2006年01月29日

サンプルが謎のナノバクテリアに汚染されました

謎のナノバクテリアにサンプルをやられました。
修論の追い込み中だってのにマジ勘弁orz。
nanobacteria.jpg
中央のでかい桿菌が私の使っている菌です。
丸いちっこいのがコンタミ菌。

直径100〜200nm程度のとても小さい菌体で、
プレーティングしても自分の菌しか出てこないから汚染に気がつかなかった。
どうも培地にコンタミしていたようだがかといって培地が濁るわけでもなし
私の菌と一緒になった時だけ増えるようだ。
まさか絶対共生菌とかじゃ無いよな?

ナノバクテリアは以前このブログで取り上げたことがあったが、
まさか自分が関わることになるとは思いもよらなかった。
ナノバクテリアなんて嫌いだ。


posted by 黒影 at 03:23 | Comment(7) | TrackBack(1) | バイオトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. すごい写真ですね。生々しいというか。
    ナノバクテリアっていうんですね。
    勉強になりました。

    研究がんばってください


  2. Posted by 薬作り職人 at 2006年01月31日 20:45
  3. はじめまして。
    修論の追い込みということは修士2年の方だったのですね。結構前から読んでいましたが、書かれている内容的に自分と同学年と思わなかったので驚きました。
    修論追い込み頑張りましょう。
  4. Posted by ころ at 2006年01月31日 23:58
  5. このナノバクテリアというものは、動きますか??哺乳類の腎臓細胞を培養しているのですが、細胞の大きさよりかなり小さいぴくぴく動くものがいて、何かわからないのです。。。コンタミには変わらないのです。私も見た目には、変わりなく培地もコンタミしているように濁ってなくて。。。微生物培養とはまた違うのでしょうか??
  6. Posted by もも at 2006年02月04日 01:29
  7. ナノバクテリアに関する過去のコメントも読ませて
    頂きました。リケッチア程度の大きさなら、リケッチアが
    存在している以上その存在を疑う必要はないとは思いますが
    物理学者から見て、そのまた一桁小さい「生物」は正直
    考えられません。
     それはともかくこの時期の修論追い込みに対してなんの
    言葉もかけられずにただ電顕写真の感想言うのもなんですが
    0.4マイクロくらいのが多いようですね。微妙に大きさが
    違って見えますが、一応本当に無機的な物質形成によるもの
    よりは大きさが整って見えるようにも思います。生命体で
    なくともウィルス並みに様々な化合物の複合体ではないか、
    と思いました。
     しゃれにならない時期にただの感想書いてごめんなさい
    ですが、もし88年以来そこそこトンデモ扱いだけでなく
    議論が続いているのならこれも奇貨とするのも、と素人は
    思ってしまいました。
  8. Posted by うさぎ at 2006年02月07日 20:18
  9. >薬作り職人さん
    ありがとうございます。

    >ころさん
    お互い頑張りましょう。

    >ももさん
    小さすぎて光学顕微鏡ではいるのかいないのか分からないくらいなので、この菌の遊走性は分かりません。
    多分ないだろうと思っています。
    ももさんのコンタミ菌は寄生細菌ではないでしょうか?

    >うさぎさん
    0.4マイクロはないですね。桿菌の直径がそんなものなので。
    最大でも300nm、平均的な大きさが200〜250nmといったところです。
    プレーティングして何か出るようなら調べてみようかとも思ったんですが、残念ながら無理だったのでどうしようかと。
    こいつが単離培養できたら面白いことになったんですけどね。
  10. Posted by 黒影 at 2006年02月08日 22:47
  11. 0.22umのフィルタで通るかどうか。
    集めてストックしておきたい気もします。
    桿菌のほうをフィーダーにしてフィルタ底の培養容器に入れておけば、共存培養できるんじゃないかな。
  12. Posted by Monde at 2006年02月22日 19:43
  13. >Mondeさん
    3月の暇な時に桿菌の培養上清使って増えるかどうかやってみようかと思っています。
    増えるようなら後輩の修論のテーマにでもしてもらいましょうか。
    極小サイズのバクテリアとして面白い研究対象になるかも。
  14. Posted by 黒影 at 2006年02月25日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

コンタミ
Excerpt: 細胞培養の話/ 細胞培養をやってると,外部から細菌やカビなどが入ってきて、大失敗することがあります。これをコンタミ(コンタミネーションの略)と呼びます。私はまだ経験して??
Weblog: 薬作り職人のブログ
Tracked: 2006-01-31 20:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。