に、「ニセ科学」の多くは「プラセボ効果」よりも確実な効果が期待できる治療法から遠ざけてしまう危険性がありますから、批判する事が重要になるのでは?
  30. Posted by トーリス・ガリ at 2010年03月26日 16:41
  31. |ω・`)博士も知らないニッポンのウラ 第32回で出演してた方ですね。
  32. Posted by 半顔さん at 2010年03月28日 12:49
  33. なるほど、タカさんは別に何か主張したかったのではなかったのですね。
    こういう質問から、自分の主張につなげていくひとは結構いて(私自身もすることも時々あります)、なかには何か主張したそうなんだけど質問以上の意味が読み取れない、ってひともいるので誤解しました。すみませんでした。

    トーリス・ガリさんが書かれているように、プラセボ効果を否定するひとはそんなにいないんじゃないかと思います。
    ただ、プラセボ効果も必ず出るわけでもありません。怪しい代物に頼って、(これもトーリス・ガリさんが書かれているように)通常の医療を患者自身が避けたり、なお悪いことに業者がデタラメを吹き込んで医療を受けさせないように持っていったりした挙げ句、プラセボ効果が出なかったらどうしましょう?

    プラセボ効果をちゃんと使うためには、やはり医師の的確な管理のもとであるべきじゃないのかな、といまの私は思います。たとえば薬をつかう時でもプラセボ効果が出ていればその分だけ量を減らし、副作用も抑えられることが期待できそうです。でも運悪くプラセボ効果が効かない時でも、それを医師がちゃんとみていればまた薬を増やして補うことができるでしょう。
    なんて偉そうに書いていますが、その場になったら冷静な判断ができるかどうか自信がないというのは前に書いたとおりです。
  34. Posted by Seagul-X at 2010年03月28日 22:21
  35. 今楽天でバイオラバーのマット注文しました!
    すごく楽しみ
    またレポしますね
  36. Posted by 買ったよ! at 2010年12月22日 20:36
  37. 溺れるものは藁をもすがる… この言葉はまさしくこの商品の為の言葉かもしれません。私はこのバイオラバーなるものを販売しているお店でアパレル関連の物を売っているのでこの会社とはなんの関係もありません。これは前おき…

    販売とはまったく関係のない一人の老婦人が私に30年近く色々な展示会に来て色々な物を買ったがたった一つ本当に良かった…と思うものがある… それは何?と尋ねたら件のバイオラバーだと彼女は言った。
    私は驚き前々から知ってはいたが眉唾物と思っていた物を感謝している人に驚き、話を聞いた。
    彼女は肝臓癌で摘出手術を受けたが取れない所にありそのまま綴じられたそうだ。
    癌をとりきれなかったのだから、自分もいつまで生きられるだろうか…と失意の日々にこのバイオラバーの話をきき、ダメ元でベルトと三角のパットを購入…3ヶ月後には腫瘍が小さくなり一年半後には消えていたそうだ…
    そして彼女はもう10年生きている…このベルトのお陰だと言った。そんな話もありますよ。 私は何の関係もないただの一老婦人がポロッと話したその言葉を信じる事にしました。
    そして私の子宮筋腫もなくなりました。

    難しい話はしなくても実際に結果が出ています。
    でも
  38. Posted by マリリン at 2011年05月10日 12:41
  39. うちのおやじが癌の時にこれを買ったよ。
    何の効果もなく、2ヶ月後に死んだけど。
    オカルト系とかじゃなく科学実証されたとか
    もっともらしい事とかで騙しやがって。
    正直眉唾ものだったが、普段から親不孝して
    た者にとっては金額の事なんかどうでも良いと
    とにかく気休めでも良いからと思って買って
    しまった。まさか実証データーじたいが捏造
    だったとはなんなのこれは。
    はっきり言ってこの効果を吹聴した水道橋
    とか死ねって言いたいな。
  40. Posted by ? at 2011年07月07日 16:00
  41. 癌が消えるかはわからないけど、目など様々な体の不調がこれで楽になってきたことは確かなんですよね。
    自分と家族の場合ですが。
    何がしかの効果があることは確かなんで、誇大広告は駄目だけど、まやかしと決めつけるのもどうかと。
    ネガキャンに負けないで、ちゃんとした臨床データを積み上げてほしいです。
  42. Posted by 全否定もどうかと思う at 2016年03月04日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。