2009年06月01日

とうとう遺伝子導入を必要としないiPS細胞が作られた

今日iPS細胞の関連記事でこんなのを読んだ
iPS細胞:「がん化防止」ヒトでも 米国チーム、遺伝子なしで作成 - 毎日jp(毎日新聞)
 さまざまな細胞に分化するヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を遺伝子やウイルスを使わず、たんぱく質だけで作ることに、米ハーバード大などのチームが成功した。マウスでは米独のチームが4月に初めて成功を報告しているが、ヒト細胞では世界初。遺伝子の影響などで起きる細胞のがん化を防ぎ、治療用に使える安全なiPS細胞の作成にまた一歩前進した。29日、米科学誌「セル・ステムセル」電子版で発表した。


このニュースを読んだときの私の感想は、
「もう出来たのか。予想はしていたが速いな」というものだった。
続きを読む
posted by 黒影 at 22:27 | Comment(3) | TrackBack(1) | バイオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。