2004年12月18日

北朝鮮兵見物ツアー

最初は思わず吹き出し、
次いであまりの不憫さに思わず涙しそうになる。
そんなニュースだ。

北朝鮮兵、中国国境でおねだり
【北京=五味洋治】中朝国境を流れる鴨緑江の岸辺に、北朝鮮の国境警備の兵士が日常的に現れ、対岸にいる観光客らに食べ物などを要求、ひそかな名所になっている。

 「オラ・オラ」−朝鮮語で「来い、来い」と呼びかけると、豆粒のような三人の人影が一目散にこちら側に駆けてきた。銃も持っている。
041214_kita.jpg

多分誰もが同じ事を思うだろう、「サルの餌付け」と…
ちなみに腹を減らすと河岸に来て何時間も観光客が来るのを待っているそうだ。
完全に餌付けされていますな。
人として同情を禁じえない。


北朝鮮の窮乏はよく知られるところだが、
兵士達の人としてのプライドをここまでかなぐりさせるほどの惨状だと言うことだろうか?
それとも単に軍の規律が緩みきっている?

いずれにしても、この様子では北の崩壊は近いだろう。


posted by 黒影 at 05:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. ヽ(*´∀`*)ノ おなかが減ったなら落ち葉でも食べればいいじゃない。
  2. Posted by 生 at 2006年05月26日 22:18
  3. この記事が総連を通じて本国に報告され、国境付近の北兵士は国境に近付けなくなる・・・そんな未来を幻視したニダ。 それにしても、これ本当に鴨緑江?って位小さい川に見えますなぁ。
  4. Posted by TMN at 2006年05月27日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「軍務がつらく、空腹で」脱走してきた北朝鮮兵
Excerpt: 南側が銃乱射事件で右往左往している一方で北朝鮮関連で結構見逃せないニュースが 北朝鮮の現役兵士が脱走、韓国で身柄拘束  【ソウル=福島恭二】聯合ニュースによると、軍事境界線に接する韓国江原道鉄原郡で..
Weblog: 幻影随想 別館
Tracked: 2005-06-20 00:16