2010年01月16日

北京ゲノムセンター(BGI)が新型シーケンサーを128台新規に購入するそうな

先日業界で話題になっていたニュース。
北京ゲノムセンターがGA2の5倍の解読性能を持つイルミナの新型シーケンサーを128台もまとめて導入するそうな。
BGI to Install 128 Illumina HiSeq 2000 Sequencers Over 2010 | In Sequence | Sequencing | GenomeWeb
BGI Purchases 128 Illumina HiSeq™ 2000 Sequencing Systems
SAN DIEGO--(EON: Enhanced Online News)--Illumina, Inc. (NASDAQ:ILMN) announced today that the BGI (formerly known as the Beijing Genomics Institute) has purchased 128 HiSeq 2000 sequencing systems, representing the largest single order for next-generation sequencing systems to date. Most of the units will be installed in BGI’s new state-of-the-art genome center in Hong Kong.


1000ゲノムプロジェクトの頃からその意思がはっきり見えていたとはいえ、北京は本気で世界のゲノムセンターの座を取りに来たね。

責任者の言うことには、1サンプルあたり5000ドルで世界のゲノム解読需要を一手に引き受ける体制を整えるつもりがあるんだそうな。
アメリカやヨーロッパの側でも対抗するだろうから、このアドバルーンはゲノムビジネスに良い刺激になる。
 
 
さて、今年のこの業界の動きだが、
1000人のゲノムを解読する1000ゲノムプロジェクトも既に完了。
各所の動きをみるに、今年中にヒトゲノムの蓄積は1万を越えるだろう。
解析コストがマイクロアレイ並みになってきたので、遺伝子がどう壊れると癌になるかという癌ゲノムの研究も最近活発に行われるようになってきた。
脊椎動物のゲノムを網羅する10Kゲノムプロジェクトも既に1000種を越えていて、16000種をターゲットに現在進行中。
#現時点でNCBIのTaxonomy Browserに脊椎動物門だけで1296種登録済み。

今年はLong Readの解読が可能な新型シーケンサーが複数登場する予定なのでそちらも楽しみだ。

ゲノム情報を医療や健康ビジネスに生かす事に対する技術的、金銭的障害はもはや無いと考えてよい。
後は社会的な側面だが、「知ることへの反発」はとりあえず置いておいて、アメリカなんかは2008年の時点で既に遺伝子差別禁止法案を可決しているため、ゲノムビジネスに対する法的準備は既にある程度整っていたりする。
泥縄ではあるがいずれ各国も同様の法案を用意するだろう。
ゲノム情報をどう使うかというアプリケーションはまだまだ貧弱なのだが、これでようやく扉が開くなあ。

個人的には国内の医療系ビジネスを行っている会社がこれでバイオインフォへの新規投資を増やしてくれると嬉しいんだが。

◆関連記事
幻影随想: 1000ゲノムプロジェクト
幻影随想: 次世代高速シーケンサーの解析コストとか日本の出遅れ具合とか
幻影随想: Genomic Era ―ゲノム情報の時代―
 

ザ・ゲノム・ビジネス―DNAを金に変えた男たち

ザ・ゲノム・ビジネス―DNAを金に変えた男たち

  • 作者: ジェイムズ シュリーヴ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本



2時間でわかる図解 巨大市場ゲノムビジネスのすべて―21世紀マーケットの主役 (2時間でわかる図解シリーズ)

2時間でわかる図解 巨大市場ゲノムビジネスのすべて―21世紀マーケットの主役 (2時間でわかる図解シリーズ)

  • 作者: ゲノムビジネス研究会
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本


 
posted by 黒影 at 17:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | バイオインフォマティクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. はじめまして。現在就職活動中で、バイオインフォマティクスを専攻(ウェット寄り)している修士一年生です。
    バイオニュースを中心にいつも拝見しています。

    2007年3〜7月に「BioInformaticianを目指す人の為に」と題して、日本の主要バイオインフォマティクス企業や、バイオインフォマティクスを活かせる企業で働く事の厳しさなどについて記事をお書きになっていましたが、第2、第3世代のシークエンサーが発達していく中で、業界の動向の変化などはございますでしょうか?
    もしよろしければ、分かる範囲でお答えいただけると助かります。
  2. Posted by 就活生 at 2010年02月03日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138469150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。