2010年03月23日

正しい目薬のさし方

長時間PCで作業することの多いSEにとって、目薬は目を守るために欠かせない相棒。
しかし、これまでずっと間違った目薬のさし方をしていたことを、次の記事を読んで知った。

目薬:目パチパチはダメ 正しい点眼5% - 毎日jp(毎日新聞)
 点眼のあとの目パチパチは禁物−−。目薬をさしたあと目をしばたたかせるなど、不適切な点眼をしている人が9割を超すことが、医薬品メーカー、ファイザー(東京都渋谷区)の調査で分かった。

 同社は、緑内障患者など病院で複数の目薬を処方された経験がある40〜60代の男女1200人を対象にインターネットで調査した。

 適切な点眼後の行動は「しばらく目を閉じて、薬が鼻やのどに流れないよう目頭を軽く押さえる」だが、適切な点眼を実行している人はわずか5.8%。最も多い43.3%が「目をパチパチさせている」で、「しばらくの間、目を閉じている」30.2%、「しばらくの間、目を見開いたままじっとしている」15.1%など、計90%以上が不適切だった。

 「目をパチパチさせる」人の88.3%が「目薬が目全体や患部に行き渡ると思うから」と答えた。この方法では、薬が外に流れ出てしまい、十分な効果が得られないという。

今までずっと目薬をさした後は目を閉じるだけだったよ。
それだけじゃダメだったのか。
タグ:医療
posted by 黒影 at 00:53 | Comment(28) | TrackBack(0) | サイエンストピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。