2004年12月05日

キリスト教原理主義がはびこる米国―進化論を理解する人間はたったの35%―

暗いニュースリンクさんが紹介されていたニュースを13Hzで稼働中!さん経由で知ったのでうちでも紹介してみる。

「進化論には科学的根拠がある」と理解するアメリカ人は僅か35%

ネタ元はギャラップ社が行なったアンケート調査
「ほぼ半数のアメリカ人が、人は10,000年前に神によって作られたと信じている」
という衝撃的なタイトルの記事だ。
中身がまた振るっている。

ダーウィン進化論に関するアンケート結果なのだが
ダーウィン進化論に対する回答者の意見の内訳は以下のとおりだ。
◆ダーウィン進化論には科学的根拠がある------35%
◆ダーウィン進化論はひとつの理論に過ぎず、科学的根拠に欠ける------35%
◆進化論についてよく知らないので質問に回答できない------29%

進化論に科学的根拠があるという事実を知っているものがたったの3分の1というのがすごい。
しかしもっとすごいのは次の部分だ。すごいというよりも恐いといったほうがいいかもしれない。

同時に行なわれた創造説に関するアンケートでは
実に45%もの回答者が、神が10,000年前に人間を現在の形につくりあげたとする説を信じている事が分かった。
また、この調査では3分の1のアメリカ人が
「聖書は全て神の実際の言葉であり、一語一句残らず文字通りに受け取るべきだ」
と信じていると結んでいる。

この調査を行なったギャラップは由緒あるお堅い調査会社で
いい加減な調査を行なうようなところではない。
キリスト教原理主義の根は予想以上に深いようだ。

進化論は専門じゃないが一応解説しておくと
進化論が説く突然変異による遺伝子の変容が進化の原動力の一つなのは既に疑いようのない科学的事実だ。
なにせ現在進行形で進化が起こっている様子が微生物やウイルスを通じて観察できるのだから。
しかし進化論はパーフェクトではなく、これだけでは説明しきれない部分がある。
(上でも突然変異は進化の原動力の一つだと述べた。)
創造論者はそこをついて創造論だのインテリジェントデザインだのを持ち出そうとするが
進化論の欠点など既に100年も議論されてきたこと。
現在の分子生物学の焦点はもっぱら突然変異による進化論を補足する段階へと移っている。
創造論などお呼びじゃないのだ。

それにも関わらず、相変わらず創造論が蔓延っているのは
一部の狂信的キリスト教徒のせいなのはもちろんだが、科学者にも幾分責任がある。
余りにも馬鹿馬鹿しいからと相手にせずに創造論の蔓延を放置していたからだ。
正確には論破する者もいたのだが、そのたびに創造論者は懲りずに新たな理論を持ち出してきたのだ。
そして連中の最新の理論がインテリジェントデザイン。
この理論の中で、連中は科学用語を織り交ぜつつ世界には科学では説明がつかない複雑な物が存在するとし、そういったものを創造したインテリジェント・デザイナー、すなわち神が存在すると説明する。
もう聞いただけでげんなりしてくる理論だが、
こんな物が教科書に載るかも知れないのだから始末に終えない。
いずれきちんと取り上げるつもりだが、さすがに200年に渡る論争の末に出てきた理論だけあって
科学の未解明部分を丹念に突いてきている。(もっとも科学への攻撃ばかりで相変わらず脇が甘いけれど)
まともに相手をしようと思ったらいささか面倒なのは確かだ。
後100年も経てば生科学の発達と共に自然消滅するだろうし、議論したところで不毛だから
先輩諸氏がこんなのを相手にしたがらない気持ちはよく分かる。
しかしキリスト教原理主義が既に日本にも根を伸ばしているのだからそうも言っていられないだろう。
(以前駅前でモルモン教の勧誘に出くわした事がある)
今度時間があるときにまとめて取り上げてみよう。


ブログランキングに投票

Wired Newsでも関連テーマが取り上げられていたのでメモ
ブッシュ政権と科学界の対立、2期目はどうなる?(第1回)
ブッシュ政権と科学界の対立、2期目はどうなる?(第2回)
ブッシュ政権と科学界の対立、2期目はどうなる?(第3回)
posted by 黒影 at 21:35 | Comment(72) | TrackBack(4) | サイエンスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. >また、この調査では3分の1のアメリカ人が
    >「聖書は全て神の実際の言葉であり、
    >一語一句残らず文字通りに受け取るべきだ」
    >と信じていると結んでいる。

    キリスト教を成り立たせるためには、前提として、聖書を聖なる書にしてしまわなければならない。ご苦労様なことです。

    私などは視点をひっくり返して、聖書は嘘っぱちを書いているからキリスト教はインチキ宗教だ、と考えますけどねえ(笑)。

    (参考サイト)
    ■『アダムとイブの困惑』
    http://kobe.cool.ne.jp/daini_densho/
    ■『キリスト教否定論入門』
    http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/7710/page002.html
    ■『聖書の間違い』
    http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/errors.html
  2. Posted by 魔綾 at 2004年12月09日 23:16
  3. >魔綾さん
    はじめまして。
    「キリスト教否定論入門」と「聖書の間違い」はこういった問題を勉強する際にはいい取っ掛かりになりますね。
    私も以前読んだ事があります。

    >私などは視点をひっくり返して、聖書は嘘っぱちを書いているからキリスト教はインチキ宗教だ、と考えますけどねえ(笑)。
    それを言ってしまえばあらゆる宗教が成り立たなくなってしまいます(笑)
    盲目的に聖書の記述を信じ、他者にまでそれを押し付けようとする態度が一番の問題点なのではないかと私は考えています。
    コメントありがとうございました。
  4. Posted by 黒影 at 2004年12月10日 00:02
  5. 可視できる範囲で生命の働きを理解するのは矛盾です。進化論に関してはまだ仮設として理解しなくてはいけない領域が有るのではないでしょうか?。たとえば心理によっても様々な病理があるように、生命の根本的な働きを無視して進化を語るのは愚かです。生物の起源を理解するのに生物学や生物化学或いは医学等を相対して考えないのはどの様なことかと思います。事実率直に申し上げれば、聖書ではアダムとイブを神さまがお造りになり、それも塵からだったというが実はそのお話の方が理化学的にも立証できるのです。ただ今はまだ学びに居る方や、聖書で説かれる「幼い者」には、夢と冒険としてその様な様々なヒントが設けられているのだと私は思います。神学を食わず嫌いで避けてかってな推論ばかりこね回しているだけでは、心理学を無視して医学を学んでいる大ばか者と同じです。とても不愉快ですが、もし聖書をお読みになりたければ、きちんと十字架の架けられている教会へ行かれることが大事です。余計な事かもしれませんが、一筆コメントいたします・・・。
  6. Posted by 瓦 妙子 at 2009年12月30日 14:21
  7. >可視できる範囲で生命の働きを理解するのは矛盾です。

    どのような矛盾ですか?
    そもそもあなたの言う「可視できる範囲」って何のことでしょうね。
    例えば、人間は素粒子等を見ることが出来ませんが
    科学は素粒子等を実証可能な事象としています。
    これは「可視できる範囲」に含むのでしょうか?

    >進化論に関してはまだ仮設として理解しなくてはいけない領域が有るのではないでしょうか?

    「仮説の部分」は存在するでしょうね。
    だからと言って「進化論全体が仮説」になるわけではありません。

    >たとえば心理によっても様々な病理があるように、生命の根本的な働きを無視して進化を語るのは愚かです。

    あなたの言う「生命の根本的な働き」って何ですか?
    そもそも心理学と何の関係があるんですか?

    >生物の起源を理解するのに生物学や生物化学或いは医学等を相対して考えないのはどの様なことかと思います。

    医学はちょっと分野が違う(応用技術的側面が強い)ので置いておくとして、
    進化論は生物学や生化学を充分に考慮しています。
    というより、進化論は生物学や生化学に基づく知見によっても成り立っています。

    >神学を食わず嫌いで避けてかってな推論ばかりこね回しているだけでは

    神学は科学ではありません。
    そもそも進化論は勝手な推論ではなく、
    実証主義に基き数々の証拠を積み重ねた学説です。
    勝手な推論を捏ねているのは原理主義神学の方でしょうね。
    私は科学理論と不干渉の立場をとる神学を支持します。

    >心理学を無視して医学を学んでいる大ばか者

    って誰の事ですか?
    日本の医学は精神科の学習を含みますので
    当然、ある程度は心理学について学ぶ事になります。
    「医学を学んでいる」という時点で心理学を全く無視するなどと言う事はないでしょう。

    >とても不愉快ですが、もし聖書をお読みになりたければ、きちんと十字架の架けられている教会へ行かれることが大事です。

    私は洗礼を受けたプロテスタントのキリスト教徒ですが、
    「創造論が理化学的に実証できる」と言うのはデタラメだと思いますし、
    むしろ神を矮小化して聖書を冒涜する発言であると思いますよ。
  8. Posted by ウォトカで動くロボ at 2009年12月30日 14:45
  9. 浅い知識ですが、聖書を言葉通りに信仰するのは貧しい人々が教育を受けられず聖書の解釈に必要な知識がないからだという話もあります。
    しかし知識を持って解釈を行うリベラル派には薄汚い軍需産業の金持ちもいます。
    やはり必要なのはちゃんとした教育ですね。
    微妙に違う話で失礼しました。

  10. Posted by 恐竜博士になりたい at 2010年01月05日 21:30
  11. >私は洗礼を受けたプロテスタントのキリスト教徒ですが、

    あなたは神の何を信じているんですか?
    洗礼を受けた?
    そのときあなたは何を宣言したのですか?
    そんな人に語ってほしくないです。

    はい これだけです。
  12. Posted by あれ at 2010年07月04日 17:48
  13. 黒影さん

    >進化論は専門じゃないが一応解説しておくと…

    専門じゃないのに解説するから稚拙な誤りを犯すことになる。

    >進化論の欠点など既に100年も議論されてきたこと

    100年も議論しても解決されない欠点って何か知ってるのかな?? 進化論を根底から引っくり返してしまうような欠点だと言うことを…

    >現在の分子生物学の焦点はもっぱら突然変異による進化論を補足する段階へと移っている。
    創造論などお呼びじゃないのだ。

    それはどうかな?? …突然変異は進化の原動力の一つだ…と言っておきながら、あたかも突然変異が進化のすべてであるが如き発言(補足する段階)は自己矛盾だとは思いませんか?


    ウォトカで動くロボさん

    >「仮説の部分」は存在するでしょうね。
    だからと言って「進化論全体が仮説」になるわけではありません。

    残念ながら、進化論全体が仮説です
  14. Posted by trebien at 2010年07月05日 21:38
  15. 黒影さん

    >なにせ現在進行形で進化が起こっている様子が微生物やウイルスを通じて観察できるのだから

    これは「進化」ではなく、だだの「変化」にすぎません。「進化」とは「別種への移行」のことです。なにか勘違いしてはいませんか??
  16. Posted by trebien at 2010年07月08日 08:03
  17. trebien様

    進化について独特の定義をお持ちのようですね。
    そもそも「種」の定義とは何でしょう?人間が区別の便宜上定めているだけのものではないでしょうか?
  18. Posted by 通りすがり at 2010年07月08日 16:18
  19. 黒影さん

    >進化論の欠点など既に100年も議論されてきたこと

    だから議論しなくても、もういいんだと言うのは詭弁でしかありません。 100年も議論されてきた進化論の欠点とは何か分かっておられるんでしょうか? 分からないで分子生物学を振り回しても全く説得力ありませんよ。

    通りすがり様

    >そもそも「種」の定義とは何でしょう?人間が区別の便宜上定めているだけのものではないでしょうか?

    学問とはそんないいかげんなものではありません。
  20. Posted by trebien at 2010年07月09日 20:22
  21. >学問とはそんないいかげんなものではありません。

    trebien さんがそれを云いますか。大腸菌の進化実験ひとつすら真面目に調べずに、いい加減な物言いをしたひとが。

    >残念ながら、進化論全体が仮説です

    進化論は仮説と呼ぶなら、「膨大な証拠に支えられた 99.999…% 間違いないってレベルの仮説」です。trebien さん、降水確率 90% でも 10% と区別がつかなくて、傘持たずに出かけてずぶぬれになるタイプですか?
    せめて証拠の千個くらいでも根拠を示して論破してみてくださいな。それでも百分の一も否定したことにすらならないんですけど。
  22. Posted by Seagul-X at 2010年07月10日 00:06
  23. この「trebien」さんは、しばらく前に流行った「9.11陰謀論」者と同じ論法ですね。
    なので、末路もきっと一緒でしょう。
  24. Posted by 8890 at 2010年07月10日 00:48
  25. 黒影さん

    自分の過ちを素直に認める事の出来ない人間は学問を語る資格はありません。
  26. Posted by trebien at 2010年07月10日 06:22
  27. 私は、生物学”も”専門的な知識はないですが、(おそらく7,8,10,13の人と同程度だと思われます)

    少なくとも生物学を専門的に学んでいる、ブログ主様の方がより専門的な知識や知見に通じていると思いますが?
    そんな状況で貧弱な知識で罵倒して、自らの間違いを全く認める事が出来ないのなら・・・

    >それはどうかな?? …突然変異は進化の原動力の一つだ…と言っておきながら、あたかも突然変異が進化のすべてであるが如き発言(補足する段階)は自己矛盾だとは思いませんか?

    突然変異を全く伴わない進化と言うのは有りそうにないですが?

    >100年も議論しても解決されない欠点って何か知ってるのかな?? 進化論を根底から引っくり返してしまうような欠点だと言うことを…

    ”進化論に対抗している”と思いこんでいる人が少なからずいるらしい創造論の方が、
    解決されない根本的な問題点がより致命的で、それが解決されない期間もより長い、様に見えますが。

    >残念ながら、進化論全体が仮説です

    自然科学で使われる”〜論”って言うのは、大抵は”検証された仮説”ではないのですか?
    ”仮説”だと言う事を指摘しても全く何も言っていないのと同じでは?

    >これは「進化」ではなく、だだの「変化」にすぎません。「進化」とは「別種への移行」のことです。なにか勘違いしてはいませんか??

    進化って”変化する事”も”変化しない事”も全て含めているのでは?
    ”進化では無い変化”と言えそうなものは、変態とか、後天的な学習による変化とか、なのではないでしょうか?
    微生物やウィルス(これを生物に含めるかどうかに突っ込みを入れるのならばまだ・・・)が変態や後天的な学習による変化をするとは思えませんが・・・
    元の記事でもそんな事は書いてなかったと思いますが・・・

    ところで、ブーメランって”自分にだけ当たる様に投げる物”でしたっけ?
  28. Posted by トーリス・ガリ at 2010年07月10日 07:35
  29. Seagul-Xさん

    いかなる学説も、たった一つの反例で否定されます。反例は千個も必要ありません。学説とは常に相対の中にあります。それが宗教の教義との違いなのではありませんか。
  30. Posted by trebien at 2010年07月10日 08:55
  31. あまり通りすがってませんが(笑)。

    >学問とはそんないいかげんなものではありません。

     ならば、種の定義を「学問」的にしていただけないでしょうか?
  32. Posted by 通りすがり at 2010年07月10日 17:13
  33. 種の定義

    種を定義する事は進化論そのものを論ずることと同じ事です。それはダーウィンが残した課題・ミッシングリンクをどのように説明するのかという問題でもあります。現代生物学はDNAという遺伝情報の解読に成功しました。しかし、その研究成果は期待を裏切るものでした。それは進化の連続性を明らかにするものではなく、逆に否定するものだったのです。ミッシングリンクは新たな袋小路へ迷い込んでしまいました。

    つづく
  34. Posted by trebien at 2010年07月10日 20:06
  35. 結局「否定」しか書かないわけですね。
    相手方の否定は自説を(少なくとも直接的には)正当化しないのに。

    しかも末尾に
    >つづく
    などと「逃げ道」を残しておくあたり、trebienさんの「どうしようもなさ」がよく現れていますね。
    「他人を見下して溜飲を下げる」という浅ましい目的でコメントする「構ってちゃん」らしいといえばらしいのですが。

    それにしてもこの人、無駄なプライドの高さ、それと裏腹の小心さ、そして反応の幼稚さ、と三拍子揃っていることを窺わせる実に香ばしいコメントばかり書き込みますね。
    この「どうしようもない人」がどんな説を支持しているのか、興味あるナァ(棒
  36. Posted by 8890 at 2010年07月11日 10:27
  37. >17のコメント
    「種の定義」となっているのに、続く文が何の定義にもなっていない様に見えるのですが?
  38. Posted by トーリス・ガリ at 2010年07月11日 15:24
  39. 進化の距離を測る一つの方法として、チトクロームCというすべての生物が共有する、しかしそのアミノ酸配列が生物ごとに異なるタンパク質を比較することによって、パーセンテージの数値で示すことができるというのがある。この方法でバクテリアからイースト、小麦、カイコの蛾、マグロ、鳩、馬の距離を測ってみると、みごとに等距離であることを示す。

    それはいかなる真核生物のチトクロームも、バクテリアのチトクロームと他の真核生物のチトクロームの間の中間段階ではないということを意味している。バクテリアからみれば、すべての真核生物は全く等距離にある。すべての真核生物のチトクロームは孤立した一個の類のようである。生物界をこれら二つ(原核生物と真核生物)の基本的種類に分ける不連続生の橋渡しをする、いかなる中間的なチトクロームももたない。バクテリアの世界は、途方もなく多様な真核生物の中に一つとして隣人をもたない。ミッシングリンクは本当に最初から失われていることが明らかとなった。

    このチトクロームによる実証的研究は…ある種から他の種へ徐々に移り変わる…という進化論理が成り立たないという一つの範例となった。突然変異と自然選択という進化論理に赤信号が燈ったのである。

    つづく
  40. Posted by trebien at 2010年07月11日 17:41
  41. また何かハジマリましたね。
    >>20
    上の2段落は「だいたいあってる」んですが最終段落のせいで台無しですな。
    もはやこのブログでは言われすぎててやや面倒なのですが、一つだけ言いますと
    あなたはバクテリアが進化しないとでも思っているのですか?

    ああ、別に進化を論じなくても種を定義することはできますよ。
    ダーウィン(正確に言うとラマルク)のはるか前の時代から「種」の概念は存在したはずです。
  42. Posted by 恐竜博士になりたい at 2010年07月11日 18:11
  43. 「進化」「種」といった基礎概念から「疑ってかかるつもり」の人ですから、おそらく次にくる言葉は「進化とか種ってのはそうじゃないんだよ」的なものだと予想しておきます。
    件の論が自然科学なのか、人文科学なのか、それも問題でしょうね。

    さてどこまで続いて、どう風呂敷を畳むつもりなのでしょう。
    延々と引き延ばした揚句「大山鳴動…」というのが一番笑えるのですが、無駄な引き延ばしをしているようにも見えますね。
    端的に解答できないなら書き始めないのが良策というものです。
  44. Posted by 8890 at 2010年07月11日 18:26
  45. >>22
    人文科学における「進化」「種」の定義ってなんでしょう・・・
    意味不明すぎて手に負えない予感すらしますが…
  46. Posted by 恐竜博士になりたい at 2010年07月11日 18:49
  47. 私は最初から……種を定義する事は進化論そのものを論ずることと同じ事です……と申し上げています。ですからまだまだ…つづく…のです。

    一言申し上げておきますが、いかんる進化論も未だにメタフィジックの域を出ておりません。最も実証的な研究者であるネオダーウィニスト達であれ、最後はメタフィジックの力を借りて論を閉じています。



  48. Posted by trebien at 2010年07月11日 19:40
  49. 大腸菌の研究において重要な手続きの一つはcontaminationである。その検証結果こそ研究の正確さを保障する。

    大腸菌の進化という事が言われているが、本当にcontaminationではないことを厳格に検証したのだろうか?極めて疑問である。この疑問が解決されない限り、バクテリアが進化したなどという話を信用する事はとてもできない。

    もっとも、人文科学だと言うならそこまでの検証は不要であるが……
  50. Posted by trevbien at 2010年07月12日 17:04
  51. >>いかんる進化論も未だにメタフィジックの域を出ておりません。
    いかんる・・・・・・・・・・

    メタフィジックって何か分かってます?
    メタフィジックって形而上学のことですよ?
    種を定義する事が進化論を論ずることと同じ事だという文脈の中なら分からないこともないですが、それならあなたの「種の定義」を教えてもらわなくては話が通じません。


    >>大腸菌の研究において重要な手続きの一つはcontaminationである。
    ・・・コンタミネーションの意味知ってます?
    要約しすぎたのか文章が有り得ないことになってますよ。

    >>本当にcontaminationではないことを厳格に検証したのだろうか?
    したでしょうね。
    そうでなきゃ再現実験で否定されるだけですから。
    このサイトで何度も言われている通り、科学には反証可能性があって、宗教や疑似科学(一緒にするのは悪いですが)にはそれがありません。



    で、種の定義はどこに行ったんですか?
    これはそんな難しいことじゃないですよ。
  52. Posted by 恐竜博士になりたい at 2010年07月13日 21:26
  53. >極めて疑問である
    >この疑問が解決されない限り…信用する事はとてもできない
    …こうも見事に陰謀論者と同じ論法だと逆に笑えませんね。程度の低さに呆れます。
    進化論から説き起こすのならば、最低でも『盲目の時計職人』第10章あたりに書いてあることへの反論か、それ以上の事は書いてくださいね。

    「つづく」と書いていないあたり、本題に入る前に終わるのでしょうか?
    それとも、資料を一生懸命読み漁っている最中でしょうか。
    はたまた、私たちの反応がなければやる気が出ないのでしょうか。難儀なことですね。
  54. Posted by 8890 at 2010年07月14日 18:28
  55. 実証科学とは形而下における反復検証可能なものだけを対象とする。学説は常に「仮説」であって、「真理」ではない。

    ネオ・ダーウィニスト達はミッシングリンクというダーウィニズムの不可避の難題の解決を迫られてきたが、一度として成功したことはない。資料捏造疑惑も後を絶たない。

    今、問題となっている大腸菌の再現実験もコンタミ疑惑を倍増させる結果となってしまった。要するに、変化があったのは初めに変化のあったコロニーから取り出した大腸菌だけだったという事なのである。他のコロニーの方であれば、まだ説得力があったと思う。最初に変化のあったコロニーだけという事はそのコロニーだけが汚染されていたという事にすぎない……という批判にさらされても無理からぬ実験結果なのである。進化ではなく、ただの変化だったと修正される日が来る…という可能性をを誰も否定は出来ないのだ。

    つづく
  56. Posted by trebien at 2010年07月14日 21:18
  57. このような疑惑付きの実験結果に有頂天になってしまっていいのだろうか?本当に進化が現在進行形で起こっているのだろうか?馬鹿げていると思う。進化が現在進行形で起こっているというような思想は現代生物学の正論から見れば、かなり乖離した思想なのである。

    思うに、進化とは種の絶滅の後に起こるものであって、形而上学的な表現を借りるならば、進化の弁証法とは、「非連続の連続」だと申さなければならない。それが進化に関するあらゆる実証的研究の結論である。DNAの研究は、それを揺るぎないものにしている。

    このような進化の形而上学を無視して……進化論の欠点など既に100年も議論されてきたこと……などと絶叫しても、誰も聞いてはくれないと思う。

    つづく
  58. Posted by trebien at 2010年07月15日 21:09
  59. 僕に答えられる範囲で反論すると
    >>資料捏造疑惑も後を絶たない
    資料捏造なんて進化論に限ったことではないし
    創造論側の資料捏造の話も何度もこのサイトで出ていますしね。
    というか、捏造の可能性が見当たらない資料の方が圧倒的に多いわけで。

    >>形而上学的な表現を借りるならば、進化の弁証法とは、「非連続の連続」だと申さなければならない。それが進化に関するあらゆる実証的研究の結論である。
    形而上学は基本的に科学ではないので
    (科学だとしたらメタフィジックの力を借りることに問題はないはず)
    そんなものの表現を借りられても困るのですが。
    だいたい、進化の弁証法って誰もそんな話してませんが。
  60. Posted by 恐竜博士になりたい at 2010年07月15日 23:33
  61. >>このような進化の形而上学を無視して
    あなたはメタフィジックをけなしてるのか科学で使ってよいと考えてるのかどっちなんですか?

    >>進化論の欠点など既に100年も議論されてきたこと……などと絶叫しても、誰も聞いてはくれないと思う。
    なんか誰も言ってないようだから言いますけど、
    黒影さんは100年も欠点が議論されているにも関わらず進化論が破綻せずまた科学界で認められていて
    進化論よりはるか昔から存在している創造論がそうでないということを言いたかったのではないかと思います。
    違ったら黒影さんには申しわけありません。
  62. Posted by 恐竜博士になりたい at 2010年07月15日 23:35
  63. 進化の弁証法…非連続の連続…とは、実はダーウィンがミッシングリンクという言葉で提示した課題の解答でもある。ミッシングリンクは正に失われていて当然だったのである。

    種の定義、それは進化論を語る事でもあると言った。そして進化の弁証法が…非連続の連続…だと定義された今、種の定義は現代の分類学にゆだねられてしかるべきだと言う事が理解されるのである。


    通りすがり様、

     以上で種の定義の説明は終わりますが、何か質問はございませんでしょうか(笑)。
  64. Posted by trebien at 2010年07月16日 11:20
  65. >種の定義、それは進化論を語る事でもあると言った。そして進化の弁証法が…非連続の連続…だと定義された今、種の定義は現代の分類学にゆだねられてしかるべきだと言う事が理解されるのである。

     はあ・・・。これで定義になったとお思いで?あまり期待はしてませんでしたが。

    >何か質問はございませんでしょうか(笑)。

     聞くだけ無駄ということはわかりましたから、もういいです。
  66. Posted by 通りすがり at 2010年07月16日 16:03
  67. そうですか!
    では私もこれでおしまいにします
    暴言失言はお許しくださいませ〜〜

    もうここには来ませんので……
    au revoir !
  68. Posted by trebien at 2010年07月16日 21:23
  69. 進化論はどこまで行っても「原始の生命の誕生」は説明できない理論ですから、生命の起源を考える上で、
    創造論という発想も十分に研究の対象にはなりえると思います。
    ですが進化論を嘘と決めつけて教えないというのは、少し問題があるでしょうね。
  70. Posted by asa at 2010年07月18日 18:42
  71. >進化論はどこまで行っても「原始の生命の誕生」は説明できない理論ですから、

    それは、進化論の適用範囲外(隙間?)では?
  72. Posted by トーリス・ガリ at 2010年07月30日 13:56
  73. trebien様、進化論の欠点についてもっと色々知りたいですが、
    良いサイトなどありましたら教えてくださいませ。
    メールでもかまいません。
  74. Posted by toshio at 2010年08月25日 22:44
  75. すみません、メールアドレスです。
    toshio74@gmail.com
  76. Posted by toshio at 2010年08月25日 22:46
  77. なんだかこういう議論をみると、なぜすぐに答えを決めつけようとするのかわかりません。

    ちなみに10,000年という数字は聖書に書かれていませんよ。

    あとたかが不特定多数の人間が答えたアンケートで宗教の教理の真偽について議論するのは本当に不毛だと思うのですけど。

    それから科学的にある議論に決定的な結論を下したいときには、その事象がもっとも確からしいことを支持できるデータが必要です。(科学者のはしくれでもわかると思いますが…)

    だから、この場合の解決方法はただ一つ、

    はじめから(原子から)生物を作り出し、これを現在理解されている進化の過程に沿って変化させ、最終的に人間を作り出す。

    この実験が成功して初めて、進化論は科学的根拠をもつと言えると思うんですが。

    こんな実験無理ですよ。

    だから人間の起源はまったく科学の領域を超えた命題なのですよ。

    科学者に必要な素質は客観性でしょう。それならば、科学の包括領域を超えた分野がある。これを受け入れる謙虚さが科学者には必要じゃないでしょうか。
  78. Posted by ちきん at 2012年02月17日 12:00
  79. PNASという三流科学誌に掲載された論文?(感想文と言った方が良いだろう)で大騒ぎして墓穴を掘った黒影くん、原菌株とCit+の個体のゲノム配列の比較、その解析結果を知っているのかな^^

    進化が現在進行形で行われているって^^いやしくも現役の分子生物学者にこんなお馬鹿な主張をされては、ため息を付くしかないよね。何度このお馬鹿なセンテンスに肩をすくめたことか^^
  80. Posted by とおりすがりさんです at 2012年02月18日 13:00
  81. 皆さんの論戦、とても興味不覚拝見しました。
    ところで、こういう考えはどうですか?
    (1)DNAには「可塑性」がある、だから時々何かのきっかけで自然に変異することがある。
    (2)宇宙には人間を遥かに凌駕する科学知識を備えた「知性体」が太古の昔から存在しており、その「設計」に基づいて、生物のDNAに介入し、結果その種を「進化」させることがある。現在、人間自身も他の生物のDNAを変化させ得る科学段階に既に達しているのだから、上述の知性体の存在可能性を否定する事はできない。
    (3)(2)の知性体が「複数種類」存在しても何ら不思議ではない。
    (4)でも、だからといってそれらの「知性体」が万物を創造したとは結論できない。
    (5)「万物創造論者」との議論に勝利することはできない。何故なら、「創造論」とは「無駄に多くの言葉を尽くして主張されるところの、神への信仰告白」に過ぎないから。彼らへの論駁が功を奏する事はない。彼らは「私はそう信じる」と宣言して議論に終止符を打つだけです。科学は彼らを理論で打ち負かしては「イケナイ」のかも知れませんよ。
  82. Posted by 名無し at 2012年07月21日 14:29
  83. 41.のコメントの者です。
    単純な変換ミスでしたが。。。
    「興味不覚拝見しました。」
     → 「興味深く拝見しました。」の間違いです。

     決して「不覚にも興味を持ってしまった」などという不遜な意図はありませんので、念のため。(笑)
  84. Posted by 名無し at 2012年07月21日 14:35
  85. >進化論は専門じゃないが一応解説しておくと

    ど素人の興味半分じゃ困るよ^^
    どうせ、その辺に転がっている進化論ブームの三流書籍ぐらいの知識で解説するわけだろ^^

    >なにせ現在進行形で進化が起こっている様子が微生物やウイルスを通じて観察できるのだから。

    無知とは恐ろしいものだ^^

    >現在の分子生物学の焦点はもっぱら突然変異による進化論を補足する段階へと移っている。
    創造論などお呼びじゃないのだ。

    出たーー^^ お得意のセリフ

    お呼びじゃないのだ
    お呼びじゃないのだ
    お呼びじゃないのだ

  86. Posted by お呼びじゃないのだ 連中は at 2012年07月23日 05:01
  87. >進化論は専門じゃないが一応解説しておくと

    ど素人の興味半分じゃ困るよ^^
    どうせ、その辺に転がっている進化論ブームの三流書籍ぐらいの知識で解説するわけだろ^^

    >なにせ現在進行形で進化が起こっている様子が微生物やウイルスを通じて観察できるのだから。

    無知とは恐ろしいものだ^^

    >現在の分子生物学の焦点はもっぱら突然変異による進化論を補足する段階へと移っている。
    創造論などお呼びじゃないのだ。

    出たーー^^ お得意のセリフ

    お呼びじゃないのだ
    お呼びじゃないのだ
    お呼びじゃないのだ

  88. Posted by お呼びじゃないのだ. 連中は at 2012年07月23日 05:03
  89. >私もずっと微生物扱ってきた人間なので、こういうの読むともうワクワクしてたまらないのですよ。
    >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。


    目の前にある大腸菌が見える訳ないやろーー
    大腸菌は何百年待っても進化しません^^
    無知とは恐ろしいもんや

    ほんまにカスやなーーー
  90. Posted by お呼びじゃないのだ.. 連中は at 2012年07月23日 21:31
  91. >現在の分子生物学の焦点はもっぱら突然変異による進化論を補足する段階へと移っている。
    創造論などお呼びじゃないのだ。

    現役の分子生物学者として一言
    こんな事を言っているのはここの管理人さんだけです。私たちの研究成果から申し上げれば、進化は謎のままです。むろん、大腸菌が進化したなどという事実はありません。


    大腸菌が進化しただって??
    バカじゃねえの^^
  92. Posted by .お呼びじゃないのだ 連中は at 2012年07月24日 08:37
  93. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    無知とは恐ろしいもんやなーー

    進化が現在進行形で行われているって^^いやしくも現役の分子生物学者にこんなお馬鹿な主張をされては、ため息を付くしかないよね。何度このお馬鹿なセンテンスに肩をすくめたことか^^
  94. Posted by お呼びじゃないのだ,. 連中は at 2012年07月24日 08:49
  95. >私もずっと微生物扱ってきた人間なので、こういうの読むともうワクワクしてたまらないのですよ。
    >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。


    目の前にある大腸菌が見える訳ないやろーー
    大腸菌は何百年待っても進化しません^^
    無知とは恐ろしいもんや

    ほんまにカスやなーーー
  96. Posted by お呼びじゃないのだ,  連中は at 2012年08月14日 05:44
  97. >私もずっと微生物扱ってきた人間なので、こういうの読むともうワクワクしてたまらないのですよ。
    >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。


    目の前にある大腸菌が見える訳ないやろーー
    大腸菌は何百年待っても進化しません^^
    無知とは恐ろしいもんや

    ほんまにカスやなーーー
  98. Posted by お呼びじゃないのだ, 連中は at 2013年01月18日 15:46
  99. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    無知とは恐ろしいもんやなーー

    進化が現在進行形で行われているって^^いやしくも現役の分子生物学者にこんなお馬鹿な主張をされては、ため息を付くしかないよね。何度このお馬鹿なセンテンスに肩をすくめたことか^^
  100. Posted by お呼びじゃないのだ, 連中は at 2013年01月22日 21:50
  101. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^
  102. Posted by お呼びじゃないのだ:連中は at 2013年02月09日 16:03
  103. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  104. Posted by お呼びじゃないのだ..連中は at 2013年02月16日 21:07
  105. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  106. Posted by お呼びじゃないのだ, 連中は at 2013年04月13日 20:32
  107. 自業自得
  108. Posted by お呼びじゃないのだ,.連中は at 2013年04月21日 09:35
  109. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  110. Posted by お呼びじゃないのだ.連中は at 2013年05月09日 04:55
  111. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  112. Posted by お呼びじゃないのだ 連中は at 2013年05月13日 21:13
  113. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  114. Posted by お呼びじゃないのだ..連中は at 2013年06月16日 05:33
  115. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  116. Posted by お呼びじゃないのだ 連中は at 2013年06月28日 18:52
  117. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  118. Posted by お呼びじゃないのだ..連中は at 2013年07月21日 10:17
  119. >目の前ではっきりと分かる形質を獲得しながら進化していく大腸菌。

    実にくだらん^^

    精神に異常が認められる
  120. Posted by お呼びじゃないのだ 連中は at 2013年07月24日 15:56
  121. 【お呼びじゃないのだ】 【連中は】 【もう聞いただけでげんなりしてくる】

    このような表現は【心の未熟さ」 【稚拙な精神】【心の発達障害】を示しています。これではまともな研究は無理です^^
  122. Posted by お呼びじゃないのだ, 連中は at 2013年07月24日 21:08
  123. 【お呼びじゃないのだ】 【連中は】 【もう聞いただけでげんなりしてくる】

    このような表現は【心の未熟さ」 【稚拙な精神】【心の発達障害】を示しています。これではまともな研究は無理です^^
  124. Posted by お呼びじゃないのだ連中は at 2013年07月25日 15:39
  125. 【お呼びじゃないのだ】 【連中は】 【もう聞いただけでげんなりしてくる】

    このような表現は【心の未熟さ」 【稚拙な精神】【心の発達障害】を示しています。これではまともな研究は無理です^^
  126. Posted by お呼びじゃないのだ, 連中は at 2013年07月28日 20:32
  127. 不毛なことを書いているのではない。
    人間として最低です。
  128. Posted by わん at 2013年08月30日 09:13
  129. 不毛な討議をしているのではない。
    まったくどうしょうもない。
  130. Posted by ねこ at 2013年08月30日 09:15
  131. 【お呼びじゃないのだ】 【連中は】 【もう聞いただけでげんなりしてくる】

    このような表現は【心の未熟さ」 【稚拙な精神】【心の発達障害】を示しています。これではまともな研究は無理です
  132. Posted by お呼びじゃないのだ 連中は at 2014年02月08日 21:05
  133. スタップ細胞の再現実験!再現実験といえば、黒影君が大騒ぎしていた大腸菌を思い出す^^

    大腸菌の方はコンタミというお粗末な結果に終わり、黒影君の無知が暴露されてしまった。あまりにもお粗末で、黒影君もこのことから姿をくらましてしまたった。愚かな奴だ^^何も「私が無知でした。すみません」と謝って科学を二度と口にしなければ許してもらえたのに…である。

    その点、小保方さんの方は、ちゃんと謝っている。もちろん、小保方と黒影では比較する事自体間違っているが、こんな謙虚な態度はみじんもない黒影くんが気の毒でもある^^
  134. Posted by お呼びじゃないのだ、連中は at 2014年04月10日 12:54
  135. 大腸菌の再現実験は200回も成功しました……黒影
  136. Posted by スタップ細胞はありまーーす^^ at 2014年06月29日 16:22
  137. 大腸菌の再現実験は200回も成功しました……黒影
  138. Posted by スタップ細胞はありまーーす^^ at 2014年07月16日 20:48
  139. 1.スタップ細胞の再現実験!再現実験といえば、黒影君が大騒ぎしていた大腸菌を思い出す^^

    大腸菌の方はコンタミというお粗末な結果に終わり、黒影君の無知が暴露されてしまった。あまりにもお粗末で、黒影君もこのことから姿をくらましてしまたった。愚かな奴だ^^何も「私が無知でした。すみません」と謝って科学を二度と口にしなければ許してもらえたのに…である。

    その点、小保方さんの方は、ちゃんと謝っている。もちろん、小保方と黒影では比較する事自体間違っているが、こんな謙虚な態度はみじんもない黒影くんが気の毒でもある^^
  140. Posted by およびじゃないのだ 連中は at 2014年11月27日 21:26
  141. 1.大腸菌の再現実験は200回も成功しました……黒影
  142. Posted by ネットの小保方さんへ at 2014年12月19日 16:09
  143. 1.スタップ細胞の再現実験!再現実験といえば、黒影君が大騒ぎしていた大腸菌を思い出す^^

    大腸菌の方はコンタミというお粗末な結果に終わり、黒影君の無知が暴露されてしまった。あまりにもお粗末で、黒影君もこのことから姿をくらましてしまたった。愚かな奴だ^^何も「私が無知でした。すみません」と謝って科学を二度と口にしなければ許してもらえたのに…である。

    その点、小保方さんの方は、ちゃんと謝っている。もちろん、小保方と黒影では比較する事自体間違っているが、こんな謙虚な態度はみじんもない黒影くんが気の毒でもある^^
  144. Posted by ネットの小保方さんへ at 2016年04月07日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

反進化論ステッカーに違憲判決
Excerpt: 生物学の教科書に貼られた“進化は一理論に過ぎない”ステッカーは違憲との判決が出ました
Weblog: アメリカ学研究所
Tracked: 2005-01-17 17:22

天才の勉強術〜大きくなりすぎた子供 ダーウィン
Excerpt: 著者: 木原 武一 タイトル: 天才の勉強術 今回は、進化論 で有名なイギリスの生物学者・ダーウィンを紹介したい。 本書は、その題名どおり「天才」に焦点をあてて書..
Weblog: 主観的 書評ブログ
Tracked: 2005-05-31 19:11

読書拾遺(ダーウィン、ミミズ、カメ)
Excerpt: 副題:「動物生態学者の中村方子氏とミミズの研究」  金曜日はタクシーの営業の日。
Weblog: 無精庵徒然草
Tracked: 2005-11-16 14:14

森鴎外「かのように」に見る歴史と神話
Excerpt: 無料で手に入ったことから、森鴎外「かのように」を読んだ。 歴史と神話、そして宗教について書かれている。        主人公は子爵の家に生まれた秀麿。 大学で歴史を学び、海外留学の後に日本の歴史に..
Weblog: りゅうちゃん別館
Tracked: 2011-09-06 11:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。