2005年12月23日

幹細胞ハブ落ちた

閑話休題。
最近ちょっと忙しくてろくに更新も出来ないので、
場つなぎにこんな物を作ってみた。

元ネタは無論マザーグースの「ロンドン橋落ちた」
 
 
 

 Stem cell Hub is falling down,    幹細胞ハブ落ちる
 Falling down, falling down,      落ちる、落ちる
 Stem cell Hub is falling down,    幹細胞ハブ落ちる
 My fair Lady.             マイフェアレディ。

 Build it up with eggs and cores,    卵子と核で作れ
 Eggs and cores, eggs and cores,    作れ、作れ
 Build it up with eggs and cores,    卵子と核で作れ
 My fair Lady.              マイフェアレディ。

 From Eggs and cores they can't create, 卵子と核じゃできない
 Can't create, Can't create,       できない、できない
 From Eggs and cores they can't create, 卵子と核じゃできない
 My fair Lady.               マイフェアレディ。

 Build it up with fertilized eggs,   受精卵で作れ
 Fertilized eggs, fertilized eggs,   作れ、作れ
 Build it up with fertilized eggs,   受精卵で作れ
 My fair Lady.              マイフェアレディ。

 Fertilized eggs are not cloned cell, 受精卵はクローン細胞じゃない
 Not cloned cell, not cloned cell,   クローン細胞じゃない、クローン細胞じゃない
 Fertilized eggs are not cloned cell, 受精卵はクローン細胞じゃない
 My fair Lady.             マイフェアレディ。

 Build it up with false and bluff,   嘘とはったりで作れ
 False and bluff, false and bluff,   作れ、作れ
 Build it up with false and bluff,   嘘とはったりで作れ
 My fair Lady.              マイフェアレディ。

 False and bluff will be disclosed,  嘘とはったりはばれる
 Be disclosed, be disclosed,      ばれる、ばれる
 False and bluff will be disclosed,  嘘とはったりはばれる
 My fair Lady.             マイフェアレディ。

 Stem Cell Hub is broken down,    幹細胞ハブ落ちた
 Dance over Dr. Hwang Woo-suk,    黄教授の上で踊れ
 Stem Cell Hub is broken down,    幹細胞ハブ落ちた
 With South Korea.           韓国と共に。



冗談はともかく、まともなクローンES細胞が一つもないのに、
来年からどうやって幹細胞ハブを運営していくつもりだったんだろうねぇ。
posted by 黒影 at 04:09 | Comment(20) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. さてリミットの25日まであと2日。

    韓国のマスコミは黄教授の擁護からパッシングへと全て乗り換えたようですが、「黄教授はインチキでも源泉技術の特許は韓国のもの」という主張が散見されます。
    でも、その特許は2004年の論文に依っている物では、と思いますがどうなんでしょ?

    しかし朝鮮日報の厚顔無恥振りは凄いですね。

    黄禹錫教授波紋、偽りを払拭し真実の上に再出発しよう
    http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/12/17/20051217000001.html
  2. Posted by どうなる? at 2005年12月23日 09:12
  3. 「閑話休題」って、「逸れた話を元の本流に戻す」ときに使う言葉だと思います、とだけ。。
  4. Posted by ゴリ at 2005年12月23日 14:13
  5. 「ロンドン橋落ちた」はお遊戯にもありますね。
    ・・・黄教授と盧理事長が互いの両手を握って輪を作って、欧米の科学者が外の輪を作ってお遊戯やっているイメージがいきなり頭に浮かんできました。で、シャッテン教授が2人の腕の輪に掛かってしまった、と

    ついに、ソウル大が捏造の事実を認めたようです。
    黄教授は技術源泉がまだあると言っていますが、病院から1200個の卵子を提供されて成功してないのですからオリジナルな改良部分はあるのか疑問ですね。とはいえ、「技術源泉をもってないだろう」という事を証明するのは「悪魔の証明」ですから、ソウル大の追求も限界があり言葉を濁す程度で追跡をきりあげるのではないでしょうか?
    とはいえ、詐欺者の烙印を押された黄教授はどこでも誰も信用しないでしょうから、事実上の終わりでしょう。

    黄教授はすべての役職を退く予定のようです。しかし、私がもう一人許せないと思うのは、盧理事長です。被害者づらしていますが今回の捏造の共犯者であり生命倫理に大いに背反した行為には、やはり病院ふくめて社会的制裁があってしかるべきだと思います。
  6. Posted by D MAN at 2005年12月23日 14:17
  7. >どうなる?さん
    クローンES細胞の物証がことごとく存在しない現状では、
    その「源泉技術」の存在自体存在しないと見なさざるを得ないでしょう。

    ちなみに朝鮮日報の黄教授特集のタイトルも「ES細胞論文ねつ造問題」に変わってますね。
    以前は「クローン研究における第一人者 黄禹錫教授」だったのに。

    >ゴリさん
    このエントリをアップする前にID論ネタでも一本書いたので…と今見たら非公開のままポストされてましたorz

    >D MANさん
    >ついに、ソウル大が捏造の事実を認めたようです。
    これでもう黄教授は完全に終わりですね。
    ついでにクローンES細胞によるオーダーメイド再生医療の希望も断たれましたが。
    http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=70938
    黄教授に期待していたこの少年や世界中の大勢の患者が何とも不憫です。

    >病院から1200個の卵子を提供
    以前のエントリでミズメディを追及したらまだまだ何かが出るだろうとは書きましたが、
    卵子1200個というのはさすがに想像を越えていました。
    これだけ使ってろくな成果がないとなると、倫理問題での欧米からの風当たりはますます強くなりますね。
  8. Posted by 黒影 at 2005年12月23日 16:05
  9.  「卵子1200個」は誇張でしょう。ファン教授憎さのあまり、「そんだけの卵子をどうやって手に入れたってんだよ、ああ?」なツッコミが来ることにも気付かずに感情先走りで「ヤツぁ1200個の卵子を使っても2個しか作れなかったんだぞ!」とブチ上げたってところが真相では無いかと。ただ、185個の卵子を使っただけで出来たと言うファン教授の言い分も嘘臭くなってきましたけどね。

     源泉技術についてですが、シャッテン教授のところでクローンES細胞由来の動物クローニングが成功したとか韓国系メディアに書いてあったように思うのですが、どうなのでしょう。

     ヒトクローン由来の源泉技術も、この動物実験の成果を基にした誇張ではないかと。「成功しなかったけど、ヒトへの応用方法は判ってるんだよ〜ん。」と言いたいのじゃないでしょうかね。

     コア技術が「銀の箸で豆を掴めるウリミンジョクの優秀なる手先。」だったらどうしよう(笑)


  10. Posted by 功島 at 2005年12月23日 20:43
  11. はい、1200個の根拠ね

    ★提供卵子は計1200個/成功率データ偽造の可能性

     【ソウル20日共同】韓国ソウル大の黄禹錫教授の胚性幹細胞(ES細胞)研究をめぐる疑惑で、研究協力者だった盧聖一ミズメディ病院理事長が20日会見し、黄教授チームに提供した卵子の総数が1200個に上ると明らかにした。黄教授は論文で185個の卵子から11個のES細胞をつくったとしていたが、成功率データが偽造された可能性が出てきた。

     黄教授は5月に米科学誌サイエンスに掲載した論文で、ES細胞作成の成功率向上を強調していた。同論文をめぐっては写真のでっち上げが指摘されており、卵子の大量提供が事実なら真実性が一層揺らぐことになる。

     盧理事長によると、1200個のうち、今年5月の論文のために提供した卵子は計900個。使用した卵子の数が論文の通りなら「残り約700個はどこに使ったのか」と述べ、ソウル大調査委員会の究明が必要と指摘した。


    http://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20051221000002

    ★ES細胞研究の黄教授、他の成果にも疑惑 韓国メディア
                                    2005年12月20日

    〜抜粋〜

    また05年論文について「ES細胞は存在しない」と主張する盧聖一(ノ・ソンイル)ミズメディ病院理事長は20日、「同病院を含む二つの病院が04年と05年に黄教授に提供した実験用卵子は1200個余りに上る」と発表。論文では185個の卵子から11株のES細胞ができたとしているが、さらに多くの卵子を使用していた可能性を指摘。効率よいES細胞の作製に成功したとの成果を疑問視した。

    http://www.asahi.com/science/news/TKY200512200467.html
  12. Posted by 1200っ子 at 2005年12月23日 23:21
  13.  告発者と証言者が一緒では、証拠の信用性には欠けると言わざるを得ません。この一件では、こうした言った言わない、証拠はあるけど出せない式の乱暴な議論が多すぎます。

     よもや1200個の卵子すべてに提供元のリストが揃っている訳ではありますまい。仮にあったとしたら、いくら倫理関係の法整備が未熟だったとしても、韓国人自身の生命倫理への考え方そのものが根本から問われる事態となりますからね。

     この先ミズメディ側に追及の矛先が転じれば、件の院長はあっさり前言を翻して提供した卵子の数をうやむやにしようとするでしょう。それは、これまでの経緯を見ても明らかかと。

  14. Posted by 功島 at 2005年12月23日 23:46
  15.  不正確な情報に乗せられて、「これだから韓国人はダメなんだ。」とか安易に言ってしまうと、後で情報そのものが虚偽だった事が判って赤っ恥をかく羽目になるかも知れません。

     …それって今渦中のファン教授が置かれている立場と一緒だと思いません?

     もちろん、その逆もあり得る訳ですが、予断で結論を出すと言うことは、それだけリスクを背負うことだと自戒しないと、MBC叩きに走った連中と同じ轍を踏むことになりかねないなと思います。

     と言うより既に、一連の騒動を受けての嫌韓派の皆さんのはしゃぎっぷりを見るにつけ、「同じ穴のムジナ」と言う言葉がどうしても頭を掠めてしまうのですよ。
  16. Posted by 功島 at 2005年12月24日 00:05
  17. 1200個の卵子の提供元リストが無いにも関わらず
    提供元が1200個提供したと明言してるのも大問題ですね。
    提供元リストの無い闇卵子を提供していたのか、
    それとも数を水増しして提供して利益を得ていたのか。

    いずれにしろ、今この段階でミズメディ側が1200個という
    数字を言い出した以上、確固たる自信はあるはず。
    無かったら単なる自爆ですから。
  18. Posted by D at 2005年12月24日 03:08
  19. 黒影さん、はじめまして。

    国家レベルでの問題に発展して、もはや隣国の火事では片付けられない所に来ているようですね。
    日本でもビッグラボの捏造疑惑が昔から取沙汰されている訳ですが、その問題もなおざりにはできませんよね?

    これからの韓国政府の対応(すでにまずいが…)、そしてそれを見ての日本政府の対応が注目ですね。

    後書きになりましたがトラバさせて頂きました。
    不都合がありましたら連絡して下さい。
  20. Posted by 黒山羊 at 2005年12月24日 03:57
  21. 仮にその1200個が真実だったとしても、その出所を
    追求されれば、ミズメディが倫理面で自爆する可能
    性がありますねぇ。
    1200個が虚偽だったとしても、やはり倫理面で自爆
    しますねぇ。

    この理事長氏は、何を考えてるんでしょうか?
  22. Posted by おおみや at 2005年12月24日 11:23
  23. 今日の『朝日新聞』の社説にこんな一節があります。

    >捏造問題は韓国だけの話ではない。
    >それも政府の研究費が多くつぎ込まれている
    >バイオの分野で目立つ。
    >論文の取り下げが続き、
    >日本の研究への信用が落ちたとさえいわれる。

    これって,実際そうなンですか?
  24. Posted by あたし at 2005年12月24日 13:09
  25. >あたしさん

    ん〜、そういう場合信用が落ちるのは
    その論文執筆者の研究or執筆者がいるラボの研究
    だと思いますが。。。 いきなり国レベルの信用まで
    行くのはいささか飛躍し過ぎではないかと。

    ただ今回のファン教授の件は政府や国民が
    一斉に擁護に廻ったわけでして
    「韓国の研究への信用」が落ちたとしても
    無理はないと思います。
  26. Posted by na at 2005年12月24日 21:21
  27.  >おおみや さん

     「この理事長氏は、何を考えてるんでしょうか?」そうなんです。これを公言した瞬間に、理事長氏は認めるも地獄、否認するも地獄、な状況に自分で自分を追い込んでしまったのです。

     普通なら、こんな馬鹿な真似をする前に、「ここでこう言ったらこうなっちゃうんじゃないかなぁ〜」的な状況判断が働きますよね。それが働かなかったとしたら、その理由はただ一つ。

     「ワシを裏切ったファン教授に復讐したるんじゃぁ〜」しかあり得ないと思ったワケです。

     残念ながら、仕事上コリアンとの付き合いで、こう言うケースはザラに見て来ているので、こう言うときに反応するパターンの典型と私は見ておりますです。

     …とか言いつつ、実はもっとスゴイ話もあり得るなぁ、とか思い当たっちゃったんですよね。それは、卵子1200個は誇張じゃなくて、逆にそれでも足りない過少申告だったと言うケース。

     まあ、それだけの卵子を集めるのはなんぼなんでも無理だと思いたいですが…ね。

  28. Posted by 功島 at 2005年12月25日 00:16
  29. http://blog.bioethics.net/2005/12/dr-hwang-and-bad-apple-theory-of.html
    新種のだましだということを最後に書いているね。

    これはThe american Journal of Bioethicsのエディタのブログね。
  30. Posted by 通りすがり at 2005年12月26日 01:54
  31. かの国じゃ、国ぐるみで何やらかしたって不思議は無いですよ。
    国益の為なら卵子の一つや二つも提供します。
    編集長の懐にだって目ん玉飛び出る程の金が流れていることでしょう。
    審判買収してまで勝とうとする国ですからねぇ…。
  32. Posted by ファン・嘘プ at 2005年12月26日 17:45
  33. この卵子に関しては既出かもしれませんが、ミズメディ病院の院長が
    不妊治療に訪れた在日の女性の卵巣をを勝手に切除したとして訴えられています。
    もしや、それを提供してたとしたら・・・・

    ソースは
    http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/11/30/20051130000030.html

    です。
  34. Posted by ふむふむ・・・ at 2005年12月27日 14:05
  35. さすが斜め上
    ソウル大学病院、シャッテン教授の提訴を検討
    http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=062005122500200

    まさか、こう来るとは思わなかったですよ
  36. Posted by ふにふに at 2005年12月28日 10:53
  37.  「卵子1200個は誇張では?」と提起しましたが、続報で間違いではないと確定したようです。言った事にケジメを付ける意味でも、以下、中央日報1月2日付け記事より抜粋。

    > 一方、生命倫理委が確保した資料によると、黄教授チームは2004、2005年論文を作成するために使った卵子は計1656個にのぼるものと明らかになった。

    > 特に完全操作と判明した2005年論文のために79人の女性から1233個の卵子を提供されたものと明らかになった。

     蛇足ながら、「1200個より多いかも?」のオマケまで真実だったと確定しちゃった模様(笑)

     しかし1200個の証拠をちゃんと残していたんですねぇミズメディ病院の理事長氏は。

  38. Posted by 功島 at 2006年01月05日 13:45
  39. ここ暫くGoogle Newsで"ES細胞"で検索をかけるのが日課になっております。
    で引っかかったのが下の記事。
    http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71497&servcode=400&sectcode=400
    シャッテン教授が黄教授抜きで自分らだけの成果としてES細胞関連特許を申請していたというものです。

    どうやら同じ穴の貉ということのようですね。:)
  40. Posted by K_O_ at 2006年01月08日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10953821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

しゃ、シャレにならん…
Excerpt: 自身の研究ネタでないですが、今サイエンスで最もホットなネタを。 韓国のクローンES細胞、国家の信用問題にまで発展しています。 某新聞ではこんなとんでもないコラムまで出る始末??
Weblog: ヘタレ研究者の自虐的blog
Tracked: 2005-12-24 03:58


Excerpt: 次の記事について :ES細胞偽造事件
Weblog: nih97
Tracked: 2005-12-24 16:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。