2008年07月25日

感染するガンがあるって知ってる?

世の中には感染するガンというものが存在します。
ウイルス感染による遺伝子の変異がガンを引き起こすでもなく、
胃がんのように微生物が細胞にダメージを与えるせいで引き起こされるわけでもなく、
個体から個体に感染していくガン細胞が存在するのです。
 
 
 
…とちょっぴり恐怖を煽る書き出しにしてみましたが、幸いにしてこれは人間の話ではありません。
現在のところ感染性のがん細胞の存在が知られているのは、犬とタスマニアデビルという有袋類の動物だけです。
Tasdevil_large.jpg
タスマニアデビル - Wikipedia

犬の感染性ガンの場合は性感染で致死率もそう高くないのですが、タスマニアデビルの間に蔓延しているガンは致死性が高い凶悪なものです。
なんせ感染するとこんなやばいことになってしまうほどですから。
Image:Tasmanian Devil Facial Tumour Disease.png - Wikimedia Commons
#グロ注意。リンクのみにしておきます。

この病気の蔓延のせいで現在タスマニアデビルは絶滅の危機に瀕しており、様々な保護政策が取られているのですが、タスマニアデビルもやられるばかりではなく、この病気に対抗するすべを進化させつつあります。
死ぬ前に子孫を残すという壮絶な方法ですが。

"Teen Sex" Rising for Cancer-Affected Tasmanian Devils
Dying Tasmanian devils turn to teen pregnancies - life - 16 July 2008 - New Scientist
CNN.co.jp:タスマニアデビル、悪性腫瘍蔓延に種の進化で対抗か
ワシントン(AP) オーストラリア南部タスマニア州に生息する有袋類タスマニアデビルの間に悪性腫瘍が広がり、絶滅が危惧されているが、これに対抗するかのようにデビルの繁殖年齢が下がっていることが分かった。タスマニア大学の研究チームが米科学アカデミー紀要に発表した。
<中略>
タスマニア大学でデビルの生態を研究していた動物学者メナ・ジョーンズ氏は、がんの発生後、デビルが1歳で繁殖する確率が16倍に増えたことを発見した。繁殖年齢が下がったことで減少に歯止めがかかり、絶滅の危機が遠のくかもしれないという。

アカデミー紀要に掲載された論文によると、哺乳類で感染症により繁殖年齢が下がったのは、研究チームが知る限りこれが初めてのケースだという。

現在、予防のためのワクチン開発研究も同時に進められているが、ジョーンズ氏は「われわれは種の進化を目の当たりにしているのかもしれない」と指摘している。

生物の軍拡競争、特に病原体との戦いは、進化の歴史の中でもかなり重要な位置を占める項目です。
免疫系の進化なんてまさに戦いの歴史ですからね。
posted by 黒影 at 23:02 | Comment(4) | TrackBack(2) | バイオトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 小松左京の「静寂への通路」を思い出しました。
    公害が癌,人間をタスマニアデビルに置き換えれば,そのまんまの結末。
    まさに事実はSFよりも奇なり,ですね。
  2. Posted by 圖南 at 2008年07月26日 13:41
  3. タイポ報告

    固体から固体に感染していく

    個体から個体に感染していく
  4. Posted by k at 2008年08月15日 12:36
  5. >kさん
    タイポのご指摘感謝します。
    修正しました。
  6. Posted by 黒影 at 2008年12月30日 16:28
  7. はじめまして、人間でも感染する癌はありますよ、

    感染性白血病とか、子宮内射精の性交渉とか母子感染とかで;




    人権問題上タブーっぽいけど
  8. Posted by ラージャン@理数系 at 2010年05月08日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

そろそろ感染する癌について一言いっておくか
Excerpt: 癌を専門に特に最近は免疫学の側面から研究を続けてきたのでそろそろ一言いっておかねばならないかなと。 半年ほど前のこと、、、 同じ職場で働いている友人の免疫学者H氏「癌て感染...
Weblog: SaitoToshiki.com
Tracked: 2008-07-27 19:43

タスマニアデビルの繁殖年齢の低下
Excerpt: ・ 「タスマニアデビルとDFTD」 2008/07/30 上で色々と書いたが、結論を言えば俺も職場の人もタスマニアデビルが絶滅に向かって直線的にダッシュしている状況を悲しんでいるわけだ。俺は特に..
Weblog: Cry "Havoc!" and let slip the dogs of war
Tracked: 2008-07-31 02:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。