2009年10月31日

ルナ・リコネイサンス・オービターがアポロ17号の活動跡の撮影に成功しました

昨年から活動中のアメリカの月探査機、ルナ・リコネイサンス・オービターがアポロ17号の着陸場所を写真に捕えました。
高度を落としたLROが捉えた分解能50cm級の映像には、着陸船の下段はもちろん、月面車のわだちの跡や、月面に立てられた旗の影すらくっきりと写っています。

Via Exploring the Apollo 17 Site LROC News System
ap17_1st50km_4release.png

画像中央の"Challenger Descent Stage"というのが月着陸船チャレンジャーの下段部分。
その上が旗を立てた場所ですね。

画像右手、SEPは月面電気伝導度実験装置(Surface Electronic Properties)
その下、LRVが月面車(Lunar Roving Vehicle)です。

左側、ALSEPというのは各種実験装置群(Apollo Lunar Surface Experiment Package)です。


過去の撮影では着陸船すらドットレベルでしか捉えていなかったので、まさかここまでくっきり写るとは、と感無量です。
写真を見たとき興奮で背筋がゾクゾクしました。


ちなみに過去の撮影ではこんな感じ。
今回の写真とは解像度がケタ違いです。
09/07/18: ルナー・リコネサンス・オービター、アポロ着陸点を撮影:月探査情報ステーションブログ

<11/6修正>
コメント欄の指摘事項を反映
posted by 黒影 at 20:39 | Comment(10) | TrackBack(0) | 宇宙開発・天文ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。