2006年02月08日

「ゲーム脳」の恐怖

「ゲーム脳」の一番恐いところはこのトンデモ話を真に受けてしまう人が少なからずいることだろう。
菊池さんのところでこんな事が書かれていたのでうちも勝手に協力。

ゲーム脳:kikulog
野尻さんのBBSで、ここでも取り上げるようにとの命令(嘘)が。
川端裕人さんが世田谷区主催・同教育委員会共催・森昭雄講演会「テレビゲームと子供の脳」をなんとかしたいと言っておられます↓
http://njb.virtualave.net/nmain0193.html#nmain20060203140500

ゲーム脳がいかにトンデモかということに関しては以前アメリカ学研究所(現Asiajazeera)さんが詳しく書いていた。
残念ながら今は記事へアクセスできないようなのでとりあえずGoogleキャッシュにリンク。
いつ消えるか分からないのでうちで新たに記事にしたほうがいいのかもなぁ。

ゲーム脳問題最終報告 〜最後に最大のネタを用意していてくれた森教授よ さようなら〜アメリカ学研究所
ゲーム脳に関する原著論文を解説記事の資料公開しました-アメリカ学研究所
トンデモ論文の原文はこちら。
ゲーム脳原著論文公開所

こんなのを真に受けて心配させられる親がいるとしたら不幸だ。 
 
 
無論何事もやりすぎは体に良くないのは当然のことで、
不眠不休でゲームした挙句過労死」するほどのめりこんでいるようなら
何とかする必要があるだろう。



ちなみに私はゲーム、マンガ大好き人間です。
好みはうるさいですが。

最近ゲームやってないなぁ。
やる暇がないとも言うけど。


この記事へのコメント
  1. ゲーム脳の恐怖を頭から信じたり、森教授の講演を見たり主宰したりする人たちって、詐欺師から見たら宝の山に見えると思うんですよね。自ら「騙されやすいです」って表明しているも同然ですからね。
  2. Posted by p at 2006年02月09日 00:33
  3. ゲーム脳論者は生粋のゲーマー:養老孟司先生をどうにかしてから言ったほうがいいと思うのですが。
  4. Posted by しわよせん at 2006年02月09日 10:24
  5. >pさん
    その手の講演会に行くと必ずたくさんのパンフが配られるようになってます。
    そして関連商品や本の展示即売があったりも。
    公演料+αで彼等にとってはぼろい商売でしょうね。
  6. Posted by 黒影 at 2006年02月11日 18:10
  7. 「ゲーム脳」の恐ろしさは、社会的に地位のある人達のなかにそれを信じてる奴がいるという事ですね、九州の某大都市の本を出してる有名精神科医に言われた時は驚きました(実話)。
  8. Posted by ざんぶろんぞ at 2006年02月18日 17:59
  9. ざんぶろんぞさん

    埼玉県はあまり笑えません。
    県教育委員就任にあたって「新しい教科書」の件で大もめした、明星大の高橋史朗教授が「ゲーム脳」信者であることは間違いなさそう。

    ttp://www.moku-pub.com/back/200503.html

    しわよせんさん
     川嶋教授もどうにかした方が良さそうです。
    (脳を鍛えるゲーム でしたか。)
  10. Posted by Sunny at 2006年02月19日 09:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ゲーム脳」を批判する記事と、その過去が繋ぐ「毎日新聞の記事」
Excerpt: こんな記事が毎日新聞に掲載されていた ↓ ■ゲーム脳:高次脳機能障害3年半 早期教育検証を(毎日新聞:エンターテインメント) より  脳研究に詳しい人は「いまさら『ゲーム??
Weblog: 不可視型探照灯
Tracked: 2006-04-10 01:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。