2008年06月13日

何のエネルギーも使わずに水を燃料化?高校の物理化学から出直して来い。

はてなブックマークには、ブックマークをタグで抽出する機能がある。
この機能は何か特定のトピックスの注目ニュースを追いかけるには非常に有用だ。
はてブユーザーには疑似科学ウォッチャーが少なくない数存在するので、私も常日頃から定点観測の場として活用させてもらっている。
はてなブックマーク - タグ 疑似科学
はてなブックマーク - タグ ニセ科学
(はてなアンテナに入れるなりRSSリーダーに登録するなりしておくと便利)

さて、今日この定点観測の場を見ていて、こんなネタを発見した。 
 
 
コップ1杯の水が地球を支えるエネルギーに。 - 株式会社ジェネパックス
コップ一杯の水が、地球を支えるエネルギーに
水が生活エネルギーに変わる。発電時のCO2排出はゼロ。

私達が開発したウォーターエネルギーシステム(WES)は、水から電流を取り出すことを可能にした、新しい発電システムです。
●水から電気と熱を作り出す過程で、化石燃料を一切使用しません。
●CO2の排出が一切ないため、環境への負荷もかけません。
●世界が心から求めていたクリーンな電力で、地球環境保全に貢献します。

なぜか削除されてしまったが、ちょっと前まで発明者の情報がサイトに載っていたのでこれも貼っておく
発明者プロフィール

ウォーターエネルギーシステム発明者
株式会社ジェネパックス取締役会長
末松満(スエマツミツル)

1943年2月13日
1961年04月大分県立安心院高等学校卒業
1961年04月八幡製鉄株式会社入社
1973年12月八幡製鉄株式会社退社
1976年05月遠赤外線の研究開発に着手
1980年04月ウォーターエネルギーシステムの研究開始
1985年04月埼玉県工業技術研究所と遠赤外線の共同研究開始
1987年08月家庭用循環温浴器開発
1993年04月株式会社ゼクセルと蓄熱マットを共同開発
日産ディーゼル、いすず自動車、日野自動車に販売開始
1994年04月ガスタービン発電機の開発開始
1995年05月省エネルギーモーターの開発開始
1996年02月水循環式汚物処理装置の開発
1996年06月廃棄食品の包装材分離装置の開発
1996年07月低温乾燥機の開発
1996年10月包装食品の包装材分別車の開発
1997年08月電気トラックの開発
2004年06月ウォーターエネルギーシステム(WES)による発電に成功

発明者「末松満」ねえ、まるで聞いたことないな。
昔は(有)新エネルギー研究所という会社の社長だったらしいが。


「水をエネルギーに変える」というネタは昔から世界各地で何度も繰り返し持ち出されては消えている、疑似科学をネタにした出資詐欺の一つの定番である。
類似品としてフリーエネルギーだとか、少し前だとこんなのもあったか。

幻影随想: トンデモ業界の次のトレンドは中国進出?
廃棄プラスチックや水から軽油を作れると主張する倉田式油化還元装置に20億も突っ込んだ関西アーバン銀行は、果たして今頃どうしているんだろうか?
あんなのどう見てもバッドサイエンスの定番なんだけどなあ。


とりあえずそっちはおいておいて、今回のネタに話を戻す。
この会社、実は今日大阪で公開デモをやっていた。
社長がそれなりに有名人*1なせいか、それとも政治家が後援についていた*2ためか、これに合わせてマスコミがかなり来ていたらしく、工業新聞系統のニュースサイトで何件かまともにこれを取り上げているところがある。まったく困ったもんだ。

GIGAZINEで詳細に取り上げているし、会社のサイトにもWESの詳細が出たから見に行ったんだが、まるで話にならない内容だった。

水から電流を取り出すことを可能にした新しい発電システム「ウォーターエネルギーシステム」を見に行ってきました - GIGAZINE
水から電流を取り出す「ウォーターエネルギーシステム」デモムービーいろいろ - GIGAZINE
真偽判断に役立つ「ウォーターエネルギーシステム」に対する各報道陣からの質疑応答いろいろ、そして現時点での結論 - GIGAZINE

関連特許の番号も一応押さえておくか
特許検索
特開2007-157405 発電モジュール、発電器、発電システム
特開2006-244714 ウォーターエネルギーシステム
特開2005-281847 ウォターエネルギーシステム

この技術の駄目さ加減は、ジェネパックスサイトのこのページに遺憾なく発揮されている。
“WES”の発電の仕組み - 株式会社ジェネパックス
いまどき永久機関もどきを主張するとはねえ。
水を分解してまた水にして、というサイクルじゃ、エネルギーを取り出すどころか消費する一方だろうが。
平澤氏も末松氏も、エネルギー保存則とエントロピーの法則を知らんのだろうか?
大体水の分解は吸エネルギー反応だから、たとえ触媒があったところで外部からエネルギーを加えてやらんと反応は進行せんぞ。
この系で一体どうやって電気エネルギーを取り出そうってんだ?
こんなもんは高校の物理化学で習うレベルの話なのに。
水分解触媒ってのはこういうのを言うんだよ。
プレス・リリース 可視光で水を水素と酸素に分解


それにしても、GIGAZINEの記事にもあるが熱力学の第一第二法則をそろってぶち破るような記者会見を行うとは大した強心臓だ。
少し前のLTTバイオファーマの件と似たような臭いがする。
幻影随想: LTTバイオファーマの件

今時こういうのに引っかかる人間は早々いないと思うが、倉田式油化還元装置の例もあるので、関連情報込みで晒しておく。

続編
幻影随想: ウォーターエネルギーシステムの中身が予想以上にしょぼくて脱力した件


◆関連情報
*1
平沢潔 ソーテック【社長data】
【肩書き】ソーテック元社長
--------------------------------------------------------------------------------
【生年月日】昭和35年5月17日
--------------------------------------------------------------------------------
【年齢】47歳
--------------------------------------------------------------------------------
【学歴】昭和60年3月東京大学法学部卒業
平成2年4月弁護士登録
平成6年6月米国スタンフォード大学ビジネススクール卒業(MBA)
--------------------------------------------------------------------------------
【経歴】
昭和35年5月17日生
昭和60年3月東京大学法学部卒業
昭和60年3月鞄結梛竝s(現且O菱東京UFJ銀行)入行
平成2年4月弁護士登録長島・大野法律事務所(現長島・大野・常松法律事務所)入所
平成6年6月米国スタンフォード大学ビジネススクール卒業(MBA)
平成8年8月ロスチャイルド・ジャパン潟Vニア・ヴァイスプレジデント
平成11年11月アクティブ・インベストメント・パートナーズ代表パートナー
平成14年3月潟jッセン取締役
平成14年6月ソーテック且謦役
平成15年7月アクティブ・インベストメント・パートナーズ椛纒\取締役
平成16年2月潟jッセン取締役退任
平成16年4月ソーテック椛纒\取締役社長
平成16年4月東急観光且謦役
平成17年6月ソーテック椛纒\取締役社長退任
平成17年11月アクティブ・インベストメント・パートナーズ代表退任
平成17年11月アセット・インベスターズ褐レ問
平成18年2月Doran Capital Partners Managing Director(Japan)
平成18年5月潟tァイナンシア・CI代表取締役
平成18年6月アセット・インベスターズ且謦役
平成19年6月アセット・インベスターズ且謦役退任

中々そうそうたる経歴。
これだけコロコロ変わっていると、ろくに経営にタッチすることはできないとは思うけど。
一体なんでトンデモベンチャーの社長なんかやっているのかかなり謎だ。
字が違うが同一人物であることは、GIGAZINEの顔写真やこちら↓の経歴なんかを照らし合わせることで確認済み。
メンバー:在籍弁護士 - 野田総合法律事務所
弁護士資格持ってんだね。


*2
ジェネパックス 水から発電する新エネルギー=ウォーターエネルギーシステム(WES)の開発に成功/ベンチャー企業の無料プレスリリース ベンチャープレス
■新エネルギー技術説明会について
開催日 :2008年6月12日(木) 10:00開場(受付開始)
会場  :大阪府庁 議会会館2階
会場住所:大阪市中央区大手前2丁目
交通  :地下鉄谷町線・京阪天満橋駅3番出口から徒歩約10分
     地下鉄谷町線・中央線谷町四丁目駅1A番出口から徒歩約10分
定員  :50名
参加費 :無料

応募締切:2008年6月10日(火)
     到着分をもって締切とさせて頂きます。

主催:「環境保全と災害対策を考えた新エネルギー」をテーマとした、
   民主党・無所属ネット議員団のまちづくり部会長 中川 隆弘様、
   環境農林部会長 森 みどり様
講演:平澤 潔(株式会社ジェネパックス 代表取締役社長)
   末松 満(株式会社ジェネパックス 取締役会長・研究者)
この記事へのコメント
  1. 収集タグに[トンデモ]も加えるといいかも知れません。ちょっとばかり守備範囲ずれる気もしますが。
  2. Posted by 芹沢 at 2008年06月13日 10:02
  3. 主催が民主党議員ってところもつっこみどころかw
  4. Posted by lol at 2008年06月13日 10:19
  5. 大阪府は4年前から資金援助してるそうだが、橋下知事に投書すべきだろうか…


    >水分解触媒ってのはこういうのを言うんだよ。

    おお、いつの間にか可視光での水の完全分解技術が…
    もっと効率を上げて活用して欲しいです
  6. Posted by たろ吉 at 2008年06月13日 10:46
  7. マスコミの取り上げ方も酷い。
    水からエネルギーを取り出しているとまでは言っていない、水電池(使う際に水を注入する電池、災害に備えて長期保存が可能だとか)の商品化の例まで引き合いに出していた局もあった。
    まるで、水からエネルギーが取り出す技術自体はすでに実用化していると、視聴者が誤解しかねない構成だった。
  8. Posted by 富月 at 2008年06月13日 11:42
  9. 漫画かSFなら、
    「水を電気分解して水素を得て、これを核融合に使う」とか、
    「トライリチウム結晶により物質=反物質変換して、得た反物質を対消滅させる」
    とか言うところなんだが、いかんせん夢の技術の域を出ない。実用化されるとしても数百年後かな。
  10. Posted by とおりすがり at 2008年06月13日 12:08
  11. http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/98372.html

    常温核融合?

    北のアサヒから
  12. Posted by wktk at 2008年06月13日 12:33
  13. >大体水の分解は吸エネルギー反応だから、たとえ触媒があったところで外部からエネルギーを加えてやらんと反応は進行せんぞ。

    こういうものがありますが、どうなのでしょう。
    【アルミニウム合金を使って水素を発生させる】http://gould.goga.co.jp/article/62227877.html
  14. Posted by tent at 2008年06月13日 14:58
  15. テレ東「ワールドビジネスサテライト」には、呆れ返りますね。

    しかし、スタジオのバカ面連中はともかく、テレ東や日経の記者といえども、まともな人間はいるでしょう?

    これは、日経が一枚噛んだ投資詐欺or株価吊上げ詐欺じゃないか?と勘ぐりたくなりますw

    と思ってたら、GIGAZINEの追記によると、読売テレビ「ニューススクランブル」でも放送してるようですから、テレビの中の連中はとことんバカ揃いということでよいのかな?w
  16. Posted by SM at 2008年06月13日 15:46
  17. tentさん:

    水+金属→金属酸化物(or水酸化物)+水素

    これなら普通の反応です。典型的には苛性ソーダの生成とか。
    そのリンク先のも、水+アルミ→酸化アルミ+水素 です。
    今回ネタになってるトンデモは、水→酸素+水素 という反応で、これは全然質が違います。というか触媒があっても熱の変化自体は変わりません、触媒は反応に必要な障壁を下げるだけなので……。
  18. Posted by zero at 2008年06月13日 17:54
  19. Tech-On!記事の続報です(スタイルシートOFFにすると見やすい)

    http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080613/153278/

    常温で水と反応する金属を使っているということになりました。
    出だしがアレだったので、軌道修正なのかもしれませんが。
  20. Posted by あああああ at 2008年06月13日 21:19
  21. ……水酸化した金属どうするんだろう。
  22. Posted by あああああ at 2008年06月13日 22:27
  23. >芹沢さん
    こんばんは。
    [トンデモ]タグもたまにですが見に行きますよ。
    ただ私のメインは生物化学系のトなので、どうしても守備範囲がずれますけど。

    >lolさん
    民主党ってこういうのに強いブレーンがいないんですかねえ。
    なんか最近911とか新潟地震のトとか続いている気がします。

    >たろ吉さん
    >もっと効率を上げて活用して欲しいです
    結局それがネックなんですよね。単位面積当たりのエネルギー変換効率もコストでも太陽電池のほうが上ですし。

    >富月さん
    YouTubeに動画が上がっていたのですが、そりゃひどいもんでした。

    YouTube - ちょッwwwスゴい!水で走る車を発表!究極のエコカー
    http://jp.youtube.com/watch?v=I5pREZd8KHk
    YouTube - 水だけで走る電気自動車?・・・
    http://jp.youtube.com/watch?v=qkmqjAl6d3s&feature=related

    >とおりすがりさん
    核エネルギーや質量エネルギーを個人レベルで扱える日なんて、私らの寿命が尽きるまでには到底実用化しそうにありませんね。
    SFフリークとしては残念ですが。

    >wktkさん
    そのネタも現在エントリを準備中ですのでもう23日お待ちください。
    このエントリみたいにサックリ切るものにはなりませんけどね。

    >tentさん
    zero さんのおっしゃるとおりです。
    リンク先は金属を還元剤として用いて水素を得ている、普通の化学プロセスです。

    >SMさん
    いやまったく。YouTubeの動画を見て脱力しました。

    >zeroさん
    代わりに返答ありがとうございます。

    >あああああさん
    記事紹介ありがとうございます。
    やはり軽金属か何かを還元剤として使うわけですか。
    はっきり言ってサイトに上がっている説明やGIGAZINEのレポートの動画での説明は詐欺ですね。

    >……水酸化した金属どうするんだろう。
    軽金属じゃ再充電もできないから捨てるしかないかと。
    バッテリーとしては鉛蓄電池以下の代物ですね。
  24. Posted by 黒影 at 2008年06月13日 23:27
  25. 酸素出してなきゃ多めに見たけどね。

    ……水酸化した金属どうするんだろう。
    Posted by あああああ at 2008年06月13日 22:27

    環境にやさしい天然素材酢で溶かしてエコロジーに回収するんじゃないですか?この会社に水じゃなく酢を使った方がいいよと誰か教えてあげればいいと思います(笑)
  26. Posted by ぽ at 2008年06月13日 23:36
  27. zeroさん

    なるほどありがとう。
    調子に乗ってもう少し聞かせてください。

    触媒が反応に必要な障壁を下げるということは、
    必要なエネルギーは変わらないということでしょうか。

     水+触媒+エネルギー小→酸素+水素
     酸素+水素→水+エネルギー大
    このエネルギーの差分を得る、ということにはならないのですよね?
  28. Posted by tent at 2008年06月14日 00:00
  29. zeroさん

    なるほどありがとう。
    もしよければもうちょっとだけ教えてください。

    触媒が反応に必要な障壁を下げるということは、
    必要なエネルギーは変わらないということでしょうか。

     水+触媒+エネルギー小→酸素+水素
     酸素+水素→水+エネルギー大
    このエネルギーの差分を得る、というのはできないのですか?
  30. Posted by tent at 2008年06月14日 00:05
  31. 今わかっている物理法則では、原料のエネルギーと生成物のエネルギーの差だけを使うことができます。車を加速して山を登り峠を越えて下る時に、出発地点に比べて到着地点が低いところにあるときだけ、出発時のスピードよりも加速されているわけです。実際に得られた利用可能なエネルギーは山を越えるために加速したエネルギーを到着時のエネルギーから差し引いた分だけです。触媒はこの山を低くするもので、到着地点の標高を下げるものではないのです。つまり、原料と生成物の標高が同じなら、取り出せるエネルギーはありません。
  32. Posted by ぽ at 2008年06月14日 00:24
  33. 今回の例だと、出発地点=水 峠=水素と酸素ガス 到着地点=水です。実際に車を走らせれば摩擦でエネルギーを失うし、エンジンを動かせば、エネルギーを熱として失うのと同じように、化合物を変換するコストもただではありませんから、この変換サイクルだと全体としてのエネルギー収支はマイナスになります。
  34. Posted by ぽ at 2008年06月14日 00:31
  35. 一次電池なら、ナショナルが乾電池を用いた電気自動車で時速100kmを達成したとか

    http://oxyride.jp/2007/top.html


    私もこの話を聞いた時、一次電池を疑いました。

    皆さん、考えることは同じようで。
  36. Posted by att460 at 2008年06月14日 02:33
  37. とりあえず、エネルギーの保存則程度を身につけさせられない教育が悪いのか、世間の「文系」が底無しの愚か者なのか考えて見たのですが、おそらく前者ではないかと。

    #だって、簡単すぎるでしょ。
    (本気で考えると奥が深かったりするけど、むしろ「考えが浅い」レベルでは自明じゃないのかなぁ)
  38. Posted by Cru at 2008年06月14日 03:10
  39. このような謳い文句の装置は、バッテリーとセットだという所がインチキだと見破るミソなのに、なぜマスコミの連中は何度も引っかかるのでしょうかね?
  40. Posted by スパイラルドラゴン at 2008年06月14日 05:14
  41. >tentさん

     水+触媒+エネルギーA→酸素+水素
     酸素+水素→水+エネルギーB

    とした時、エネルギーA>エネルギーBです。
    あまり正確な例えとはいえないのですが、電気を使ってダムに水をくみ上げても、その水でモーターを回したときに得られる電気は最初に使った電気よりも必ず小さくなるようなものです。

    >ぽ さん
    >環境にやさしい天然素材酢で溶かしてエコロジーに回収するんじゃないですか?
    リサイクル費用はかなり高そうです(笑)

    >att460さん
    >皆さん、考えることは同じようで。

    ですね。
    まあ他に考えようがなかったというのもありますが。

    >Cruさん
    下手すると理系の大学生ですら、エネルギー保存則のことを忘れている人間がそれなりにいますからね。
    松浦さんが書いていたことですが、理系文系以前に「世界の理」に対する認識が甘いんじゃないかと。

    >松浦晋也のL/D: 人の世の理とこの世の理
    >http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/06/post_ca3c.html
    > 理系文系をことさらに峻別するのは無意味なことだが、大きく分ければ理系とは「世界の理を知る」知識体系であり、文系は「人の世の理を知る」知識体系だ。人は社会を形成して生きているので、人の世を動かすのは文系の知識である。法学であったり経済学であったり会計学であったり——みな政治に密接に関係している。
    >
    > だから、かどうかは断言できないが、どうも政治や行政の関係者は「世界の理」を軽く見ているのではないか、と感じられることがある。実際には、世界の理は、人の世の理より強い。今日中に仕事が片づかないから太陽が沈むのを呼び戻す、平清盛のようなことはまず間違いなくできない。

    >スパイラルドラゴンさん
    過去の経験が伝承されていないんでしょう。
    歴史に学ばぬ者は何度でも同じ歴史を繰り返します。
  42. Posted by 黒影 at 2008年06月15日 00:18
  43. 手品の種明かし

    【続報】ジェネパックスが水素生成のメカニズムを明らかに。ポイントは金属または金属化合物の反応制御
    http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080613/153278/
  44. Posted by ぽ at 2008年06月15日 14:18
  45. >ぽさん

    これって、。。。
    ボルタ電池?
  46. Posted by ふに at 2008年06月16日 00:42
  47. >私達が開発したウォーターエネルギーシステム(WES)は、水から電流を取り出すことを可能にした、新しい発電システムです。
    >●水から電気と熱を作り出す過程で、化石燃料を一切使用しません。
    >●CO2の排出が一切ないため、環境への負荷もかけません。
    >●世界が心から求めていたクリーンな電力で、地球環境保全に貢献します。

    そういう技術はすでにあります:「水力発電」
    っていうのはどうでしょう?(笑)
    「水」に流れがないとはどこにも書いていないので,コップ一杯の水を水車にかけて水力発電すれば,この3つのどの条件にも当てはまっているように思います.「CO2の排出が一切ない」あたりが,それでも,厳密には微妙ですが.
  48. Posted by niam at 2008年06月20日 17:36
  49. 今だに永久機関を特許に申請する御仁がいるそうな。
    完全に詐欺だけれど。しかし、エネルギーといえば太陽電池も少々胡散臭い。政府もエネルギー戦略等しっかり策定せず太陽電池に傾けばCO2や再生可能エネルギーは解決と鼓吹しているが太陽電池の効率の低さとコストパフォーマンスの悪さは特筆ぶり。具体的に効率の向上やコスト引き下げの道筋を示さなければ、太陽電池のドンという政治家を育てるだけで国民は何のメリットもない。いずれ太陽エネルギーだけで人類は生活しなければならないが、その道筋は未だ示されていない。そういう点では突然エネルギーが誕生する詐欺と五十歩歩か!
  50. Posted by ADAMdog at 2009年12月11日 15:17
  51. そういや年末恒例のビートたけしの超常現象SPで山口敏太郎とかいうオカルト作家が

    「ネットの世界では規制がきかないので水で走る自動車が開発されたことが知られている。
    こんな大事なことをマスコミは伝えない」

    とか言ってましたなぁ・・・
    真に受けて「水で走る自動車」をネット検索した人がいたら、この作家さんは完全に信用を失うような気がします。
    まぁ、真に受ける人はそもそも検索すらしないかもしれませんな(笑)
  52. Posted by メタボさん at 2010年01月03日 17:15
  53. 植物は、水、二酸化炭素を原料に光エネルギーを使って、常温で内部エネルギーの高い炭水化物を合成している。この炭水化物は、内燃機関の燃料にもなるし、燃焼させて高温の水蒸気を作れば、発電も出来る。

    次のような反応を、常温に近い温度のもとで、
     水 + 光エネルギー → 水素 + 酸素
    このようなことを、もし実現すれば、これは世紀の大発明になるのだが。。。。


    まあ、怪しい科学論(インターネットをみるといろいろありますね)の餌食にならないようにお互い注意しましょう。
  54. Posted by 名無しのゴンベー at 2010年03月21日 12:40
  55. >次のような反応を、常温に近い温度のもとで、
     水 + 光エネルギー → 水素 + 酸素
    このようなことを、もし実現すれば、これは世紀の大発明になるのだが。。。。

    太陽電池による水の電気分解?
  56. Posted by トーリス・ガリ at 2010年03月21日 19:32
  57.  農作物や山林で食害が深刻化している野生ニホンジ
  58. Posted by 日本ニュース at 2012年07月30日 12:57
  59. びかけた。<br> この日朝、小型漁船5隻や救援
  60. Posted by トリーバーチ 財布 at 2012年07月30日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100336501
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【有名人】についてブログや通販での検索結果から見ると…
Excerpt: 有名人 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
Weblog: 気になるワードを詳しく検索!
Tracked: 2008-06-13 02:33

新手のフリーエネルギー詐欺か
Excerpt: 某巨大掲示板群の某スレッドを見ていたら、「これ戦車用のAPU(補助動力)にもってこい?」という書き込みを見ました。それは水から電流を取り出すことを可能にした新しい発電システム 「ウォーターエネルギーシ..
Weblog: 週刊オブイェクト
Tracked: 2008-06-13 05:32

何がおかしいか見抜ける?(ジェネバックス社:水のエネルギーで走行する自動車)
Excerpt: 下記のニュースを読んで、何がおかしいか見抜けるだろうか? 以下、当該ニュースの引
Weblog: できない、困って→問題解決
Tracked: 2008-06-13 08:40

頭が痛くなる21世紀の「夢」の新エネルギー
Excerpt:  このBlogのテーマと関係ないのですが、あまりにも酷いニュースを見つけたので頭から信じ込まないようにエントリにしておきます。 水か...
Weblog: WebとPCのメモ帳
Tracked: 2008-06-13 21:25

トンデモ報道を防ぐには
Excerpt: トンデモ報道を防ぐにはどうしたらいいのか、考えてみた。
Weblog: 私道33号線
Tracked: 2008-06-14 23:56

[雑記]エコのエゴ
Excerpt: エコバック エコ出張 エコカー バスでエコ出勤 この飲み物を買うとエコになる エコテレビ、エコエアコン、エコ洗濯機、省エネ家電でエコ生活 オール電化でエコ ガスで電気を作ってエコ 道路を作る定率減税..
Weblog: karimikarimi
Tracked: 2008-07-15 22:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。