2008年12月29日

「身土不二」を題材にしたTOSSの食育教材がダメダメな件について

今日疑似科学系のはてブをつらつらと眺めていたら、こんなものを見かけて思わず噴き出した。

身土不二 65歳のときに健康か
TOSS系の教材で食育を題材にしているという、通にはこれだけですぐピンと来る地雷だ。
早速読みにいってみたら、これが予想以上のトンデモ教材だった。

おそらく信頼性の低い本やWebの記述を、ろくに検証もせずに使っているのだろう。
文章中に出てくるキーワードを元に軽く調べてみただけでも、TOSS系のサイトで同様のトンデモ記述を行っているサイトが他に二件、それ以外のWebサイトでも何件かヒットした。
「大腸がん」を防ぐためのポイント3
タヒチ・トンガ◆タヒチ・トンガの食生活◆
教師がこの程度のトンデモに易々と引っかかるようでは困るので、ちょっと取り上げておくことにする。
続きを読む

2008年12月11日

ネアンデルタール人のゲノムがもうすぐ公開されます

最近バイオ分野では、ネアンデルタール人のゲノム解読に関するニュースが続いています。
例えばこんなのとか。

First Neanderthal genome completed - life - 07 August 2008 - New Scientist
 ネアンデルタール人のミトコンドリアゲノム解読
First Europeans shunned Neanderthal sex - life - 16 July 2008 - New Scientist
 クロマニヨン人のゲノム調査の結果、ネアンデルタール人との混血の痕跡は認められなかったというニュース。
Did we out-breed slow-maturing Neanderthals? - life - 08 September 2008 - New Scientist
 ネアンデルタール人は頭が大きいため難産だったらしい。
Did Neanderthal cells cook as the climate warmed? - life - 27 November 2008 - New Scientist
 ネアンデルタール人は暑さに弱く、氷河期後の急激な地球温暖化に絶えられなかったのが絶滅の原因ではないかという仮説。
PHOTO IN THE NEWS: DNA-Based Neanderthal Face Unveiled
DNAに基づいて作成されたネアンデルタール人の顔
Neanderthal genome already giving up its secrets - life - 09 December 2008 - New Scientist
 既にネアンデルタール人のゲノム解読は半分を超えており、今年中にドラフトゲノムが完成するだろうという記事


何年か前にクロアチアで発見された化石人骨は保存状態がよく、ゲノムDNAの抽出が可能でした。
勿論数万年のときを経てゲノムは大分分解していますし、バクテリアや発掘者のゲノムによる汚染もあるため、ゲノムの解読は容易なことではありません。
しかしそれでも部分的に判明したゲノムからだけでも多くの情報を読み取ることが出来ており、上に上げたような様々な研究成果が出されています。
現在急ピッチでネアンデルタール人のゲノム解読が進んでおり、次々に新しい知見が得られているからです。

中でも重要なのが、現代人との交雑の可能性がほぼ完全に消えたこと。
これまで両者の関係性については結構好き勝手なことがいわれていたのですが、ゲノムレベルでネアンデルタール人と現生人類を比較してみても、両者の間に交雑の痕跡は認められませんでした。
もしヨーロッパ人の先祖がネアンデルタール人と交配していれば、多少なりとも遺伝子にその痕跡が残るはずなのですが、そういったものはまるで見られなかったのです。

ネアンデルタール人の遺伝子に関する与太論文ってのは結構存在していて、以前もちょっとだけ触れましたが「欧米人は脳の進化の鍵となる脳容積を増やす遺伝子変異をネアンデルタール人から受け継いだ」という感じの内容の、失笑ものの論文がPNASに載っちゃってたりします。
ぶっちゃけ遺伝学でトッピングした白人至上主義の亜流に過ぎませんが。
Evidence that the adaptive allele of the brain size gene microcephalin introgressed into Homo sapiens from an archaic Homo lineage — PNAS

そのうちゲノム解読されたら大恥かくぞと生暖かい目で見てたんですが、案の定。
Nor do Neanderthals boast mutations in a gene called microcephalin, linked to bulging brains in humans. This might shoot down another controversial hypothesis contending that this version of microcephalin also evolved in Neanderthals then spread to humans through inbreeding.

あーあ、ご愁傷様w


まあこういうトンデモネタはともかく、ネアンデルタール人のゲノムの完全解読が済めば、人類の進化の道のりについて、さらに多くの情報が得られることでしょう。
ドラフト配列が決定されて現生人類との詳細な比較結果が発表されるのが楽しみです。


おまけ
ニュース - 古代の世界 - ネアンデルタール人と現生人類の交配はなかった - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
 ミトコンドリアゲノム解読の日本語記事。結構分かりやすい解説がついているので、手っ取り早く知りたい人はこれをどうぞ。
posted by 黒影 at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。